忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904]  [903]  [902
マイケル・ナイト奇跡の復活か!?


ナイトライダーの映画化のニュースは、ここ10年ぐらい毎年のように聞いておりますが、テレビシリーズで復活した「ナイトライダーネクスト」の放送からまもなく8年・・・。ネクストの初回にも主人公の父親として、デビッド・ホフ演じるマイケル・ナイトが登場していましたが、今度は、そのマイケル・ナイトが主人公の新しいナイトライダーの製作が実現?するかもしれないと言う情報が飛び込んできました。





「KIGHT RIDER HEROES」なるタイトルで公開されたこの映像を見る限りでは、マイケルだけでなく、どうやら1982年型のトランザムをベースにしたあのナイト2000も復活!?するみたいです。はたして本当に実現するのか?大いに期待したいところですが、次なる情報を待ちたいと思います。



マイケルとナイト2000のまさかの復活にもびっくりしましたが、こちらのニュースにも驚きました。



NHK BSプレミアムにて「ナイトライダー シーズン1 ハイビジョンリマスター版」が放送開始!!

NHKの海外ドラマと言えば、ジェシカおばさんの事件簿や名探偵ポワロなどなど推理ドラマ作品ばかりを放送しているイメージが強かったのですが、NHKがアクション系のドラマを放送するなんて、いやはや時代は変わりましたよね(笑)。NHK BSプレミアムのこの放送枠では、以前にも「特攻野郎Aチーム」も放送していたそうなのでそれほど驚くことでもないようですが、でもやっぱり物凄く違和感を持ってしまう世代です(苦笑)。




FOXクラシックで放送中の「ナイトライダー シーズン1HD」は、いよいよ来週で最終回。そして、年明け一発目の1月6日の放送からシーズン2がスタートします。今回は、日本未放映エピソードの「偽札大量生産!平和な町にはびこる組織犯罪(A NICE INDECENT LITTLE TOWN)」と、「激突!キット対マイケル・悪魔の洗脳!奪われたナイト2000(CHARIOT OF GOLD)について。







偽札大量生産!平和な町にはびこる組織犯罪
A NICE INDECENT LITTLE TOWN


最も犯罪率の低い町として有名なアルパイン・クレストの町で、マイケルは、偽札ブローカーのオースティンを追跡していたが、オースティンが偽札をばら撒いて起こした交通渋滞のせいで取り逃がしてしまう。ナイト財団がアルパイン・クレストの町に特別賞を授与するそのスピーチ会場でマイケルは、ジョビーナ・ブルースという女性の新聞記者と出会う。ジョビーナの協力を得ながら、マイケルは、町に潜伏しているオースティンの行方を探し出そうとする。


マイケルとキットが一つの町を舞台に大暴れ!犯人の車を追跡中に見せる華麗な片輪走行や、狭い路地から大通りの道を飛び越える豪快なターボジャンプ、マーサおばさんがキットを運転し、追いかけてくるパトカーを巻いて、町をひたすら駆け抜けるなど、ナイト2000のワイルドなカーアクションがたくさん見られました。「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」でケイトリンを演じていたジーン・ブルース・スコットが女性新聞記者ジョビーナ・ブルース役でゲスト出演していたのも見所の一つ。リフトで車体を持ち上げられ身動きが取れなくなっているキットにジョビーナが話しかけるシーンがとても印象に残りました。


(紫色の)砂漠を走るナイト2000のエンディング映像が、このエピソードで初めて使用されました。以後、シーズン3までこのエンディングが定番になります。これまでのナレーションつきのエンディング(ナイト2000が広野の一本道を走り去っていく)も味わいがあって好きでしたが、やはり、この砂漠を走るナイト2000のほうがイメージにぴったりというか、あの映像でないと、ラストが締まりませんね(笑)。














激突!キット対マイケル・悪魔の洗脳!奪われたナイト2000
CHARIOT OF GOLD


古代インディアン文明の遺産が眠る「カントリー・ミュージアム・アーキロジカル」の発掘現場にやってきたマイケルは、そこで、ジープで暴走するリットン博士を発見する。マイケルは、リットンの車を止め、彼を病院に運ぶ。その夜、ナイト財団本部にヘリオス会会長のドゥビル教授が訪れる。重大な世界危機に対処する目的で作られたヘリオス会の会員になるには、卓抜された知性とより高度な思考能力が求められる。ドゥビルは、ヘリオス会の入会テストを受けたデボンとボニーにその審査結果を報告。ボニーが見事合格し、会員に迎い入れられることになったが・・・。


地上波放送時第18話として放送されたエピソード。ヘリオス会員の相次ぐ変死事件の全容を暴くため、マイケルがヘリオスの邸宅内部に侵入し、事件の謎を解明する。ボニーが洗脳されて犯罪者に利用され、キットもまたボニーの手によってプログラムを変更され、犯罪の道具にされてしまう。マイケルがボニーやキットに必死に語りかけて、正気を取り戻させようとする場面が印象的で、とても心を打つ名場面でした。地上波放送では、このエピソードがボニーの初登場回でしたが、初出にも関わらずいきなり敵の罠にはまり洗脳されるボニーの姿や、マイケルに襲いかかろうとするキットに、当時とても衝撃を受けましたね(苦笑)。


キットが正気を取り戻した後に見せる片輪走行やジャンプシーンも豪快だったが、やはり、このエピソードの最大のアクションと言えば、マイケルとショベルカーの激闘でしょう。大きな穴の下に落とされ、土をかぶって埋められそうになる→ショベルカーのバケットの上に乗り、何度も大きく揺さ振られながらも穴からの脱出に成功→スタークと格闘→迫ってくるスタークの車を避けるため、ダイブしてショベルカーのアームに捕まる・・・ヘリ、ジェット機と続いて、今度はショベルカーと対決し、見事に勝利したマイケル。マイケルがだんだんスーパーマンに見えてきた(笑)。



気になる吹替の新録部分。




①リットン博士を病院に運ぶ途中、マイケルがキットの血液分析装置(BLOOD ANALYZER)を使ってリットンの血圧を計るシーン。

②メモリアル病院の通路を歩きながらマイケルとデボンとドゥビルが話しているシーン。

③ボニーがヘリオス会の邸宅の中を案内されている時、アービンに話しかけられるシーン。

④ヘリオス会のダンス会場でアービンがマイケル、ボニー、デボンと会話するシーン。


③④はアービンが登場しているシーン。地上波の放送では、アービンは一切登場しなかった。






FOXクラシックの放送、今週は、「コンピュータ泥棒を追え!ナイト2000大追跡ジャンプ!!(NOBODY DOES IT BETTER)」。2015年も、ナイトライダーシーズン1の放送も残りあと僅か。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 13 14 15
17 18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]