忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469

先日放送された「ルパン三世」テレビスペシャル「血の刻印~永遠のmermaid~」からルパンと次元を除いたレギュラーメンバーの声優が一新されましたが、思っていたほど浮いた感じはなく、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部それぞれ前任者の声を意識して、程よくハマっていました。声だけ聞いているとファーストシーズンのルパンの雰囲気があった。とくに五ェ門は、前任の井上真樹夫氏と遜色がなく、全く違和感なし。不二子は、画も声も初期ルパンのような雰囲気があった。銭形警部は、前任の納谷悟朗氏の雰囲気を醸し出しつつも山寺宏一氏独特の声色も出ていて、まさに新生・銭形といった印象。ただ、ルパンと銭形の掛け合いは、いまいち勢いが乏しいというか、よそよそしい感じが。前任の山田×納谷コンビのような時折ギャグを詰め込んだ言い回しやテンポの良さが足りない。今後のシリーズでは、もっと息の合った面白いやり取りが見てみたい。画は、ジブリ風、内容は、初期のような雰囲気があり、栗田ルパンの渋味がさらに増していたと思う。

冒頭に登場したルパンに「人魚の鱗」を盗むよう依頼する富豪のおばさんの声、どこかで聞いたことがある声だと思ったら、やはり野沢雅子氏であった。野沢さんと言えば、セカンドシリーズの「悪い奴ほど大悪党」のチコ少年の声も担当されていましたよね。クライマックスは、超人ハルク的なぶっ飛び展開で、流血やグロさも初期風味といった印象。ならば、ルパンもスーパーマン的なぶっ飛んだ活躍をして欲しかったが、今回は、ちょっと地味めな感じだったかな・・・。

テレビスペシャルのOPテーマと言えば、バイバイ・リバティー・危機一発!から使用されている「ルパン三世のテーマ'89」のイメージが強いですが、今回の新作のアレンジも良かった。そのOPテーマが流れる中展開されたルパン達の空中大逃走の場面にフジテレビの社屋と思わしきイメージのビルが・・・。お台場の町並みが美しく描かれていたが、社会風刺とでも言いましょうか、今年は色々と話題になりましたからね(苦笑)。エンディングは、セカンドシーズン中期に流れていた「ラヴ・スコール」のアレンジバージョン。声優陣が若返って原点回帰な演出も垣間見えた新作。はたして来年は、テレビシリーズ復活となるか否や。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]