忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエボリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2019/08月

≪07月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1271]  [1270]  [1269]  [1268]  [1267]  [1266]  [1265]  [1264]  [1263]  [1262]  [1261
「もっとあぶない刑事」を見ていたら、「魅惑」のトオルが強盗一味に覆面車を奪われるシーンに赤と黒ツートンのスカイラインが映っているのを発見。あれってもしや、西部警察のRS?とじっくり確認したところ、ミラーがドアミラーではなくフェンダーミラーであることがわかり、当然ながら普通のスカイラインだったことが判明(笑。もし、あぶ刑事にRSを登場させるサプライズがあったら、それはそれで面白かったと思いますね。ユージがRSを軽快に運転している姿を一度は見てみたかったかも(笑。




「迷惑」には、西部警察でゲン(源田刑事)を演じていた苅谷俊介さんが警視庁の刑事・橘役でゲスト出演して、橘とタカの二人で103号と呼ばれる殺し屋を探し出すハードボイルドなストーリーでしたが、久々にタツ(ハト)&ゲンの西部警察の刑事コンビの活躍が見られた面白いエピソードでしたね。この回のもう一つの注目は、御殿場のプールの場面で流れていた舘さんの曲「A LOVE SONG」。



スローなバラードのこの曲がアレンジされて、「ゴリラ警視庁捜査第8班」のオープニングテーマになったことは、刑事ドラマ好きの人ならご存知かと思います。「A LOVE SONG」は、ゴリラで舘さんが演じた伊達刑事が最終回で殉職する場面にも使用されていたので、未だに強く印象に残っている曲なのですが、つまり、ゴリラよりも先にあぶ刑事でゴリラの曲が使用されていた・・・いや、あぶ刑事の曲がゴリラにも採用されたと言うほうが正しいのでしょうかね・・・。





それでは、西部警察予告編集第6弾。今回は51話から60話までの中から、とくに気になったエピソードの未使用カットを紹介いたします。
















第51話「盗まれた青春」→炎に包まれた小屋の中から神埼を救い出す大門とリキのシーンの別カット。予告編では、このシーンが30秒以上に渡って映し出されている。
















第53話「特ダネの罠」→大門軍団が船に乗って猿島に向かうシーン。船上で地図を確認している大門軍団の後ろ姿の引き目のカット。
















第54話「兼子刑事暁に死す」→瀕死の兼子刑事の銃撃により拳銃密売グループの車が爆発するシーンの別アングル。
















第55話「新人ジョーの夜明け」→北条の白バイが追跡していた犯人の車がチェリーキャブと衝突する回想シーンでの引き目のカット。
















第55話「新人ジョーの夜明け②」→北条の白バイが犯人の車に横から追突されるシーンの別アングル。
















第56話「時間よ止まれ!」→北条の銃撃によって犯人の車の前輪がはずれるシーンのアップのカット。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 12 13 14 15 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[08/17 昔の少年]
[08/12  9人のコリない日本人]
[08/10 昔の少年(映画の瀬川 雅人さん)]
[08/09 ジョリー]
[08/09 岡野啓介]
[08/09 トロパべサリオ]
[08/08 昔の少年(再再追加)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]