忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエボリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2018/05月

≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06月≫
[1]  [2]  [3]  [4
ハワイのキラウエア火山の溶岩流出が止まず、住宅地のほうにまで押し寄せて今大変危険な状況みたいです。アメリカではシーズン8の放送が終了し、すでにシーズン9の製作が決まっている「HAWAII FIVE-0」の撮影に影響が出ないことを祈るばかりですが、地上をだらだらと流れている溶岩の映像を見ると、どうしても映画の「ボルケーノ」を思い出してしまいますね。



日本ではまだシーズン8の放送は始まっていませんが、現在AXNでシーズン7、FOXでシーズン1と2が放送中。7年ぶりにシーズン2をHD画質で見ていますが、色々と思い出したことがありました。まず、検視官のマックスがこのシーズンから正式にファイブオーに加わり、OPにも登場するようになったこと。刑務所から脱獄し、怪我をしたスティーブを助けたり、マトリックスのネオのコスプレ姿で登場したり、この頃はコンスタントに活躍していますね。




それから、コノ以外の女性のメンバーがいたこと。










懲戒免職処分を受けたコノの代わりに登場したファイブオ一の二人目の女性メンバー、ロリ・ウェストン(演:ローレン・クリスティーン・ジャーマン)。当初は、スティーブ、ダニー、チン、ロリの4人で活動していたが、コノの復帰が早かったせいなのか、シーズン途中で元の職場であるアメリカの国土安全保障省に戻り、ファイブオーから去った。ロリが登場したのはこのシーズンのみ。











ロリと同じくシーズン2から登場した海軍少佐のジョー・ホワイト(演: テリー・オクィン)。スティーヴの元上官。ウォー・ファットの一味に拉致されたスティーブを救出するため、FIVE-0とSEALSらと共に北朝鮮の開城(ケソン)に向かうエピソードで大活躍していたのが印象に残る。ちなみに、ジョーの吹替えはナイトライダーでカールの声を担当した麦人氏。









新シーズンには登場しないチンは、シーズン2で婚約者のマリアと結婚。しかし、デラーノの一味にマリアを殺害されてしまう。そのマリアを演じていたのはこの人。





「24 -TWENTY FOUR-」のミシェル・デスラー役で有名なレイコ・エイルスワース。ファイブオーのマリア役の時は髪を短かくしてかなりイメージが変わっていた。










シーズン8からファイブオーのメンバーになるアダム(演: イアン・アンソニー・デイル)もシーズン2から登場。死んだ父のヒロ・ノシムリの代わりにやくざの稼業を引き継ぐが、コノと恋人関係になったことをきっかけに組織の健全化に取り組むようになる。やくざからファイブオーへ華麗なる転身を遂げるアダムの活躍も期待したいところですが、やはり、コノが一切出てこないのは不自然だし、違和感を感じてしまいそう(苦笑)。



拍手[0回]

PR
現在AXNでシーズン4が再放中の「Hawaii Five-0」。最新シーズンのシーズン7はすでに終了していますが、その感想を書く前に、今スカパーでは、AXNだけでなくFOXチャンネルでもファイブオーのファーストシーズンが放送されています。AXNで見て以来、8年ぶりに拝見。


AXNで見た当時は、まだスカパーHDではなくSD画質、しかもブラウン管なので、16:9の映像がやけに小さく見え、映像もあまり良い状態のものではなかった。今回フルHDのやや大きめのモニターで見直したら、やはり全然印象が違いますね。アクションは迫力があるし、FOXの方がより鮮明で綺麗な画質なので、ハワイの街や海の空撮映像がより美しく見えました。以前のSD画質とは比べものにならないくらい本当に感動的な映像で、別のドラマを見ているような気分になりました。


スティーブとダニーは今も若いけど、ファーストシーズンの時はもっときびきび動いていてカッコ良いですね。そう言えば、ドラマ開始早々にダニーが杖をついて歩いている場面があったが、ダニー役のスコット・カーンが撮影中に足を怪我して、しばらくアクションができない時期があったことを思い出しました。初回には、ノーマン・リーダスが韓国から護送される囚人役でゲスト出演していたが、これと同時期にウォーキング・デッドにダリル役で出演し、こちらも未だにその役をやり続けているのが凄いですね。もしダリルが死ぬようなことになったら、またファイブオーに犯人役で出てもらいたいものですが(苦笑)。




さて、最新のシーズン7。シリーズの中盤で鑑識のマックスが爆破事件の容疑者逮補に協力した後、盛大なお別れパーティを開いてもらって、お祭り騒ぎの中で番組を卒業しました。今シーズンはファーストシーズン並みに出演エピソードが少なかったものの、最後は、当然ながらかなり目立っていました。一人ステ一ジに立って別れの挨拶をした後、涙を浮かべながらメンバー一人一人にハグするマックスの姿に思わずウルッ。マシ・オカさんと言えば、やはり「HEROES」の時空を操る超能力者役が未だに記憶に残っておりますが、次はどんな役を演じるのでしょうかね。


マックスだけかと思っていたら今シーズンは、なんとチンとコノまでファイブオーから離脱するというので驚きが絶えませんが、最終回を見た限りでは、二人が番組から卒業するような気配は全く感じられなかった。サンフランシスコでファイブオーのような捜査チームを作る準備があるらしく、そのリーダーにならないかと声をかけられたチンですが、それをあっさりと断っていたし、これが離脱のフラグになるのかと思いきや、最終回では、この事について何も触れられなかった。


少女売春組織の壊滅に執念を燃やすコノは、ラスベガス経由カーソンシティ行きの飛行機に乗り、これからネバダに行って単独で捜査を始めそうな雰囲気を醸し出しながらの出番終了となりました。なんとも中途半端な、蟠りの残る最後となってしまいましたね。最終回は、離脱する二人よりも、スティーブの活躍が目立っていた。トンネルの出口の上から暴走するトラックのコンテナに飛び乗るという、千葉真一みたいなワイルドなアクションを見せていたスティーブですが、過去の事件で放射能を浴び、体の不調を訴えておりました。まさか、来シーズンでスティーブも退場?なんてことにならなきゃいいのですが(苦笑)。


チンとコノは、シーズン8には一切登場しないみたいですが、ここからどのようにスト一リーが展開していくのか気になりますね。そういえば、シーズン5からレギュラー出演しているホルヘ・ガルシア演じるジェリーがファイブオーの正式メンバーになりました。来シーズンは、コノの旦那のアダムがファイブオーのメンバーになるそうですが、元ヤクザのアダムがどのような経緯でファイブオーのメンバーになるのか、こちらもかなり興味深いです(笑)。



拍手[0回]

AXNで放送中の「HAWAII FIVE-0」シーズン7もアッという間に折り返しに入りましたが、先週は、検視官のマックス(マシ・オカ)のラストエピソードが放送されていました。悲しいことに、中心メンバーのチンとコノも今シーズンの最終回をもって姿を消すことになっています。二人が殉職するなり何らかの理由でいなくなるというのならまだしも、唐突にいなくなってしまうというのは一視聴者としてはなんとなく蟠りが残ります。


チン役のダニエル・デイ・キムを見たのは、「24 -TWENTY FOUR-」のCTUの特殊部隊リーダー役が最初だと思っていたのですが、この方、結構若い頃から有名なハリウッド映画に出まくっているんですよね。この間、ザ・シネマでブルース・ウィリス主演の「ジャッカル(1998)」を見ていたら、演説中の大統領夫人が殺し屋に撃ち殺されそうになるシーンに、一瞬パッと知ってる顔が映ったので後で確認したらダニエルだった。この映画は劇場で見たが、当時はまだ有名ではなかったので全く気づかなかった。テレビドラマの出演歴も数多く、警官役を数多くやっていたみたいですね。



あと十数話でいなくなるチンとコノの二人がなんと別のドラマに登場した。1980年代にヒットしたアクションドラマのリメイク「MACGYVER/マクガイバー」の第18話「フラッシュライト」において、HAWAII FIVE-0とMACGYVERのクロスエピソードが実現!地震の災害支援のためにハワイにやってきたマクガイバーとその相棒のジャックが崩壊寸前の建物に閉じ込められた科学者達の救助を始めるが、その建物は秘密の軍事施設になっていて、新兵器を狙う中国の特殊部隊が紛れ込んでおり、ファイブ・オーのチンとコノらと協力して事件を解決するというお話だった。


80年代のマクガイバーは単独で動いていましたが、21世紀のマクガイバーは、マクガイバーとジャックを含め三人の仲間がいてチームで動いているので、ファイブオーと似ているところがあります。ジャックがコノに興味を持ったり、コノが敵に撃たれるアクシデントもあったが、マクガイバーとジャック、チンとコノの四人がナイスなコンビネーションを見せていました。でも気になったのは、スティーブとダニーがいなかったこと。おそらく降板騒動の前に作られたものでしょうが、結果的にファイブオーを卒業する二人がマクガイバーに特別出演したようにも見えて、何かスッキリしない感じがあります。本当は四人そろって出てもらいたかったのですが、何か事情でもあったのでしょうかね。


ちなみに、チンとコノの声は、AXNで放送中のファイブオーの吹替版と同じ声優だったので、違和感なかったです。そう言えば、ファイブオーの情報屋のカマコナさんも最後の方で顔を出していましたね。


拍手[2回]

AXNでスタートしました「Hawaii Five-0」シーズン7。チンとコノのまさかの退場という驚きのニュースが冷めやらぬ中、さらに衝撃の発表がありました。なんと、シーズン8からコノの夫のアダムがファイブオーの新メンバーとして登場するそうです。


おいおい、ヤクザの息子のアダムが新メンバー?と正直耳を疑いましたが(苦笑)、色々あって改心してやくざから足を洗いコノと結婚したアダムなら、まあ、アリかな・・・。しかし、その後もいろんな犯罪に巻き込まれて、シーズン6の終わりかけの頃にまたヤクザの手下を殺して捕まり、現段階では刑務所に服役中の人物なのですが・・・。妻のコノがいなくなるのに、夫だけがファイブオーに加入してドラマに出続けるって。どんな風につじつまを合わせるつもりなのか、脚本家の腕の見せ所になりそうですね(笑)。


アダムの他にあと二人メンバーが追加されるそうです。一人は、ポリス・アカデミーを退学になり、ホテルのプール監視員として働く女性タニ・レイ。 もう一人は、アメリカに帰還したばかりの元アメリカ海軍特殊部隊ジュニア・レインズ。


アダム役のイアン・アンソニー・デイルは、シーズン2以降ずっと見てきたので顔馴染みですが、他の二人(タニ・レイ役のミーガン・レイスとジュニア・レインズ役のビューラ・コアレ)は、他の作品でもまだ見たことがないし、今まで名前も知らなかった。写真を見る限り、二人とも若いですね。以前のような仲良し四人組という雰囲気ではなくなり、ベテラン勢と中途採用と、新人二人という、少し世代の差のあるメンバー構成になりそうですが、新メンバーたちがスティーブとダニーとどんなやりとりを見せるのか気になります(苦笑)。




さて、シーズン7の第1話は、目玉をくりぬかれた死体が相次いで見つかり、その殺人事件を捜査する。初回から異常な殺人鬼と対決するファイブオーのメンバー。当然ながらチンとコノはまだいますが、このシーズンでいなくなってしまうのは、やはり長年見てきたものとしては寂しい。何の脈略もなく消えるぐらいなら、いっそのこと二人同時に殉職してくれるほうがまだ納得できるのですが。もしかしたら、シーズン8の冒頭で二人が事故か事件に巻き込まれて、唐突に死んだことにされてそうな(苦笑)・・・。そういう展開だけは、やめて欲しいですね。


シーズンの初回は、派手めなアクションシーンが展開することで定番のファイブオーですが、今回は、異常な身体能力を持つ殺人鬼が登場していました。マンションの高層階のベランダから下のベランダへスパイダーマンのように駆け下りたり、クレーンのアームの上を走ったり、高層の建物の屋上から隣の建物の屋上へジャンプして飛び移り、スティーブ達も負けじとダイナミックに逃走し続ける殺人鬼を追いかけるスリリングな追跡シーンが展開しました。


その昔、日本の刑事ドラマでも刑事が犯人を追いかけている時に、ビルからビルの屋上へ飛び移るアクションをやっていましたが、昔は役者本人がガチでやってたから見ててひやひやさせられることが多かったですね。もし、飛び移る時に失敗して落下してしまったら・・・なんていやな想像もしましたが、当時の役者さんは、度胸がありましたね。ファイブオーのアクションは、時々昔の日本の刑事ドラマみたいなアクションがあるので楽しいです。



拍手[1回]

今月下旬からAXNで「HAWAll FlVE-O」のシーズン7がスタートしますが、その直前に良からぬニュースが流れてきました。シーズン7で検視官マックス・バーグマン役のマシ・オカが降板することは、このブログでもお知らせしましたが、なんとFlVE-Oの主要メンバーの二人もシーズン7をもって降板することが発表されました。


その二人とは、チン・ホー・ケリー役のダニエル・デイ・キムと、コノ・カラカウア役のグレイス・パーク。二人はギャラの交渉を巡ってテレビ局と折り合いがつかず、降板を決めたそうです。なんでも二人のギャラは、スティーブ・マクギャレット役のアレックス・オローリンと、ダノ・ウィリアムズ役のスコット・カーンよりも10~15%程安く、ダニエルとグレースは、二人と同等の全額を求めていたが、しかしテレビ局はその条件を受け入れなかった。


四人は、ファイブオーのメンバーとして、シーズン1から6まで順調にレギュラーメンバーを務めていただけに、この突然の発表は、とても驚きました。ギャラの差はいったいどこで生まれてしまったのでしょうね。ダニエル・デイ・キムは、アレックスやダノと同様にずっとドラマに出続けていたし、グレイス・パークは、私情により降阪の噂が立ったり、ストーリー上では、FlVE-Oのメンバーから1度離脱したがまたすぐに復活したし、理由は、はっきりとしませんが、これまで見てきた一視聴者としてはとても残念でなりません。



アメリカでは、シーズン7の放送は終了し、シーズン8の製作が決定しているそうですが、シーズン8の初回にはチンとコノは登場しないとのこと。つまり、二人がファイブオ一から去るシーンは描かれず、何事もなかったようにスティーブとダノの二人だけで話を進めていくのでしょうか。あるいは、チンとコノに代わる新レギュラーが加わる可能性もあるかもしれませんが、これまで四人で良い感じにやってきたのに、突然こんな形でバラバラになってしまうのはなんだかもったいない気がしますね。


最近ミニ・シリーズとして復活した「Xファイル」もシーズン8からモルダーが出なくなって違和感があったが、こちらは、主役交代後もモルダーはいくつかのエピソードに登場していたし、去年放送されたシーズン10では、モルダ一とスカリーが再びコンビを組んでいた。二人ともいい感じに年を重ねていましたが、吹替え(モルダー=小杉十郎太&スカリー=相沢恵子)のほうもかなり年輪を重ねた声になっていましたね。


チンとコノもあと1回ぐらいは登場して、きちんとした形でファイブオーを去ってもらいたいものですが、はたしてシーズン8はどのような変化を遂げるのか?まだシーズン7を見る前なのに、早くもシーズン8のほうに物凄く興味を持ってしまっています(苦笑) 。ウォーキング・デッドもこの秋にシーズン8が放送される予定ですが、こちらは主要メンバーがトラブルで降板するような話は聞かないですね。同時期に始まったこの二作品、ちょっと差がついてしまったかな・・・。


いろんな意味でシーズン7の放送も楽しみです。


拍手[0回]

AXNで新シーズンがスタートしている「Hawaii Five-0」。ウォーキングデッドと同じくシーズン6に突入しております。他の海外の刑事ドラマや、日本の刑事ドラマもそうですが、シーズン6ともなれば、殉職あるいは栄転などを理由にレギュラー出演者が交代するのが通例ですが、ファイブオーのメンバーは、新メンバーの増減がありつつも、オリジナルの4人(スティーブ、ダニー、チン、コノ)が不動であるところが何気に凄いですね。2000年にスタートし、シーズン15で終了した「CSI:科学捜査班」は、何度も主役が交代していましたが、Hawaii Five-0は、最終シーズンを迎えるまで4人のオリジナルメンバーには、ずっと出続けてもらいたいですね(苦笑)。



様々な障壁を乗り越えてコノとアダムがついに結婚。その二人の結婚式の前日に元ファイブオーのメンバーでスティーブの恋人のキャサリンがハワイに帰ってくる。アルカイダの幹部がハワイに持ち込んだ核兵器を見つけ出したスティーブとダニーがヘリに乗り沖に出て、核兵器を海に投げ落とし大爆発させ事件を見事解決。コノの結婚式に向かおうとしてチンがガブリエルという男に銃を向けられ買収されそうになる・・・と言うような展開で幕を閉じたシーズン5。スティーブとダニーがヘリに乗り込んでハワイの綺麗な海に核兵器を落として爆発させていましたが、あれじゃ放射能汚染が広がっちゃいますよ。このシーンを見た時に西部警察PARTⅡ初回のオキをつい思い出してしまったが(笑)、日本のアクション刑事ドラマのテイストも時々感じさせてくれるから、好きなんですよねこのドラマ。



そして、シーズン6は、ハネムーン中のコノとアダムの前にガブリエルがあらわれて、二人が拉致されるところから始まる。オアフ島のどこかに財宝が隠されているという元海賊の証言を収めたビデオを持っていた作家が何者かに殺され、スティーブ達がその捜査を開始。ホテルで立てこもり事件が発生し、犯人は、ガス社員を装って絵画を盗み、人質の女性を連れて姿を消すが、実はその盗まれた絵画には、海賊が盗んだ財宝の在り処が記されていた。ファイブオーが財宝を狙う犯人を捜し続けている中、コノとアダムは、激しい拷問を受けていた。アダムから銀行の暗証番号を聞き出すために、コノが歯を引き抜かれたり、酷いことされていましたね。銀行に連れて行かれたアダムを救うため、コノは自力で犯人の一人を殺して銀行に向かい、アダムを助け出そうとしますが、アダムはガブリエルに銃で撃たれ、ガブリエルは、アダムが持っていたヤクザの手切れ金を奪ってまた姿を消してしまうと言う最悪の結末を迎える。


と言うことでシーズン6も波乱含みの展開で幕を開けましたが、アダムを失ったコノが再び職場復帰を果たす展開になるのかと思いきや、アダムは一命を取り留めて無事退院。この二人、まだまだお熱い場面を見せてくれそうですね(苦笑)。一方、スティーブとキャサリンの関係も気になるところ。いよいよスティーブがキャサリンにプロポーズをし、こちらもアツアツムードになるのかと思ったら、「あなたと楽しく過ごすだけじゃ嫌なの」と、キャサリンは、スティーブと離別を決意し、災害救助のためにネパールへ向かうという。あらら、またあっさりと退場してしまうのかキャサリン。第3話のラストで謎の人物と連絡をとりあっていましたが、何をやり遂げる気なんでしょう。まさか、スティーブと敵対する勢力と関係しているとか?



第3話から鑑識のエリックが登場しましたが、今のところマシ・オカが演じる検視官のマックスを超えるインパクトはなく、キャラも薄いので今シーズン限りで消えてしまいそうな雰囲気がありますが、ファイブオーとこれからどんなやりとりを見せてくれるのでしょうか。最近は、めっきり豪華なゲストスターの登場がなくなりましたが、ピーター・ウェラーやロバート・ネッパーに匹敵するぐらいの有名な俳優がまた出てきて欲しいですね。そう言えば、ナイトライダーの新シリーズで主人公を演じたジャスティン・ブリューニングも一時期セミレギュラー的に出演していましたが、キャサリンと不倫の調査中に射殺されてしまい、あっさり消えてしまったのが残念でしたね(苦笑)。そろそろデビッド・ハッセルホフとかエリック・エストラーダとか出てこないかな・・・(笑)。




拍手[0回]

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 11
13 14 16 17 18
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]