忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746
2010年からスタートした『Hawaii Five-0』。早いもので本国では、シーズン4の放送が終了。オリジナルは、279回・12シーズンまで続きましたが、はたして今回のこのリメイクシリーズは、どこまで続くのか気になるところですね。ちなみに、オリジナルのシリーズは、日本でも放送されています。今ではちょっと考えられないがフジテレビの所謂「月9」と言われるゴールデンタイムの時間帯に放送されていました。フジの月9と言えば、1988年からドラマ枠となり、数多くの人気ドラマを輩出した枠ですが、80年代の前半は、欽ちゃんのバラエティ番組が放送されていました。その時の記憶が根強いのか、未だに月9と言うと欽ちゃんのイメージが浮かんでしまいます。『大空港』など70年代後半には、硬派なアクション刑事ドラマを放送していた時期もありましたが、海外ドラマも放送されていたんですね。


あの有名な『スパイ大作戦』もこの月9枠で放送されていた。『ハワイ5-0』は、スパイ大作戦のシーズン2が終了し、次のシーズンを放送するまでの間のつなぎとして2クール分(26回)が放送された。最近は、スカパーでも中々古い作品は見られなくなってきているのですが、放送素材が残っているのならぜひともオリジナルの日本語吹替え版も見てみたいものです。


さて、5月からAXNでシーズン4がスタートしていますが、年々制作費がアップしているのか、アクションがどんどんグレードアップしているように感じます。初回の「新たな疑惑」は、前のシリーズでようやく逮捕され刑務所に送られたウォー・ファットが接見室でマクギャレットと面会をする場面から始まります。人気密着ドキュメント番組「サバンナ・ウォーカーショー」のテレビカメラの前で、ファイブ・オーと激しい銃撃戦を展開し、逃走しようとして乗り込んだヘリを撃ち落とされて、半身を大やけどする重傷を負ってしまったウォー・ファット。やけどしたその痛々しい顔を見せながらマクギャレットと話している姿は、まさにホラーですねこれ。これから登場するごとにあの痛々しい姿を見ることになるのでしょうか・・・それにしても役者さん大変だな・・・。


その面会中に謎の武装グループが接見室を襲撃し、ウォー・ファットの命が狙われるが、スティーブが一人で集団を倒し、事無きを得る。生き残ったグループのメンバーの一人は、民族解放運動(NLM)のボス「エル・コンドル」の甥リカルド・コシーであることが判明する。武装グループは、次にファイブ・オーの本部も襲撃し、人質を取ってたてこもった。日本の『あぶない刑事』にも港署が襲撃されるエピソードがいくつかありましたが、あれを彷彿とさせる劇的展開でした。


人質に取られたキャサリンを救出すべく、スティーブは、グローバー隊長らが乗るSWATの護送車を襲い、武装グループのメンバーを逃がす。メンバー達は、ダニーの車(シルバーのカマロ)に乗って逃げるのですが、その後、チンの尾行に気づいたメンバー達は、激しい銃撃の末、なんと、シーズン1から使用されてきたファイブオーの専用車ともいうべきシルバーのカマロを爆弾で爆破してしまった。CGではなく、実車を本当に爆破してしまったのには驚いたが、この車、カッコ良くて結構好きな車だったのにもったいないなあ・・・と思っていたら、次の回の「カウボーイの使命」からなんと黒のカマロが登場する。


「コーナリングも最高。まさにドリームカーだ」と、ちょっとナイトライダーを意識したようなスティーブのセリフもあったが、そう言えば、ナイトライダーもシーズン4の初回でキットがジャガーノートと呼ばれる装甲車にボコボコに破壊されていたのをつい思い出してしまった。しかも、このエピソードには、『ナイトライダーネクスト』でマイク・トレーサーを演じたジャスティン・ブリューニングが元海軍のビリー・ハリントン役で出演していた。シーズン3の最終話にもちょこっとだけで出ていたけど、これから度々出てくるみたいですね。登場人物の役名にもマイケルとかカールとか出てくるし、意図的なのかはわからないが、最近のファイブオーには、ナイトライダーリスペクトを感じてしまう(苦笑)。


冒頭の武装グループの襲撃シーンから、クライマックスのカークラッシュとヘリの中での格闘など、息を飲むリアルアクションの連続で見応え十分の初回でした。過去のエピソードには、大胆にCGを取り入れたアクションも数多くあったが、この初回は、CGが一切見られなかった。向こうのアクションドラマは、また本来の姿に戻る傾向なのでしょうかね。そうなのであればとても嬉しい限り。やはりアクションドラマは、本物志向に限ります。


ファイブ・オーを離脱して、恋人のアダムと共に中国へ向かったコノの動向も気になります。森の中で密やかに暮らすコノ達の前に、突如銃を持った男達が現れ、二人は命を狙われますが、コノはやはり強いですね。アダムは、なんか一人で逃げるようなこと言ってるけど、コノがいなくなったらすぐにアウトになってしまいそうだこの人・・・。





拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]