忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585
『ナイトライダーネクスト』第6話「Knight of the Living Dead」は、日本では、「悪夢のハロウィンナイト」と名づけられていますが、原題は、ジョージ・A・ロメロのホラーの名作「Night of the Living Dead」を文字った風なタイトルになっています。



内容のほうは、ハロウィンの夜にSSC(ナイトインダストリーズ・研究開発部衛星監視機関)で起きた殺人事件とそれに絡んで巻き起こる騒動が描かれています。嵐の中、輸送機でフライトするマイクとサラ。マイクは、仮装しながらSSCで働くビリーとゾーイにいたずらを仕掛けて、二人がまんまとそれにはまっている様子を監視モニターで確認しながらニヤニヤしている。ちょっと悪趣味なところがあるマイクではありますが、チャールズも自分が開発した「動く手」でビリー達を驚かせて満足気。それぞれがハロウィンの夜を楽しむ中、チャールズとゾーイがメインフレーム室でスタッフの一人のボビーの遺体を発見する。最初はマイクのいたずらだと思っていた二人だが、ボビーは銃で撃たれ殺されていた。その直後、三発の銃声が鳴り、チャールズとゾーイは、暗闇の中で気を失う。SSCは緊急封鎖され、外部アクセスの禁止により、マイク達が乗る輸送機との通信も遮断されてしまう。SSC内はパニックに陥り、やがてキットの自爆プログラムがメインフレームを介して起動していたことが判明する。起動した人物の指紋照合がないと自爆プログラムが止められないことから、チャールズたちは、急いでSSC内にいる潜入者を見つけ出さなければならない。一方マイク達は、自力で自爆プログラムを止めようとするが、キットは、自分を輸送機から捨てるようマイク達に申し出る…。




SSC内部と輸送機で移動中のマイク達の混乱が同時展開するこのエピソード。一時は、キャリーが犯人扱いされるも真犯人は、意外なところに。チャールズ博士がキットに自爆プログラムを仕掛けた理由が後に登場するカールと関係している事実が明かされるなど、注目点もあったが、ナイト3000のカーアクションはなく、ほとんど密室劇的な内容で、アクション的にはいまいち。しかし、24的な緊迫感があったり、自爆プログラムが起動して少し感情的になるキットがマイク達との様々な思い出を回想している場面は、オリジナルのキットを彷彿とさせ懐かしくなった。



ハロウィンの話と言えば、オリジナルにもありましたね。「HALLOWEEN KNIGHT(幽霊殺人事件・謎のゴリラを追え!)」。ハロウィン前日の夜にボニーが目撃した殺人事件の犯人をマイケル達が探し出すストーリーでしたが、こちらでは、ナイト財団のメンバーが仮装しておりました。マイケルは、レット・バトラー(キットはハムレットと言っていた)、そしてデボンがルイ14世、サイモンは、ギャラクティカのサイロン兵のマスクを被っていました。アルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」がオマージュされており、様々な怪奇現象演出や、実際にサイコで使われた屋敷が劇中に登場したり、シャワー室のパロディシーンやBGMもサイコ風なアレンジが施されたりと、遊び心満載の一作でした。ネクストのハロウィンの話は、オリジナルのカメレオンの話(KNIGHT OF THE CHAMELEON:復讐のカメレオンマン・千の顔を持つ男)もなんとなく彷彿とさせます。



ところで、この話でナイト3000がピンク色をコーディネートしたオープンカーにトランスフォームしていたが、ナイト3000もナイト2000と同じようにオープンカーになれる機能があるようです。





せめてネクストにもこれぐらいのジャンプシーンが欲しかった…。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 26 27 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]