忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371
007シリーズの初期から中期の作品の音楽を担当したイギリスの作曲家ジョン・バリー氏が死去されたそうです。モンティ・ノーマンが作曲した「007のテーマ」のアレンジや演奏などを手がけ、雄大でロマンス溢れる名曲を数多く生み出した。個人的に一番印象に残っているのは、『007/ゴールドフィンガー』『007は二度死ぬ』の「You Only Live Twice」と『女王陛下の007』のテーマ。「二度死ぬ」は、日本が舞台になったことでも有名な作品ですが、そう言えば、今噴火活動が活発になっている新燃岳は、火口内に作られたスペクターのロケット基地として描かれた場所だったそうです。あの頃の日本の風景は、異国情緒に満ちていて、今の日本とは全くの別世界と言った感じでしたが、考えてみればもう40年以上前の映画ですもんね…。一時期、もう一度日本を舞台にした007が製作されるような噂がありましたが、なぜか立ち消えになってしまいました。ボンドには、ぜひまた日本に来てもらって、国内に潜んでいるスパイ組織を豪快に壊滅してもらいたいものですが…(笑)。

007シリーズ以外にも、ダスティン・ホフマンの『真夜中のカーボーイ』やブールス・リーの『死亡遊戯』、シルベスター・スタローンの『スペシャリスト』、ブルース・ウィリスの『マーキュリー・ライジング』など、数々のスターたちの映画のテーマ曲を担当したジョン・バリー。そう言えば、最近スカパーで見たニック・ノルティとジャクリーン・ビセットが共演していた『ザ・ディープ』と言う深海サスペンスものの映画のテーマ曲もジョン・バリーの作曲だった。壮大な映像との一体感、華やかで美しい世界をよりゴージャスに演出してくれる素晴らしい音楽をたくさん堪能させて頂きました。


 

「You Only Live Twice」の美しい名曲で追悼…人生は2度あるかもしれない。
ジョン・バリーよ永遠に…

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
こんばんは お亡くなりになりましたか
映画音楽かなり担当されてますよね
「二度死ぬ」時代を感じさせますよね
今CMに確かこのときボンドガールだった浜美枝
さんが 出演されてるのが流れてますよね
ボンドが日本人漁師に 違和感ありありです
007には特に初期のものには東洋趣味取り入れられてますよね 敵側の下っ端兵士が東洋人だったりと 「ザディープ」懐かしいですね 007ロシアより愛をこめてで ボンドと死闘を演じたグランドことロバートショウ主演でしたよね
カズ 2011/02/08(Tue)20:29:12 編集
無理も通せば・・・
>ボンドが日本人漁師に 違和感ありありです
確かに(笑)。当時は誰も突っ込まなかったのでしょうかね。その設定には無理があると…。画的には不思議な光景でしたが、まぁ面白い場面ではありますね。

>敵側の下っ端兵士が東洋人だったりと
ゴールドフィンガーのオッド・ジョブ役のハロルド坂田とか、結構存在感ありましたよね。

>007ロシアより愛をこめてで ボンドと死闘を演じたグランドことロバートショウ主演でしたよね
沈没船の研究家の役で出ていました。そう言えば『ジョーズ』にも出演されていましたね。  
ガース 2011/02/14(Mon)03:12:47 編集
「キングコング対ゴジラ」と「007は二度死ぬ」
ガースさん・こんばんは。

>>「二度死ぬ」は、日本が舞台になったことでも有名な作品ですが、今噴火活動が活発になっている新燃岳は、火口内に作られたスペクターのロケット基地として描かれた場所だったそうです。

>「007は二度死ぬ」といえば、丹波哲郎さん
がタイガー田中役で登場し、日本でロケをした印象が強いですね。

この映画と言うと、丹波さん演じるタイガー田中が地下鉄丸の内線の電車にカモフラージュした基地を持っている設定やクラウン・トヨタ2000GTからなるトヨタ車が登場するシーンを思い出します。

また、ヒロイン役の浜さんと若林さんは「キングコング対ゴジラ」でも共演されていますが、浜さんが劇中「丸の内線の電車に乗っていたところをキングコングに捕まり、悲鳴を挙げる」シーンが強烈でした。

また、この映画では「コングが浜さんを手に国会議事堂によじ登る」描写がありますが、本家で「アンを手にエンパイアステートビルにコングが登る」シーンに通じる印象を感じました。
9人のコリない日本人 2012/02/21(Tue)19:41:07 編集
今度はスカイツリーだ!
>この映画では「コングが浜さんを手に国会議事堂によじ登る」描写がありますが、
そう言えば、かつてキングコングとゴジラが共演した映画があったんですよね(笑)。まだ未見なんですが、結構面白そうですね。この間スカパーでキングコング特集があって、歴代のキングコングの映画が放送されていたのですが、1976年版のキングコングは、今は亡きWTCビルによじ登るんですよね。もしまたキングコングとゴジラの映画があったら、コングは、間違いなくスカイツリーによじ登るでしょうね(笑)。
ガース 2012/03/03(Sat)12:21:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 7 9
10 11 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[12/07 oityan]
[12/05 コインチョコ]
[12/03  9人のコリない日本人]
[12/02 コインチョコ]
[11/28  9人のコリない日本人]
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]