忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368

21世紀に入ってから戦隊とライダーの放送が固定化されていますが、その他の特撮作品と言えば、テレビ東京で、一時期深夜特撮やトミカヒーローシリーズ(去年久しぶりにチャンネル合わせてみたらトランスフォーマーの新シリーズのアニメに変わっていた…)などが放送されていた。1970年代の特撮全盛時代のような野心的で骨太な作品が乏しいのが気になる。スカパーで70年代の特撮を見ているが、「円盤戦争バンキッド」や「バトルホーク」や「恐竜戦隊コセイドン」などなど多種多様で、個性が強く癖があり、アクションも生身で躍動的で、爆破は実写で豪快な作品が多くてやはり面白い。レインボーマンや快傑ズバットのような一風変わった等身大ヒーローものもまた見てみたいものだ。

映画「猿の惑星」のヒットや、終末思想ブームなどに乗って製作された円谷作品『猿の軍団』もその中の一つ。原作は、「日本沈没」や「首都消失」などパニックものSF作家の重鎮・小松佐京氏。結構豪華な俳優さんが出演されています。大映ドラマの常連だった高橋昌也さん、昼ドラの「わが子よ…」シリーズや、「ヒントでピント」などのクイズ番組でもよく見かけた小林千登勢さん。猿役も、結構凄い人がやっています。キレンジャーの人(ゲバー署長・畠山麦)やバンリキ魔王の人(ビップ大統領・大前均)やコンドールマンのゴキブラーや刑事ドラマの犯人役でも有名なあの人(サボ副官・団巌)も…。でも、猿のメイクをしているから、見た目では誰だかさっぱりわからない(苦笑)。特撮好きの人なら声を聞けば一発でわかると思うのですが…(中には、声まで変えられてしまっている人もいますが…)。簡単なストーリーを申しますと、低温生化学研究所の科学者の泉和子と、榊次郎、ユリカの3人が突如発生した巨大地震によって、コールドスリープ装置の中に閉じ込められてしまい、猿に支配された未来の地球にタイムスリップしてしまう。そこは、ゴリラ派とチンパンジー派の対立が渦巻き、そして、人間が絶滅寸前の世界。3人は、「裸の猿」と呼ばれ、人間の言葉を話す猿達に追われる身に…。いかにして人類が滅亡に至ったのか、和子達がその謎を解き明かしていく。まだ4話ほどしか見てませんが、本家「猿の惑星」と匹敵するくらい、しっかりとした世界観が構築されていて、ぐぐんっと引き込まれる。終始漂う不気味さも良い。

37年前の作品とは思えないほど猿の特殊メイクがリアルで凄い。やはり、当時の円谷の特撮技術のレベルが半端ないです。顔の表情や目つきまで本当にチンパンジーやゴリラの生き写しのよう。主題歌を歌っているのは、子門真人氏。キカイダーや流星人間ゾーンのようなテンションの高い歌い方とは違って、ちょっと低いトーンで歌っているところが味わいがある。日曜の夜に放送されていたそうです。この頃の7時台のテレビと言えば、特撮やアニメがたくさん放送され、まさに子供の夢の時間帯。アナログ放送終了まであと半年ほどとなりましたが、デジタル放送になったら、またゴールデンタイムに特撮復活!・・・したらいいのにね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
猿の軍団
ガースさん、こんにちは。

>≫結構豪華な俳優さんが出演されており、。大映ドラマの常連だった高橋昌也さん、昼ドラの「わが子よ…」シリーズや、「ヒントでピント」などのクイズ番組でもよく見かけた小林千登勢さんが出ていました。猿役も、結構凄い人がやっています。キレンジャーの人(ゲバー署長・畠山麦)やバンリキ魔王の人(ビップ大統領・大前均)やコンドールマンのゴキブラーや刑事ドラマの犯人役でも有名なあの人(サボ副官・団巌)も…。

>「猿の軍団」と言えば、高木博士なる役で仲谷昇さん(自分の中では、武田鉄矢さんの「刑事物語」で、刑事課の課長を演じたのが印象に残っています)・ゴード(猿の世界に迷い込んだ主人公たちと行動を共にする生き残りの青年)の役で「スーパーロボット・レッドバロン~宇宙鉄面党編~」の三神博士を演じた潮哲也さんも出ているそうですね。

僕もCS放送の宣伝で「猿の軍団」の存在を知ったときは、「まるで和製『猿の惑星』だな~」と言う印象を感じましたが、本家「猿の惑星」と違った点の一つに“「猿の軍団」に登場する猿たちは自動車を移動手段にしている…”と言う設定に圧倒されました。

また、この「猿の軍団」は、「猿の軍団」は、円谷プロとTBSが制作し日曜の夜7時30分から放送されていたそうですが、本放送時は同じ時間に「宇宙戦艦ヤマト」(よみうりテレビ制作)・フジテレビの「世界名作劇場」(「アルプスの少女ハイジ」と「フランダースの犬」)が放送されていたそうで、「強力な番組のラインナップが時代があった」と言う印象を感じました。
9人のコリない日本人 2011/01/26(Wed)11:15:40 編集
毎日がアニ特
>「スーパーロボット・レッドバロン~宇宙鉄面党編~」の三神博士を演じた潮哲也さんも出ているそうですね。
ゴードは3話から登場しています。言われてみれば、確かにレッドバロンにも出演されていましたね。レッドバロンも何年か前に見たのに、すっかり記憶から抜けておりました(汗)。

>「猿の軍団」に登場する猿たちは自動車を移動手段にしている…”と言う設定に圧倒されました。
確かにごつい外車に乗っていますね(笑)。未来世界のはずなのに、なぜか車は、あの時代のもの…(苦笑)。自動車を運転する猿の姿を見ていると、なんだか妙な気分になります。

>「強力な番組のラインナップが時代があった」と言う印象を感じました。
あの頃の夜7時は、子供のための時間帯でした。 アニメと特撮が毎日当たり前のように放送されていた時代でしたね。土曜の夜8時台に特撮ヒーローものなんて、今では考えられない事ですが、また、ゴールデンで放送すれば良いし、猿の軍団みたいなSF的な特撮ドラマも見てみたいですよね。
ガース 2011/02/04(Fri)03:04:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]