忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[1]  [2]  [3
AXNで放送中の「HAWAII FIVE-0」シーズン7もアッという間に折り返しに入りましたが、先週は、検視官のマックス(マシ・オカ)のラストエピソードが放送されていました。悲しいことに、中心メンバーのチンとコノも今シーズンの最終回をもって姿を消すことになっています。二人が殉職するなり何らかの理由でいなくなるというのならまだしも、唐突にいなくなってしまうというのは一視聴者としてはなんとなく蟠りが残ります。


チン役のダニエル・デイ・キムを見たのは、「24 -TWENTY FOUR-」のCTUの特殊部隊リーダー役が最初だと思っていたのですが、この方、結構若い頃から有名なハリウッド映画に出まくっているんですよね。この間、ザ・シネマでブルース・ウィリス主演の「ジャッカル(1998)」を見ていたら、演説中の大統領夫人が殺し屋に撃ち殺されそうになるシーンに、一瞬パッと知ってる顔が映ったので後で確認したらダニエルだった。この映画は劇場で見たが、当時はまだ有名ではなかったので全く気づかなかった。テレビドラマの出演歴も数多く、警官役を数多くやっていたみたいですね。



あと十数話でいなくなるチンとコノの二人がなんと別のドラマに登場した。1980年代にヒットしたアクションドラマのリメイク「MACGYVER/マクガイバー」の第18話「フラッシュライト」において、HAWAII FIVE-0とMACGYVERのクロスエピソードが実現!地震の災害支援のためにハワイにやってきたマクガイバーとその相棒のジャックが崩壊寸前の建物に閉じ込められた科学者達の救助を始めるが、その建物は秘密の軍事施設になっていて、新兵器を狙う中国の特殊部隊が紛れ込んでおり、ファイブ・オーのチンとコノらと協力して事件を解決するというお話だった。


80年代のマクガイバーは単独で動いていましたが、21世紀のマクガイバーは、マクガイバーとジャックを含め三人の仲間がいてチームで動いているので、ファイブオーと似ているところがあります。ジャックがコノに興味を持ったり、コノが敵に撃たれるアクシデントもあったが、マクガイバーとジャック、チンとコノの四人がナイスなコンビネーションを見せていました。でも気になったのは、スティーブとダニーがいなかったこと。おそらく降板騒動の前に作られたものでしょうが、結果的にファイブオーを卒業する二人がマクガイバーに特別出演したようにも見えて、何かスッキリしない感じがあります。本当は四人そろって出てもらいたかったのですが、何か事情でもあったのでしょうかね。


ちなみに、チンとコノの声は、AXNで放送中のファイブオーの吹替版と同じ声優だったので、違和感なかったです。そう言えば、ファイブオーの情報屋のカマコナさんも最後の方で顔を出していましたね。


拍手[0回]

PR
AXNでスタートしました「Hawaii Five-0」シーズン7。チンとコノのまさかの退場という驚きのニュースが冷めやらぬ中、さらに衝撃の発表がありました。なんと、シーズン8からコノの夫のアダムがファイブオーの新メンバーとして登場するそうです。


おいおい、ヤクザの息子のアダムが新メンバー?と正直耳を疑いましたが(苦笑)、色々あって改心してやくざから足を洗いコノと結婚したアダムなら、まあ、アリかな・・・。しかし、その後もいろんな犯罪に巻き込まれて、シーズン6の終わりかけの頃にまたヤクザの手下を殺して捕まり、現段階では刑務所に服役中の人物なのですが・・・。妻のコノがいなくなるのに、夫だけがファイブオーに加入してドラマに出続けるって。どんな風につじつまを合わせるつもりなのか、脚本家の腕の見せ所になりそうですね(笑)。


アダムの他にあと二人メンバーが追加されるそうです。一人は、ポリス・アカデミーを退学になり、ホテルのプール監視員として働く女性タニ・レイ。 もう一人は、アメリカに帰還したばかりの元アメリカ海軍特殊部隊ジュニア・レインズ。


アダム役のイアン・アンソニー・デイルは、シーズン2以降ずっと見てきたので顔馴染みですが、他の二人(タニ・レイ役のミーガン・レイスとジュニア・レインズ役のビューラ・コアレ)は、他の作品でもまだ見たことがないし、今まで名前も知らなかった。写真を見る限り、二人とも若いですね。以前のような仲良し四人組という雰囲気ではなくなり、ベテラン勢と中途採用と、新人二人という、少し世代の差のあるメンバー構成になりそうですが、新メンバーたちがスティーブとダニーとどんなやりとりを見せるのか気になります(苦笑)。




さて、シーズン7の第1話は、目玉をくりぬかれた死体が相次いで見つかり、その殺人事件を捜査する。初回から異常な殺人鬼と対決するファイブオーのメンバー。当然ながらチンとコノはまだいますが、このシーズンでいなくなってしまうのは、やはり長年見てきたものとしては寂しい。何の脈略もなく消えるぐらいなら、いっそのこと二人同時に殉職してくれるほうがまだ納得できるのですが。もしかしたら、シーズン8の冒頭で二人が事故か事件に巻き込まれて、唐突に死んだことにされてそうな(苦笑)・・・。そういう展開だけは、やめて欲しいですね。


シーズンの初回は、派手めなアクションシーンが展開することで定番のファイブオーですが、今回は、異常な身体能力を持つ殺人鬼が登場していました。マンションの高層階のベランダから下のベランダへスパイダーマンのように駆け下りたり、クレーンのアームの上を走ったり、高層の建物の屋上から隣の建物の屋上へジャンプして飛び移り、スティーブ達も負けじとダイナミックに逃走し続ける殺人鬼を追いかけるスリリングな追跡シーンが展開しました。


その昔、日本の刑事ドラマでも刑事が犯人を追いかけている時に、ビルからビルの屋上へ飛び移るアクションをやっていましたが、昔は役者本人がガチでやってたから見ててひやひやさせられることが多かったですね。もし、飛び移る時に失敗して落下してしまったら・・・なんていやな想像もしましたが、当時の役者さんは、度胸がありましたね。ファイブオーのアクションは、時々昔の日本の刑事ドラマみたいなアクションがあるので楽しいです。



拍手[1回]

今月下旬からAXNで「HAWAll FlVE-O」のシーズン7がスタートしますが、その直前に良からぬニュースが流れてきました。シーズン7で検視官マックス・バーグマン役のマシ・オカが降板することは、このブログでもお知らせしましたが、なんとFlVE-Oの主要メンバーの二人もシーズン7をもって降板することが発表されました。


その二人とは、チン・ホー・ケリー役のダニエル・デイ・キムと、コノ・カラカウア役のグレイス・パーク。二人はギャラの交渉を巡ってテレビ局と折り合いがつかず、降板を決めたそうです。なんでも二人のギャラは、スティーブ・マクギャレット役のアレックス・オローリンと、ダノ・ウィリアムズ役のスコット・カーンよりも10~15%程安く、ダニエルとグレースは、二人と同等の全額を求めていたが、しかしテレビ局はその条件を受け入れなかった。


四人は、ファイブオーのメンバーとして、シーズン1から6まで順調にレギュラーメンバーを務めていただけに、この突然の発表は、とても驚きました。ギャラの差はいったいどこで生まれてしまったのでしょうね。ダニエル・デイ・キムは、アレックスやダノと同様にずっとドラマに出続けていたし、グレイス・パークは、私情により降阪の噂が立ったり、ストーリー上では、FlVE-Oのメンバーから1度離脱したがまたすぐに復活したし、理由は、はっきりとしませんが、これまで見てきた一視聴者としてはとても残念でなりません。



アメリカでは、シーズン7の放送は終了し、シーズン8の製作が決定しているそうですが、シーズン8の初回にはチンとコノは登場しないとのこと。つまり、二人がファイブオ一から去るシーンは描かれず、何事もなかったようにスティーブとダノの二人だけで話を進めていくのでしょうか。あるいは、チンとコノに代わる新レギュラーが加わる可能性もあるかもしれませんが、これまで四人で良い感じにやってきたのに、突然こんな形でバラバラになってしまうのはなんだかもったいない気がしますね。


最近ミニ・シリーズとして復活した「Xファイル」もシーズン8からモルダーが出なくなって違和感があったが、こちらは、主役交代後もモルダーはいくつかのエピソードに登場していたし、去年放送されたシーズン10では、モルダ一とスカリーが再びコンビを組んでいた。二人ともいい感じに年を重ねていましたが、吹替え(モルダー=小杉十郎太&スカリー=相沢恵子)のほうもかなり年輪を重ねた声になっていましたね。


チンとコノもあと1回ぐらいは登場して、きちんとした形でファイブオーを去ってもらいたいものですが、はたしてシーズン8はどのような変化を遂げるのか?まだシーズン7を見る前なのに、早くもシーズン8のほうに物凄く興味を持ってしまっています(苦笑) 。ウォーキング・デッドもこの秋にシーズン8が放送される予定ですが、こちらは主要メンバーがトラブルで降板するような話は聞かないですね。同時期に始まったこの二作品、ちょっと差がついてしまったかな・・・。


いろんな意味でシーズン7の放送も楽しみです。


拍手[0回]

AXNで新シーズンがスタートしている「Hawaii Five-0」。ウォーキングデッドと同じくシーズン6に突入しております。他の海外の刑事ドラマや、日本の刑事ドラマもそうですが、シーズン6ともなれば、殉職あるいは栄転などを理由にレギュラー出演者が交代するのが通例ですが、ファイブオーのメンバーは、新メンバーの増減がありつつも、オリジナルの4人(スティーブ、ダニー、チン、コノ)が不動であるところが何気に凄いですね。2000年にスタートし、シーズン15で終了した「CSI:科学捜査班」は、何度も主役が交代していましたが、Hawaii Five-0は、最終シーズンを迎えるまで4人のオリジナルメンバーには、ずっと出続けてもらいたいですね(苦笑)。



様々な障壁を乗り越えてコノとアダムがついに結婚。その二人の結婚式の前日に元ファイブオーのメンバーでスティーブの恋人のキャサリンがハワイに帰ってくる。アルカイダの幹部がハワイに持ち込んだ核兵器を見つけ出したスティーブとダニーがヘリに乗り沖に出て、核兵器を海に投げ落とし大爆発させ事件を見事解決。コノの結婚式に向かおうとしてチンがガブリエルという男に銃を向けられ買収されそうになる・・・と言うような展開で幕を閉じたシーズン5。スティーブとダニーがヘリに乗り込んでハワイの綺麗な海に核兵器を落として爆発させていましたが、あれじゃ放射能汚染が広がっちゃいますよ。このシーンを見た時に西部警察PARTⅡ初回のオキをつい思い出してしまったが(笑)、日本のアクション刑事ドラマのテイストも時々感じさせてくれるから、好きなんですよねこのドラマ。



そして、シーズン6は、ハネムーン中のコノとアダムの前にガブリエルがあらわれて、二人が拉致されるところから始まる。オアフ島のどこかに財宝が隠されているという元海賊の証言を収めたビデオを持っていた作家が何者かに殺され、スティーブ達がその捜査を開始。ホテルで立てこもり事件が発生し、犯人は、ガス社員を装って絵画を盗み、人質の女性を連れて姿を消すが、実はその盗まれた絵画には、海賊が盗んだ財宝の在り処が記されていた。ファイブオーが財宝を狙う犯人を捜し続けている中、コノとアダムは、激しい拷問を受けていた。アダムから銀行の暗証番号を聞き出すために、コノが歯を引き抜かれたり、酷いことされていましたね。銀行に連れて行かれたアダムを救うため、コノは自力で犯人の一人を殺して銀行に向かい、アダムを助け出そうとしますが、アダムはガブリエルに銃で撃たれ、ガブリエルは、アダムが持っていたヤクザの手切れ金を奪ってまた姿を消してしまうと言う最悪の結末を迎える。


と言うことでシーズン6も波乱含みの展開で幕を開けましたが、アダムを失ったコノが再び職場復帰を果たす展開になるのかと思いきや、アダムは一命を取り留めて無事退院。この二人、まだまだお熱い場面を見せてくれそうですね(苦笑)。一方、スティーブとキャサリンの関係も気になるところ。いよいよスティーブがキャサリンにプロポーズをし、こちらもアツアツムードになるのかと思ったら、「あなたと楽しく過ごすだけじゃ嫌なの」と、キャサリンは、スティーブと離別を決意し、災害救助のためにネパールへ向かうという。あらら、またあっさりと退場してしまうのかキャサリン。第3話のラストで謎の人物と連絡をとりあっていましたが、何をやり遂げる気なんでしょう。まさか、スティーブと敵対する勢力と関係しているとか?



第3話から鑑識のエリックが登場しましたが、今のところマシ・オカが演じる検視官のマックスを超えるインパクトはなく、キャラも薄いので今シーズン限りで消えてしまいそうな雰囲気がありますが、ファイブオーとこれからどんなやりとりを見せてくれるのでしょうか。最近は、めっきり豪華なゲストスターの登場がなくなりましたが、ピーター・ウェラーやロバート・ネッパーに匹敵するぐらいの有名な俳優がまた出てきて欲しいですね。そう言えば、ナイトライダーの新シリーズで主人公を演じたジャスティン・ブリューニングも一時期セミレギュラー的に出演していましたが、キャサリンと不倫の調査中に射殺されてしまい、あっさり消えてしまったのが残念でしたね(苦笑)。そろそろデビッド・ハッセルホフとかエリック・エストラーダとか出てこないかな・・・(笑)。




拍手[0回]

FOXクラシックの懐かしい海外ドラマに目を奪われている間に、新作の記事が長らくご無沙汰になっていましたが、一応、先月から始まったウォーキング・デッドシーズン6Hawaii Five-0シーズン5は視聴中です。ウォーキング・デッドはシーズン5で主要なメンバーが二人犠牲になりましたが、シーズン6でもまた一人犠牲者が出てしまったようですね。実はまだ2話までしか見ていないのでこれ以上は書けませんが、今シーズンも怒涛の展開が続きそうです。これで今現在シーズン1から生き残っているメンバーは、リック&カール親子にダリルとキャロル、そしてモーガンのみになりました。


モーガンと言えば、シーズン1で、リックが最初に出会った生存者ですが、リック達とは共に行動せず、しばらく行方知らずになっていた。その後、シーズン3の12話でリックと再会し、そこでいよいよ合流するかと思われたが、結局その時もモーガンは、妻や息子を殺したウォーカーの駆除を優先して、リックと離れてしまう。そして、シーズン5の初回のラストシーンにまたしてもモーガン登場。今度こそリック達の仲間になると思いきや、それ以後、中々姿を見せなかった。同シーズンの最終話でようやく姿を見せ、そこでリックと二度目の再会を果たした。リックと別れた後に何があったのか知りませんが、しばらく見ないうちにモーガンが棒使いの達人みたいになっていて驚きましたね(笑)。シーズン6では、モーガンがリック達の仲間に加わり、さっそく2話でキャロルとコンビで活躍する姿が見られました。初回から大量のウォーカーが登場し、ダリルがバイクに乗り、大勢のウォーカー達を誘導する姿も印象に残りましたが、今シーズンは、モーガンのストーリーも気になるところです。




気づけば、こちらもシーズン5に突入し、本家のシーズン数に迫りそうな勢いで続いているHawaii Five-0。今シーズン中に、シリーズ通算100話を達成。ファイブ・オーのメンバーがもし別の人生を歩んでいたら・・・!?というメンバー達のもう一つの世界を描いた記念エピソードが放送されていました。シーズンを重ねるとやはり気になるのがレギュラーメンバーの動向。今のところ、シーズン1から出ている4人のメンバー(スティーブ、ダノ、チン、コノ)は不動ですが、最近コノの出番が減り、元ハワイSWATの隊長で、今シーズンからファイブ・オーのメンバーになったルー・グローヴァーの活躍が目立っているので、そろそろコノ離脱か!??・・・なんて穿った目で見てしまうのですが、しかし4人あってのファイブ・オー。ぜひとも本家と同様にシーズン12までこのメンバーで頑張ってもらいたいですね。


そのシリーズ通算100話目に当たるエピソード「宿命の対決」において、シーズン1から続いてきたスティーブと、その宿敵ウォー・ファットの対決に終止符が打たれました。数々の死闘を繰り広げたスティーブとウォー・ファットですが、ラストバトルも激しい肉弾戦が見せていました。ようやく決着はついたものの、やはりシリーズを通しての強敵であったウォー・ファットがいなくなるのはちょっと寂しい感じもしますね。ウォー・ファットを超える更なる宿敵の登場に期待したいです。


100回記念と言うことで、このエピソードには他にも懐かしい顔ぶれが登場していました。回想シーンには、現在ウォーキング・デッドでダリル役を好演中のノーマン・リーダスや、サン・ミン役のウィル・ユン・リーの姿も。ファイブ・オーと言えば、有名な映画俳優が数多くゲスト出演してきましたが、今シーズンは、目玉になるようなビックなゲスト出演者は今のところ(現在21話まで視聴)出ていない。有名な映画俳優が犯人役の場合、大体は殺されてしまいますね。ファイブ・オーは、ゲスト俳優の扱いが・・・じゃなくて、死亡率が高い(苦笑)。そう言えば、今シーズンは、シーズン4から登場したロバート・ネッパー演じる内部調査官のレックス・コークリンが犠牲になりました。コークリンの悪ぶりをもっと見たかったのに、早々にいなくなってしまったのは残念ですね。


他にとくに印象に残ったエピソードは、軍用の無人爆撃機の恐怖を描いた初回の「絶体絶命」。日本でも今年に入ってからドローンのニュースを度々見かけるようになりましたが、アメリカはもっと進んでいるみたいですね。ドローンがハッキングされ、殺人マシーンに改造されて無差別殺人を繰り返すパニックストーリーになっていました。「24」の最新シーズンもドローンの脅威が描かれていたが、やはり最近の流行なのでしょうね。個人的にはあのドローン見ると、ハイテク武装車バイパー2に出ていた偵察装置のプロブを思い出してしまうのですが、そう言えば、プロブもレーザーカッターみたいな武器を装備していましたね。バイパーの一部の機能もすでに実現してしまっているんですよね、現代は・・・。






拍手[0回]

AXNで放送中の『HAWAII FIVE-0』シーズン4。シリーズ前半は、コノがファイブオーのメンバーから抜けて、アダムと共に中国に旅立っていましたが、中盤になってようやく復帰したようです。一部情報によると、コノ役のグレイス・パークが出産するため、コノの出番を減らしていたようです。一時期、グレイス・パークの降板の噂も流れていましたが、どうやらシーズン5の製作も決まっているようだし、今後もスティーブ、ダニー、チン、コノの4人のオリジナルメンバーで進んでいきそうです。


コノがメンバーから抜けている間、「ナイトライダーネクスト」で主人公のマイク・トレーサーを演じたジャスティン・ブリューニングが元海軍でキャサリンの元恋人のビリー役で出ていた。ビリーが新たにファイブオーの準メンバーになるのかと思いきや、早くも5話でキャサリンと不倫の調査中に射殺されてしまった。もう少し前面に出て活躍するのかと思っていたが、ひっそりと消えてしまったのが残念。そう言えば、同じくナイトライダーネクストでチャールズ・グレイマンを演じたブルース・デビソンは、シーズン2の「二人の母」に、FBI捜査官のキャリーを演じたシドニー・タミア・ポワチエもシーズン3の「ある一日」に、ダニーの元相棒の刑事役で出演していた。このようにファイブオーには、ナイトライダーネクスト出演者が結構ゲスト出演していますね。



その他、今期もまた多彩なゲストが登場していますが、13話の「チンの過去」には、「プリズン・ブレイク」のティーバッグ役でも知られるロバート・ネッパーが内部調査官役で出ていました。15年前、チンの父で警官のカム・トン・ケリーがコンビニ強盗犯に殺され、その犯人が発見される。犯人の男が麻薬カルテルのボスで、チンの妻・マリアの弟ガブリエルだったことから、犯人隠匿の疑いでチンが内部監察の取調べを受けることになります。



映画でもドラマでもワルを演じることが多いあのロバート・ネッパーが内部調査官役を演じているのは、とても新鮮でしたね。怪しさ全開の風貌で、ねちっこくチンを問いつめていくところなどは、いかにもネッパーらしいし、吹替えは、ネッパーのフィックス声優でお馴染みの若本規夫氏だったので、あの独特の癖のある話し方がたまらなく良いし、違和感なく(笑)見ることができた。シーズン2の最終回でデラーノに殺害されてしまったチンの妻・マリアを演じるレイコ・エイルスワースもゲスト出演していたが、ヘアスタイルのせいもあるが以前よりも若々しくなったというか、24のミシェル・デスラーを彷彿とさせるルックスに逆戻りしていた。15年前の殺人事件を振り返る話なので、レギュラー出演者が全員「若作り」をしているのが妙に面白かった。中でもおさげ髪にして20歳のコノ役を演じていたグレイス・パークは、とてもインパクトがあった・・・。



他にも今期は、「LOST」のハーリー役で有名になったホルヘ・ガルシアや、ダニーの母・クララ役でメラニー・グリフィスがゲスト出演するエピソードがあった。メラニー・グリフィスと言えば、個人的には、「ワーキング・ガール」のイメージが未だにあるのですが、やはり御歳を召されましたね。お母さんは、ヒッチコックの「鳥」や「マーニー」に主演していたティッピ・ヘドレンですが、お母さんも若い頃凄い美形でした。メラニー・グリフィスの最初の旦那だったドン・ジョンソンは、最近クエンティン・タランティーノの「ジャンゴ 繋がれざる者」に出演していたが、ドンもダニーかスティーヴの知り合いとか、元刑事の役で出演して欲しいなあ。




拍手[5回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[12/07 oityan]
[12/05 コインチョコ]
[12/03  9人のコリない日本人]
[12/02 コインチョコ]
[11/28  9人のコリない日本人]
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]