忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552

『エクスペンダブルス』の続編が公開中でございますが、スタローンにシュワちゃんにブルース・ウィリスにチャック・ノリスに…いやはやもう80年代アクション映画で育った年代には、夢のキャスティング実現といった感じでたまらんです。今回は、映画復帰したシュワちゃんもそこそこ活躍しているみたいだし、前作以上にアクションも期待できそう。スタローンとシュワちゃんと言えば、80年代を代表するアクションスターと言うイメージですが、その80年代もナツカシのとか、古き良きなんて言い方をされて幾分遠退いた時代になってしまいました。あの頃のアクション映画の素晴らしさを伝えるため我がHPを立ち上げたわけですが、うちもずいぶんと老舗になってしまった…。と言うわけで久しぶりにナツカシの劇用車をチョコと紹介いたします。




この車、覚えてますか・・・?
 

 

 dr.jpg  


エクスペンダブルスで話題のシルベスター・スタローンがロッキーで一躍スターに上り詰める前に出演した『デス・レース2000年』。その映画に出てくる「ザ・モンスター」と呼ばれる車。一時期流行した大陸横断カーレースものの一つですが、舞台は、近未来。ニューヨークがスタート地点でそこから5000km離れたロサンゼルスがゴールなんですが、早くゴールに辿りついた人が勝利するわけではなく、コース中にいる一般人をいかに多く轢き殺してポイントを上げるかが目的の言わば殺人レースなわけです。今だとこの内容にとんでもないと騒ぎ出す方もいるかもしれませんが、昔風に言えば、ファミコンゲーム感覚なレース映画なんですね。そして、この車は、デビッド・キャラダインが演じるフランケンシュタインが乗っていたデスカー。日本の特撮ヒーローものでありそうなデザインですね。牙が出ているところを見ると、思わずジャガーバルカンを思い浮かべてしまったり…。スタローンは、マシンガンジョーと呼ばれ、名前のごとくマシンガンを撃ち捲くっていた。ちなみにこの作品、数年前にリメイク映画が製作されています。エクスペンダブルスにも出演しているジェイソン・ステイサムが主演していました。

 


 

   
 

同じくスタローンがカートラッセルとコンビを組んで挑んだバディコップものの『デッド・フォール』に登場した4WD。120mmガトリング砲、ニトロオキシードを装備し、キットさながらに猛ジャンプして敵陣に突っ込んでいったスーパーマシーンです。それなりに活躍はしていましたが、あっという間に敵の包囲をくらって、最後は、無惨にジャンクされていましたね。ビバリーヒルズコップやリーサルウェポンの三番煎じを狙って作られたに違いないけど、残念なことにそれらのようにシリーズ化はされなかった。もっと見たかったんだけど…。




 
 

   
 

本当は、スタローンの映画で括りたかったが準備不足のため、最後は、日本のCMに出捲くっているトミー・リー・ジョーンズの若かりし頃の作品『ブラックライダー』に登場した「ブラックムーン」。水素エンジンにより、最高速度330マイル以上まで加速することが可能。四角張りの異様なデザインは、インパクトがあったが、トンネル内での猛ダッシュと、ラスト近くでキットのようにビルの高層階から隣のビルへとジャンプするぐらいの見せ場しかなく、サスペンス性は良いが、カーアクション的には、物足りない出来。原案は、ジョン・カーペンターが担当しているが、同じカーペンターのものなら『クリスティーン』のほうがハジけている。しかしながら、ターミネーターのリンダ・ハミルトンや、ロバート・ヴォーンも出ていたり、キャスティングは、地味ながら中々魅力的だった。



 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
デッドフォールの4WD
ガースさん・こんばんは。

>≫『デッド・フォール』に登場した4WD。120mmガトリング砲、ニトロオキシードを装備し、キットさながらに猛ジャンプして敵陣に突っ込んでいったスーパーマシーンです。それなりに活躍はしていましたが、あっという間に敵の包囲をくらって、最後は、無惨にジャンクされていましたね。

>「デッドフォール」の4WDは画像を見る限りでは、フォード・ブロンコあたりの4WDをベースにしているのでしょうね。

デッドフォールの武装4WDは「西部警察」などの特殊車輌を髣髴とした外装ですが、劇中でサイレンを鳴らして緊急走行するシーンが目に浮かびそうです。

>≫水素エンジンにより、最高速度330マイル以上まで加速することが可能。四角張りの異様なデザインは、インパクトがあったが、トンネル内での猛ダッシュと、ラスト近くでキットのようにビルの高層階から隣のビルへとジャンプするぐらいの見せ場しかなく、サスペンス性は良いが、カーアクション的には、物足りない出来。この映画の原案は、ジョン・カーペンターが担当しているが、同じカーペンターのものなら『クリスティーン』のほうがハジけている。

>「ブラックライダー」はジョン・カーペンターが原案でしたよね。ジョン・カーペンターと言うと、「遊星からの物体X」や「クリストファー・リーブの光る眼」を撮ったイメージが強いですが、こういうサスペンス映画にも参加しているとは驚きでしたね。

「ブラックライダー」といえば、クイントの足となる車でダッジ・デイトナやジープ・チェロキーが出ていましたが、ブラックムーンがテスト走行するシーンは「ナイトライダー」のオープニングを意識したような映像だったと思います。

9人のコリない日本人 2012/11/12(Mon)20:45:17 編集
Re:デッドフォールの4WD
>「デッドフォール」の4WDは画像を見る限りでは、フォード・ブロンコあたりの4WDをベースにしているのでしょうね。
情報ありがとうございます。あの写真だけでよく判別できましたね(汗)。3代目辺りのモデルでしょうかね。ライト付近のデザインがよく似ていますね。

>デッドフォールの武装4WDは「西部警察」などの特殊車輌を髣髴とした外装ですが、劇中でサイレンを鳴らして緊急走行するシーンが目に浮かびそうです。
西部警察にも神戸ロケの時に武装車らしきものが出てきましたが、あのまま放送がもう一年ぐらい続いていたら、4WDの特殊車が登場していたかもしれませんね。

>「ブラックライダー」といえば、クイントの足となる車でダッジ・デイトナやジープ・チェロキーが出ていましたが、ブラックムーンがテスト走行するシーンは「ナイトライダー」のオープニングを意識したような映像だったと思います。
あのシーンは、おそらくナイトライダーのオープニングと同じネバダの砂漠で撮影されたものだと思いますね。
【2012/12/05 00:32】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 26 27 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]