忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496

ついこの間までアニマックスで『スペースコブラ』のデジタルリマスター版が放送されていたが、確かにうちに残っているビデオ(毎日放送の「ヒーローは眠らない」枠で放送された映像)と見比べると、綺麗さが断然に違っていた。何度も見ているはずなのに、映像が綺麗になると、まるで、初めて見るアニメのような新鮮な気持ちでまた楽しめます。しかも、リマスターのほうは、オープニングの曲の音の閉め方が変わっていたり、OP、EDとも少しエコーがかかっていたり、音の質感も変更されていた。コブラの声を担当された若かりし野沢那智さんの迫力のあるワイルドなボイスがたまらない。SF版ルパンみたいで、セリフのやりとりがいちいちキザでカッコ良いんですよねぇ。

それにしても、昔のアニメは、よく動くし、カット割りやカメラワークもスピード感があって、センスの良さが冴え渡っていますね。大野雄二さん作曲の主題歌やエンディングも最高に良いですが、「西部警察PARTⅡ・Ⅲ」のテーマ曲やBGMを担当されたハネケン(羽田健太郎)さんのクオリティの高い華麗なジャズスタイルの劇伴も魅力。「平和への脱出」「新たな世界へ」「Cosmic Dust」「Special Moment」などがとくに印象に残っていますが、やはり一番好きなのは、アクションシーンでよく使われていた「Rush Hour」。もっともコブラの戦闘テーマらしい曲で聴き応えがあります。改めて見ると、コブラで流れていたBGMが結構西部警察に流用されていたんだなあとまたまた認識させられた。「未知への歩行」「正義の鼓動」「Python 77 Magnum」「死の行進」「たくらみ」「悪の企て」などは、西部警察でもしょっちゅう耳にした曲ですが、西部もコブラも音楽監督が一緒だったし、ハネケンさんのワールドにぴったりマッチしているので、全然違和感なくハマるのは、当然と言えば当然か。逆に西部のBGMをコブラに流用しても、やはり違和感なくハマるんでしょうね。

内容が大人向け過ぎたのか、31話で打ち切りになってしまったのが残念。本当に少ない。せめてルパンみたいにPARTⅡかⅢぐらいまでは、続いて欲しかった。30周年の記念の時に製作された新作シリーズの「COBRA THE ANIMATION」の「ザ・サイコガン」と「タイム・ドライブ」は、事実上、野沢那智さん最期のコブラ出演シリーズになってしまったが、声の感じは、やや衰えは言えども、ワイルドさは健在で、とても楽しめた。しかし、昔のテレビシリーズよりも動きにスピード感が足りなかったかなあ。ハネケンさんのBGMを使ってくれていたら、それなりにカッコ見えたかもしれない…。おっと、ルパンの新作テレビシリーズのことも書くつもりだったのに、時間が来てしまったようだ(笑)。それは次回の講釈にて・・・。

 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
コブラと西部警察
ガースさん、こんばんは。

>≫改めて見ると、コブラで流れていたBGMが結構西部警察に流用されていたんだなあとまたまた認識させられた。「未知への歩行」「正義の鼓動」「Python 77 Magnum」「死の行進」「たくらみ」「悪の企て」などは、西部警察でもしょっちゅう耳にした曲ですが、西部もコブラも音楽監督が一緒だったし、ハネケンさんのワールドにぴったりマッチしているので、全然違和感なくハマるのは、当然と言えば当然か。逆に西部のBGMをコブラに流用しても、やはり違和感なくハマるんでしょうね。

>言われて見れば、スペースコブラの音楽担当は「西部警察」と同じ羽田健太郎さん・音楽監督は鈴木清司さんですよね。

「スペースコブラ」は、角川映画「蘇る金狼」の主題歌を歌った前野曜子さんが歌う大野雄二さん作曲のオープニングソング「コブラ」を思い出しますが、メロディは「大激闘のテーマ」に通じる印象を感じます。

西部警察に流用されたコブラのBGMといえば、PAETⅢの九州ロケ三部作の「決戦燃えよ玄界灘」で犯人一味の船が漁船に取り囲まれるシーンでかかる曲や福島ロケで「羽鳥サバイバルランドに逃げたトラックをパトカー隊が追跡」のシーンに流れる曲もコブラの流用曲では?と思います。

自分としては、「ザ・サイコガン」を聞くと「特命刑事」の「お父ちゃんのダイヤモンド」で、「盗まれたダイヤがワールド警備保障の金庫から盗まれたダイヤモンドが見つかった!」のシーンが目に浮かびますね。

西部警察のBGMがスペースコブラに流用されていたら、アクションシーンで「ジャングル・ヒーロー」や「スーパーチェイサー」が流れていたのでは?と思います。
9人のコリない日本人 2012/03/10(Sat)22:19:31 編集
Re:コブラと西部警察
>西部警察に流用されたコブラのBGMといえば、PAETⅢの九州ロケ三部作の「決戦燃えよ玄界灘」で犯人一味の船が漁船に取り囲まれるシーンでかかる曲
コブラでは、話の終わりのほうでよく流れていたBGM(死の行進)でしたね。

>福島ロケで「羽鳥サバイバルランドに逃げたトラックをパトカー隊が追跡」のシーンに流れる曲もコブラの流用曲では?と思います。
「正義の鼓動」と言うタイトルのBGMですね。

>西部警察のBGMがスペースコブラに流用されていたら、アクションシーンで「ジャングル・ヒーロー」や「スーパーチェイサー」が流れていたのでは?と思います。
この二曲は、コブラのアクションシーンにもピタッとハマりそうですね(笑)。スカイライン・フォーメーションはさすがに浮いてしまいそうですが(苦笑)。
【2012/03/18 03:25】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]