忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [963]  [962]  [961]  [960
FOXクラシックでの放送を機会に、HPのエピソードリストとは異なる視点でこのブログでも各エピソードの紹介を続けておりますが、今回は、小休止して久しぶりに挿入歌の話題を。過去5回に渡ってこのブログでも取り上げましたが、ナイトライダーと言えば、当時流行した数多くのヒットソングが挿入歌として使用されていましたね。



【ナイトライダーの挿入歌の記事一覧】
・ナイトな曲でミッドナイトラン http://miniboyaki.blog.shinobi.jp/Entry/370/
・80'sヒットナンバー ナイトメドレー http://miniboyaki.blog.shinobi.jp/Entry/378/
・ナイトなヒットナンバーVol.3 http://miniboyaki.blog.shinobi.jp/Entry/466/
・ナイトなヒットナンバーVol.4 http://miniboyaki.blog.shinobi.jp/Entry/558/
・ナイトなヒットナンバーVol.5 http://miniboyaki.blog.shinobi.jp/Entry/694/


エピソードごとに使用される挿入歌の数が違ったり、また全く挿入歌が流れなかった回もあったりと様々でしたが、4シーズン全84話中、もっとも挿入歌が数多く使用されたのは、どのはたしてエピソードだったのか、いきなりですがここで発表いたします(笑)。


第1位
★パイロット(ナイトライダー/電子頭脳スーパーカー誕生)の8曲。

第2位
★「電撃スクランブル!ナイト2000凶悪暴走団を破壊せよ!」の7曲。

第3位
★「ビデオテープは死のサイン!芸能界潜入!マイケル歌手に!!」
★「爆走デビル・トラック!必殺クラッシュ!巨大タイヤの恐怖」の5曲。




でした。第3位の2つのエピソードには、共にマイケル・ナイト役のデビッド・ハッセルホフの曲が使われていましたね。「ビデオテープは死のサイン!芸能界潜入!マイケル歌手に!!」では、マイケルが歌手になりすまして、恋人のスティービーと一緒に歌い捲くる回でしたが、歌手=デビッド・ハッセルホフを思い存分に堪能できるエピソードでもありました。





イーグルス、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ジャクソンズ、ビリー・アイドル、マイケル・サンベロ、シーナ・イーストン、ローラ・ブラニガン、バナナラマ、モトリー・クルー、ティナ・ターナー、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、ザ・ポインター・シスターズ、ネイキッド・アイズなどなど、数多くの有名なアーティストたちの楽曲が使用されていましたが、こうして名前を書き連ねてみると、ビッグネームの曲がたくさん流れていたんですね。



最近惜しくも亡くなったプリンスの曲もそうでした。「LITTLE RED CORVETTE」は、「電撃スクランブル!ナイト2000凶悪暴走団を破壊せよ!」と、「ナイトライダー5/強敵!赤い殺人カー」の2つのエピソードで使われ、「WHEN DOVES CRY」と言う曲が「マイケル連続危機!殺人フリスビーが襲う!猛毒が狙う!!」の回で流れていました。



プリンス

『LITTLE RED CORVETTE』










FOXクラシックで先週放送された「ひき逃げ!死のスピードレース!黄金のスーパーカーを追え!」は、マイケルの刑事時代のパートナー、コートニー警部補の娘が轢き逃げに遭い、マイケルがその犯人を捜すエピソードでしたが、冒頭の公道レースのシーンで流れていたのが、ザ・ロマンティックスの「TALKING IN YOUR SLEEP」。当時「ベストヒットUSA」などの音楽番組などでもよく流れていた曲ですが、このエレクトロなロックサウンドを耳にする度、未だにナイト2000と熱い公道レースを繰り広げた黄金カー(ダガーDX)のことが頭を過ぎります(笑)。



ザ・ロマンティックス

『TALKING IN YOUR SLEEP』











日本では、クリスマスソングの定番曲「LAST CHRISTMAS」で知られるイギリスの人気デュオのワム!の曲もナイトライダーの劇中で流れていました。「女賊アマゾネス!狙われた最新鋭ミサイル!!」の回の冒頭で流れていたムーディーなソング「CARELESS WHISPER」。この曲は、日本では、当時、西城秀樹と郷ひろみの両方がカバーをしており、西城秀樹が「抱きしめてジルバ」、郷ひろみが「ケアレス・ウィスパー」のタイトルでカバーソングをリリースしていました。どちらかと言うとオリジナルよりも西城秀樹のカバーをテレビの歌番組などでよく聴いていたので(なぜだか郷ひろみのほうは、覚えていない)、そっちのほうが馴染みがあります。もちろんオリジナルも素晴らしいし、あのサックスの音色は、一度聞いたら耳から離れません。



ワム!

『CARELESS WHISPER』








拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]