忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576]  [575]  [574
昨年から続々とリリースされている石原プロモーションのテレビシリーズのDVD。大都会や西部警察をはじめ、石原プロが製作した様々なテレビドラマがようやくDVDで見られる時代がやってきました。大都会や西部警察は、CSで繰り返し放送されているのでご存知の方も多いでしょうが、CSでもお目にかかれない作品がまだまだたくさんあります。アクションドラマ好きとしてリスペクトしておきたいのは、やはり「ゴリラ警視庁捜査第8班」。西部警察の終了から5年後の1989年に石原プロが満を持して製作したアクションシリーズの集大成…となるはずでしたが、予期せぬアクシデントや視聴率の低迷によって中盤から人情ものへシフトし、路線変更の憂き目にさらされた悲運のアクションドラマでした。


初回は、台湾・フィリピンロケを敢行し、日本のアクションドラマ史上に残るジャングルアクションを展開し話題となりました。日本に舞台を戻してからも、西部警察と同様に地方ロケでは、派手なカーアクションや銃撃戦を繰り広げて、石原プロらしい迫力の映像が楽しめました。しかし、主演の渡哲也さんが早々撮影中に怪我をして一線から離脱したり、また、当時「はぐれ刑事純情派」などの人情もの路線の刑事ドラマがヒットし、アクションものは、低迷期に突入。当時は、トレンディドラマ全盛の時代で、刑事ものにもそういうものが求められた。あぶない刑事のヒットを受けて、ファッション性とおしゃれさをアピールした刑事ドラマがたくさん製作されたが、ゴリラもその流れを加味したハードアクションドラマとなったのです。


ゴリラが西部警察以上に人気が出なかったのは、いろいろと事情はありますが、個人的な見解としては、まず警察組織から独立した傭兵部隊と言う設定が重荷になりすぎたことと、やはり、西部警察と比べカーアクションの見せ場が減り、特殊車両の機能や特性があまり活かされなかったこと。そして、「ゴリラ」と言うタイトルもドラマが始まる前までは、いまいち解せなかったんですよね。当時は、シュワちゃんの映画のタイトルをそのまま拝借したのかなと思っていたのですが。もっと昔に千葉真一が主演した「ザ★ゴリラ7」と言うアクションものがあり、これも特殊チームの活躍を描いたドラマだったのですが、その流れを汲んだドラマなのかなとも勝手に思っておりました。


西部警察では、毎度大門軍団が軍隊以上の活躍を見せていましたが、ゴリラも初回は、警察の裏部隊と言う設定を見事に活かした壮大な作品になっていました。それ以降も、部隊設定を活かしたエピソードが続きましたが、やはり、一番印象に残ったのは、第5話の「ニトロトラック」。しかし、今回発売されたDVDには、収録されていませんでした。と言うか、初期のアクション路線のエピソードがほとんどラインナップされていなかったんですね。これは、ちょっと残念。久々にDVDで2話の「ファースト・ターゲット」と、4話の「ルパン・ザ・ポリス」を拝見したのですが、ルパン・ザ・ポリスのほうは、フィルムの保管状態が悪かったのか、縦筋ノイズみたいなのが所々入っていたのが気になった。舘さんが演じる元刑事の伊達と、仲村トオルさんが演じる伊達の後輩の刑事・中田透の二人が会話し出すと、もう完全にあぶ刑事(笑)。劇中では、何度もあぶ刑事のパロディっぽいセリフや演出がありましたね。ファースト・ターゲットで、透が伊達に対して「前よりもっとあぶなくなってきたな。もう人間じゃないな。だからゴリラっていうのか」とつぶやいていたが、思わず納得。なるほど、あぶないの上をいくのがゴリラ。このエピソードを見て、タイトルの意味がようやく理解できた(苦笑)。





golira01.jpg     golira02.jpg

さて、ゴリラと言えば、放映当時に2枚のサントラをリリースしていました。1枚目は、前期のOPとEDテーマ、初期のアクション路線の時期によく流れていたBGMを収録した10曲入りのCDと特殊車輌のデータを記載したミニブックつき。2枚目は、後期のOPテーマを含めた10曲と、ゴリラのメンバーが使用していた銃のデータを掲載したブックがついておりました。このサウンドトラックは、お気に入りでよく聴いていたのですが、引越し時に1枚目のCDがどこかに消えてしまって、今は、ジャケットだけが残っている状態に(涙)。あのさわやかな後期のOPテーマは、超電子バイオマンなどのヒーローものやアニメの作曲をされていた矢野立美さんが編曲を担当されていたんですね。5年ぐらい前にはじめて気づいたわ…(苦笑)。



golira03.jpg


golira04.jpg


 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
ゴリラ劇用車は今、こうしている?
ガースさん・こんばんは。

>ところで、ゴリラに使われたマシンは今どうなっているんでしょうか?
>≫ゴリラで使われた劇用車の三菱車のパトカーは、2004年に放送された「西部警察2004」で破壊用に使用されていましたが、特別仕様のスタリオンなどは、番組終了後一度も見かけませんでしたね。もしかしたら処分されて現存していないのかもしれませんが、もし残っているならそれらも含めて展示してもらいたいですね。

>「ゴリラ・警視庁捜査第8班」に登場した第8班の専用車ですが、石原プロモーション関連の車両のメンテナンスをしている会社に倉本さんのギャラン・伊達のスタリオン・風間のデボネア・竜のパジェロ・美奈子のエクリプスが保存されているそうですね。

自分も検索して「第8班の専用車が現存している」ことに驚きましたが、「刑事チェンの涙」で淳子と阿藤快さん演じる香港警察の刑事が乗ったミラージュがないのが残念に感じました。

>≫さて、ゴリラと言えば、放映当時に2枚のサントラをリリースしていました。1枚目は、前期のOPとEDテーマ、初期のアクション路線の時期によく流れていたBGMを収録した10曲入りのCDと特殊車輌のデータを記載したミニブックつきだった。

>「ゴリラ・警視庁捜査第8班」のサントラと言えば、本放送時にリリースされたサントラ盤と放送終了後に発売された「ゴリラ・警視庁捜査第8班ミュージックファイル」があるそうですね。

自分はブックオフでサントラ盤1とミュージックファイル版を買いましたが、ミュージックファイルはボーカル曲とは別にサブタイトル表示のテーマやゴリラの捜査活動に関連したBGMが収録されており本編をイメージしながら聞きました。

最後になりますが、2013年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
9人のコリない日本人 2013/12/30(Mon)22:48:11 編集
Re:ゴリラ劇用車は今、こうしている?
>ガースさん・こんばんは。
>
>「ゴリラ・警視庁捜査第8班」に登場した第8班の専用車ですが、石原プロモーション関連の車両のメンテナンスをしている会社に倉本さんのギャラン・伊達のスタリオン・風間のデボネア・竜のパジェロ・美奈子のエクリプスが保存されているそうですね。
現存しているんですね。情報ありがとうございました。ゴリラのメンバーが乗っていた車両はほぼ残っているということですね。機会があればぜひともそちらも展示してもらいたいですね。

>自分はブックオフでサントラ盤1とミュージックファイル版を買いましたが、ミュージックファイルはボーカル曲とは別にサブタイトル表示のテーマやゴリラの捜査活動に関連したBGMが収録されており本編をイメージしながら聞きました。
ゴリラは本放送終了後にミュージックファイルも発売していたんですね。とある情報によると、今年刑事貴族関連のミュージックファイルも発売予定らしいですが、本当なら、牧編で使用されたクールなBGMもようやく陽の目を見ることになるんですね。大変楽しみです。

>最後になりますが、2013年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
9人さんとはHPオープンしてから10年以上長きに渡り、いろんな方面で書き込みをして頂きまして、こちらこそお世話になっております。今年もよろしくお願い致します。
【2014/01/03 23:25】
9人のコリない日本人さんへ
ゴリラのマシン情報ありがとうございます。
西部警察のマシンと同じく現存しているんですね。
気になっていたのですがスッキリしました。
西部警察のマシン(スーパーZ、マシンRSー1・2・3、ガゼール、カタナ)は北海道の小樽の石原裕次郎記念館に展示されていますがゴリラのマシンはスペースに余裕がないので展示が出来ないんですよね。
あと、ゴリラ警視庁捜査第8班は石原裕次郎氏が亡くなった後の番組でしたが初回の放送では石原裕次郎氏の写真が出ているんですよね。
この人が亡くなっても石原プロがやっている番組は、やはりこの人は外せないですよね。
だめおやじ 2014/01/02(Thu)11:32:16 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]