忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527

日テレプラスで放送中の『太陽にほえろ!』は、ジプシー刑事登場編に突入しています。三田村邦彦氏演じるクールな刑事・原昌之・ニックネームは、ジプシー。このジプシーと言う言葉が最近、放送禁止用語になっているらしい。放送禁止と言っても、テレビ局側のほうが無暗やたらに配慮して過剰な自粛をするパターンもあるからこれもその一つなのかもしれませんが、昔は、平気で使われた言葉が今だとアウトと言うのは、結構ありますね。例えば、ドラマの探偵物語以前の時代に頻繁に使われていた『トルコ』とか。これはもう国の名前まんまだから、確かに配慮すべきケース(苦笑)。国内では、80年代中頃に問題になって、それ以後テレビでは、全く使われなくなりました。昔は、ジプシーって名前の野球選手とか、プロレスラーがいたそうですが、仮に今、ジプシーと言うの名前のとても人気のある外国人タレントが出てきたら、日本のテレビはどうするつもりなのでしょうね…。


それはさておき、ジプシー刑事編の話ですが、当時必殺シリーズと掛け持ちで刑事役を演じた三田村さん演じるジプシー。飾り職人の秀と同じように少し影があるミステリアスな刑事と言うイメージでしたが、ジプシーは、右胸心であり、過去に左胸を撃たれて左肺を失ったものの、心臓が右にあったため死ななかったと言う一風変わったキャラになっていた。初登場となった「ジプシー刑事登場!」では、立てこもり事件が起きた店に車で突っ込み、犯人を捕まえると言う荒っぽさを見せていたが、衝撃的な死を遂げたスコッチの後任だけあって、とにかくクールな姿勢が一際際立っていたと言う印象です。


このジプシー編でロッキーと10年間七曲署のメンバーとして活躍した長さんが立て続けにいなくなってしまうんですよね…。そう言えば、この前、BS朝日の「極上空間」と言う番組で、ゴリさん(竜雷太)とテキサス(勝野洋)、ボン(宮内淳)とロッキー(木之元亮)がそれぞれ車に乗ってドライブしながら、太陽にほえろ!の思い出を語っていました。ロッキーの結婚披露宴の話は、感動的でしたね。当時舌癌で闘病中のボス(石原裕次郎)がロッキーに送った肉声テープの内容がさらに感動もの。この番組、以前には、「噂の刑事トミーとマツ」のトミマツ(松崎しげる×国広富之)がゲストで出ていた時もありました。なつかしの刑事ドラマファンには、たまらない番組。ぜひともラガーやジプシー、ボギー辺りの登場も期待したいし、西部警察やその他の刑事ドラマ出演者のゲスト回も見てみたいですね。


 

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
もし、秀が殉職していたらジプシーは?
ガースさん・こんばんは。

>≧ジプシー刑事編の話ですが、当時必殺シリーズと掛け持ちで刑事役を演じた三田村さん。飾り職人の秀と同じように少し影があるミステリアスな刑事と言うイメージでしたが、初登場となった「ジプシー刑事登場!」では、立てこもり事件が起きた店に車で突っ込み、犯人を捕まえると言う荒っぽさを見せていたが、衝撃的な死を遂げたスコッチの後任だけあって、とにかくクールな姿勢が一際際立っていたと言う印象です。

>そういえば、ジプシーを演じた三田村邦彦さんは同時期に朝日放送の「新必殺仕事人」と「必殺仕事人Ⅲ」で「飾り職人の秀」を演じていましたよね。
三田村さんが「太陽にほえろ」への出演する関係で、「秀が殉職する」という設定が用意されたのがファンからの嘆願で変更にされたエピソードがあるそうですが、仮に「秀が殉職していたら、ジプシーが長く七曲署で活躍していたんじゃないのか?」と感じました。

ジプシー初登場の回といえば、「ダーティーハリー3」の「ハリーが籠城犯の捕らえるべく覆面パトカーで建物の中へ突入する」を思わせる「立てこもり事件が起きた店内に覆面パトカーで突撃!」とダイナミックなシーンが見ものでしたね。

話し変わって、今月のファミ劇では「Gメン82」の一挙放送があるそうですが、今年がGメン82の放映開始から30周年になることに関連しているのか気になるところです。

Gメン82が放映された時間は、テレ朝で「西部警察PARTⅡ」やNHKの大河ドラマが放送されていた日曜夜8時でしたが、“「新・7人の刑事」を「太陽にほえろ」と同じ金曜夜8時にオンエアしたので、今度は大河ドラマと西部警察PARTⅡの裏に「Gメン82」を編成した”TBSのチャレンジ精神が込められているのか?と思いました。

9人のコリない日本人 2012/12/02(Sun)18:13:25 編集
Re:もし、秀が殉職していたらジプシーは?
>三田村さんが「太陽にほえろ」への出演する関係で、「秀が殉職する」という設定が用意されたのがファンからの嘆願で変更にされたエピソードがあるそうですが、仮に「秀が殉職していたら、ジプシーが長く七曲署で活躍していたんじゃないのか?」と感じました。
ジプシーも秀も共に人気キャラだったので本当は、ジプシーも長く続けさせたかったのではないでしょうかね。ジプシーも殉職はせず、栄転という形で退場しましたが、その後、ボギーが殉職する手前辺りの回にゲスト出演していましたから、当時の人気ぶりがうかがえます。

>今度は大河ドラマと西部警察PARTⅡの裏に「Gメン82」を編成した”TBSのチャレンジ精神が込められているのか?と思いました。
当時のTBSはチャレンジ精神豊富と言うか、やはり才能が豊富な時代だったのでしょうかね。そう言えば、Gメン82も今年で30周年でしたね。今やってるファミ劇の一挙は見ていないのですが、前回の放送で初めてこのシリーズを見ましたが、やはり、無理に西部警察にぶつけずに、以前のシリーズと同じく土9に放送していたら、もう少し長く続いたのではないかと思いました。放送終了後、丹波さんが西部警察にゲスト出演していましたが、逆にGメンに裕次郎さんをゲストに呼んで展開する話を見てみたかったですね(笑)。
【2012/12/19 02:52】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 26 27 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]