忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[201]  [202]  [203]  [204]  [210]  [221]  [222]  [223]  [209]  [224]  [225
今年も残すところ数日となりました。この年末、お風邪をお引きになられた方がたくさんおられるようです。一層寒さが厳しくなってきておりますのでくれぐれもお体にお気をつけ下さい。

『秘密戦隊ゴレンジャー』を皮切りに1975年からスタートした戦隊シリーズも来年で33作目。様々なデザインで時代を彩ってきた戦隊シリーズ。ゴレンジャーから『バトルフィーバーJ』までは、仮面ライダーのようにマスクの目の部分が複眼だったり、バトルフィーバーのようにスーツの色使いが統一されていないものもあったり、今とはまた異なった個性的な部分があったが、『電子戦隊デンジマン』からマスクのゴーグル使用が始まり、それ以降、現在まで戦隊は、ゴーグルのマスクが伝統になっている。ゴーグル使用のマスクの中でも『未来戦隊タイムレンジャー』のカラーゴーグルは、斬新だったが、それ以降の戦隊には、受け継がれなかった。来年登場する『侍戦隊シンケンジャー』のレッドは、漢字の「火」をイメージしたマスクだが、見た目は、複眼のようにも見え、バトルジャパン以来の複眼戦隊レッドの復活とも言えそうです。

一昔前まで、戦隊シリーズ第一作目として数えられていたバトルフィーバーJが来年で誕生30周年。私が初めて見た戦隊…コサックの足払いキックをよく真似をしました(汗)。「バトルフィーバー」と言うネーミングが未だに強烈なインパクトがあります。前にも言ったが、そろそろ戦隊は、「レンジャー」ネームから脱却して、初期戦隊のようにもっと個性的なネーミングを考えてもらいたいものです。そう言えば、1979年は、戦隊シリーズに限らず、アニメ《ドラえもん(テレ朝ver)、ガンダム》、刑事ドラマ《西部警察》、金八先生などなど、テレビ史に名を残すシリーズが次々と誕生した時期だった。あれから30年…2009年のテレビは、どうなのでしょう。テレビ史に名を残すような画期的な作品が見られるのか?注目です。

と言う事で、今年のぼやきはここまで。この1年も私の他愛ないぼやきを読んで頂きましてありがとうこざいました。お時間がありましたらまた来年も引き続きよろしくお願い致します。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]