忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエボリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2019/08月

≪07月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
「もっとあぶない刑事」を見ていたら、「魅惑」のトオルが強盗一味に覆面車を奪われるシーンに赤と黒ツートンのスカイラインが映っているのを発見。あれってもしや、西部警察のRS?とじっくり確認したところ、ミラーがドアミラーではなくフェンダーミラーであることがわかり、当然ながら普通のスカイラインだったことが判明(笑。もし、あぶ刑事にRSを登場させるサプライズがあったら、それはそれで面白かったと思いますね。ユージがRSを軽快に運転している姿を一度は見てみたかったかも(笑。




「迷惑」には、西部警察でゲン(源田刑事)を演じていた苅谷俊介さんが警視庁の刑事・橘役でゲスト出演して、橘とタカの二人で103号と呼ばれる殺し屋を探し出すハードボイルドなストーリーでしたが、久々にタツ(ハト)&ゲンの西部警察の刑事コンビの活躍が見られた面白いエピソードでしたね。この回のもう一つの注目は、御殿場のプールの場面で流れていた舘さんの曲「A LOVE SONG」。



スローなバラードのこの曲がアレンジされて、「ゴリラ警視庁捜査第8班」のオープニングテーマになったことは、刑事ドラマ好きの人ならご存知かと思います。「A LOVE SONG」は、ゴリラで舘さんが演じた伊達刑事が最終回で殉職する場面にも使用されていたので、未だに強く印象に残っている曲なのですが、つまり、ゴリラよりも先にあぶ刑事でゴリラの曲が使用されていた・・・いや、あぶ刑事の曲がゴリラにも採用されたと言うほうが正しいのでしょうかね・・・。





それでは、西部警察予告編集第6弾。今回は51話から60話までの中から、とくに気になったエピソードの未使用カットを紹介いたします。
















第51話「盗まれた青春」→炎に包まれた小屋の中から神埼を救い出す大門とリキのシーンの別カット。予告編では、このシーンが30秒以上に渡って映し出されている。
















第53話「特ダネの罠」→大門軍団が船に乗って猿島に向かうシーン。船上で地図を確認している大門軍団の後ろ姿の引き目のカット。
















第54話「兼子刑事暁に死す」→瀕死の兼子刑事の銃撃により拳銃密売グループの車が爆発するシーンの別アングル。
















第55話「新人ジョーの夜明け」→北条の白バイが追跡していた犯人の車がチェリーキャブと衝突する回想シーンでの引き目のカット。
















第55話「新人ジョーの夜明け②」→北条の白バイが犯人の車に横から追突されるシーンの別アングル。
















第56話「時間よ止まれ!」→北条の銃撃によって犯人の車の前輪がはずれるシーンのアップのカット。


拍手[0回]

PR
とある友人から教えてもらった情報によると、福岡のある炭鉱町が町興しのために、なんと西部警察のような形事ドラマの主人公になれる体験ができるアトラクションを始めたとのこと。カーチェイスのシーンを再現し、パトカーが蛇行しながら爆炎を潜り抜けたり、ドリフトしたり、テロリストと銃撃戦を展開したりと、まさに西部警察さながらのアクションが楽しめるそうです。


地上波の朝のワイドショーでそのアトラクションのことを紹介していたようなのですが、その番組には西部警察PART3のレギュラ一だった石原良純氏がコメンテーターとして出演しており、西部警察PART3最終回の大門軍団とテロリストたちとの銃撃戦で純(石原良純)が敵に撃たれる映像が流れたそうです。2年前にNHKのBSでこの最終回が放送されていましたが、地上波で西部警察の映像が流れたのは、何年ぶりのことなのでしょう。コンプライアンス、コンプライアンスと言い続けて何もできなくなった地上波でまた西部警察のような形事ドラマが見られるとは到底思えませんが、令和の新時代を迎えたことだし、昭和を思い出してまた凄みのある豪快な刑事ドラマを作ってもらいたいものですねぇ。







西部警察予告編集第5弾。今回は41話から50話までの中から、とくに気になったエピソードの未使用カットを紹介いたします。
















第42話「ピエロの名演」→栄治(岩城滉一)が二人組の男に銃で撃たれるカットの別アングル。





















第43話「4号岸壁の殺人」→カーチェイスシーン。リキが箱乗りしながら銃を撃っているこのカットは本編では未使用。



















 

第45話「大激走!スーパーマシン」→「大さん、なぜわしらに死ねと言ってくれんのですか」・・・大門が谷刑事に悩みを打ち明けるこの酒場のシーンは、本編では未使用。






















第47話「笛吹川有情」→フォード・トリノが駐車されている中古車にジャンプして突っ込むカットの別アングル。























第50話「少女の叫び」→杏子の病室に爆弾が仕掛けられ、大門と谷が杏子を連れ出し避難するカットのややアップ目のカット。


拍手[0回]

ファミ劇で放送中の「西部警察PARTⅢ」で、偽物のスーパーZが登場した「マシンZ・白昼の対決」がOAされていました。「スーパーZ・もう一つの対決」の記事でも紹介したように、このエピソードには、もう一つのクライマックスがありました。



本編では、大門のスーパーZと長塚京三演じる深町のスーパーZがサーキット場でレース対決する展開になっていましたが、その予告編では、深町のスーパーZが大門軍団の車両に追跡された末、最後は、深町のスーパーZが手榴弾により爆破されてしまう映像になっていた。つまり、本編で使われた「レース」用と、予告で使われた「バトル」用、2つのクライマックスが用意されていたわけですね。



脚本には、予告編の「バトル」展開が書かれていたようですが、何らかの理由であのレース用のクライマックスに変更されたのでしょうね。マスターフィルムが残っているならそれらをつなげて音をつけて「もう一つの対決」バージョンを見てみたいところではありますが・・・。






西部警察予告編集第4弾。今回は31話から40話までの中から、とくに気になったエピソードの未使用カットを紹介いたします。





















第31話「新人・リューが翔んだ!!」→ゲンとジンが乗る覆面車が横転するシーンの別アングルのカット。
















第32話「俺の愛した小さい奴」→リュウとゲンが乗る覆面車が追尾する車に乗り上げ横転しそうになるシーンの別アングルのカット。横転用のスロープ台が見えている。





















第34話「長野行特急列車」→リュウと日高が見知らぬ車に襲撃され、川原に建てられた小屋に逃げ込むシーン。リュウが小屋の扉を閉めた時に扉がはずれてしまう。その後の小屋の爆破もアップ目の別のカットが使用されている。





















第35話「ゲーム・イズ・オーバー」→大門軍団のパトカーがホテルの地下駐車場で犯人の車を追うシーン。リキが車から身を乗り出しているこのカットは本編未使用。





















第40話「手錠のままの脱走」→護送車を警護する白バイ(ゲンが白バイ警官に扮している)が狙撃され、転倒するシーンの別アングルのカット。本編では、転倒する様子が見えていないが、このカットでは白バイが転倒する様子がよくわかる。




拍手[1回]

ファミ劇では、現在、西部警察PARTⅢを放送中ですが、久しぶりに沖田刑事(以後オキ)の退場回に当たる第6話を拝見。やはり何度見てもグッと来るものがありますね。犯人に銃で撃たれたり刺されたりして殉職することが多かった太陽にほえろ!の刑事達に対し、一年前に銃で腰を撃たれ、その致命傷により余命いくばくもない残りの人生を西部署の刑事として全うし、最後は、自らの死期を悟って西部署を去り雪山に消えていくオキの退場劇は当時としては、かなり斬新でとてもインパクトがあったと思います。



ところで、PARTⅢのOPテーマはPARTⅡに引き続き「ワンダフル・ガイズ」が使用され、OPテーマが流れている時の映像は、第1話から7話まではPARTⅡのものが使用され、五代純刑事が初登場した第8話から大幅にリューアルされたことは、ご存知かと思います。本来、西部警察PARTⅡは、沖田刑事の最後の登場回となったPARTⅢの第6話を最終話にする予定だったそうですが、4月の番組改編に合わせて、前倒しでタイトルをPARTⅡからⅢに変更したことから、このような形になってしまったそうです。つまり、予定通りなら、PARTⅡは46話まであったことになり、大将(山県刑事)の初登場回がPART3の初回になるはずだったわけですね。






西部警察予告編集第3弾。今回は、PART1の21話から30話の中からとくに気になった回をご紹介いたします。












第21話「汚ない奴」→冒頭のヤクザ同士の抗争。ジープに乗るヤクザが銃を乱射しながら2人のヤクザを追いかけ回している場面のジープ視点の未使用のカット。





















第23話「トリック・プレー」→狙撃事件があった銀行前で大門と鑑識の国立が話している場面。5人が狙撃地点のビルを眺めている未使用カット。ちなみに予告編に映っているビルと本編のビルが違っている。





















第24話「獅子に怒りを!!」→カーチェイスのシーンに、なぜか『大都会PARTⅢ』第2話「白昼のパニック」のヘリが白いフェアレディZを追跡している映像が挿入されている。





















第25話「刑事を奪え」→ゲンが殺人犯に疑われ、「俺は撃ってないよ!!」と刑事達に必死に叫んで激しく抵抗する場面。本編では、丸ごとカットされている。




















第30話「絶命・炎のハーレー」→タツが殉職した後の霊安室のシーン。木暮課長がタツの顔にかぶている白い布を取る時の長めのカット。



拍手[0回]

今年、放送開始40周年を迎える「西部警察」。ファミ劇でHDリマスター版の放送がスタートしたのは、今から丁度30周年(2009年)の夏頃で、現在も続いています。あの頃はまだTVシリーズ全話を収録したDVDやBDなどは発売されていませんでしたが、この10年間でDVD、BD、ネット配信、そして16冊に及ぶレジェンド本など、様々なアイテムが発売され、現在では、いつでもどこでも西部警察に触れる、見られる機会が増えましたね。若い世代にも浸透しているようで、来たる新しい時代も永遠に語り継がれていくであろう西部警察・・・。





前回に続き、予告編集の第2弾。今回は、第11話から第20話の間でとくに気になった回の予告を紹介していこうと思います。



















 

第12話「ビッグバッド・ママ」→護送車の走行シーン。本編では使用されていない別カット。






















第13話「大門危機一髪」→電話ボックスの爆発シーン。本編未使用のアップめのカット。






















第15話「さらば愛しき女」→加納静江(鰐淵晴子)の乗るタクシーが不審な車に襲われるシーン。本編未使用のアップめのカットが使われている。





















第16話「最後の一弾」→タツが犯人たちに追われている途中、燃え滾るドラム缶の前で転がるシーンの未使用カット。





















第17話「地獄から還った刑事」→拉致されたジンとヘロイン強奪犯たちが乗る車と、麻薬取締官事務所神奈川分室の職員が運転する車のカーチェイスシーン。本編では使用されていないカットが散見される。


拍手[0回]

スカパー/CSのファミリー劇場は、2001年の10月に西部警察の放送をスタートさせ、2009年7月からHD版の放送を繰り返し続けています。日本のテレビ史上最強のアクション刑事ドラマですし、次の元号の時代になっても永遠に放送を続けてもらいたいのですが、一つ物足りないのは、本編終了後に「次回予告」が流れないこと。




同じくファミ劇で放送中の「太陽にほえろ!」はアナログ放送時代はちゃんと次回予告も流してくれたのですが、HD版になってからカットされてしまった。一方、西部警察は、2001年スタートのアナログ放送時代から次回予告は1度も放送されておりません。



昔のアクションドラマの予告編は遊び心満載で、面白い編集がなされていたり、予告でしか見られない映像が結構あったりするんですよね。おそらくこの先もファミ劇では見られそうにないので、こちらを用意してみました。



















西部警察シリーズ全236話の予告編を網羅した2枚組のDVD。1話につき1分の予告が収録されています。つまり、全話の予告の時間を合わせると236分、約4時間もあるわけです(汗。予告を見るだけでも4時間かかる西部警察。どんだけすごいシリーズだったのかを改めて思い知らされますが、それでは、今回は、西部警察PART1・第1話から10話までの予告編の中で気になった回の予告を次々と紹介していきます。

















第5話「爆殺5秒前」→なぜか「無防備都市 -後編-」の爆破カットが挟まれていた!
















第6話「横浜銃撃戦」→タツのバイクと2台の覆面パトカーが犯人のトラックを追跡するシーン。犯人の銃撃を受けてタツが転倒するが、予告編には本編には使用されなかった別アングルのカットが使われていた。
















第7話「暴走刑事を撃て」→本編にはなかった団長が煙草に火をつけるカットあり。

















第9話「ヤクザ志願」→杉浦(岩城滉一)が木下(江見俊太郎)を追いかけ射殺しようとし、ゲンが寸前でそれを阻止するシーン。本編には使われなかった杉浦とゲンの横アングルの映像あり。
















第10話「ホットマネー攻防戦」→現金輸送車が八百屋の店頭に突っ込むシーン。本編には使用されなかった怒った店主がトマトorリンゴ?を投げつけるカットあり。



拍手[0回]

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[08/17 昔の少年]
[08/12  9人のコリない日本人]
[08/10 昔の少年(映画の瀬川 雅人さん)]
[08/09 ジョリー]
[08/09 岡野啓介]
[08/09 トロパべサリオ]
[08/08 昔の少年(再再追加)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]