忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907
「ラストスタンド」以降、俳優活動を完全復活させたアーノルド・シュワルツェネッガーの代表作と言えば、やはり、「ターミネーター」シリーズ。2002年の「ターミネーター3」以来、シュワちゃんが再びターミネーター役に復帰した「ターミネーター:新起動/ジェニシス」を拝見。



2029年、人類とスカイネット率いる殺人ロボット群との戦いは、ジョン・コナーをリーダーとする人類側が勝利した。スカイネットは、ジョンの存在を消すため、タイムマシンで1984年にターミネーターT-800を送り、ジョンの母親サラ・コナーを殺害する計画を実行する。人類側もまた、それを阻止すべくカイル・リースを1984年に送り込むが、そのタイムトラベルの瞬間、カイルは、ジョンが何者かに襲われるのを目撃する。

1984年に辿り着いた直後、カイルは、液体金属のターミネーターT-1000の襲撃に遭うが、勇ましい女戦士となっていたサラによって命を救われる。サラのそばには、中年の姿になったT-800がボディガード役としてついていた。サラは、幼少時にT-1000の襲撃に遭い、両親を失ったが、その時、未来からやってきたT-800に助けられた。サラは、T-800に教育を受けて育ち、カイルがやってくるのをずっと待ち続けていた・・・。




ターミネーターシリーズ第5弾。今回の映画は、1984年に公開された第1作の内容を覆すストーリーになっており、第1作で描かれたサラとカイルvsターミネーター(T-800)の戦いがリセットされている。サラは、幼少期に出会ったT-800と親子のような関係にあり、1984年に派遣されたT-800は、中年になったサラの守護者のT-800によってあっさりと倒され、未来からやってきたカイルは、女戦士となったサラと協力して、新型ターミネーターT-3000に立ち向かう・・・というこれまでのターミネーターシリーズの歴史を根元から塗り替える大胆なストーリーになっていました。


いかんせん、1作目の公開から30年以上が過ぎてしまったため、シュワちゃん演じるターミネーター(T-800)以外の登場人物は、当然ながら全員役者が代わっています。サラ役は、リンダ・ハミルトンからエミリア・クラーク、カイル役は、マイケル・ビーンからジェイ・コートニーに。T-1000役もロバート・パトリックからイ・ビョンホン。ジョン役は、「3」のニック・スタールは、微妙だったが、「4」のクリスチャン・ベールは良かったので、またベールに演じてもらいたかったが、今回は、ジェイソン・クラークと言う俳優が演じていた。


1984年に液体金属型のターミネーターT-1000が現れたり、若い頃のシュワちゃんの姿のT-800と、中年(現在のシュワちゃん)の姿のT-800がバトルしたり、導入部は、まさにセルフパロディで、懐かしさを感じさせる場面やユニークな展開が続いたが、それ以降のストーリーは、役者が変更されたことも相俟って、かなり複雑に感じた。タイトルに「新起動」とついているが、つまり、そういうことなのでしょう。見る側の頭の中も再起動して、これまで見てきたストーリーを全て記憶から抹消することができれば、わりとこの新作の内容も受け入れることができるのかも。でも、若い世代ならともかく、一作目からこのシリーズを見続けてきた長年のファンの一人としては、やはり違和感渦巻く内容でしたね。


「3」「4」はまだしも、「1」のサラとカイルの生死をかけた戦いも、「2」で描かれたサラとジョンのあの深い生き様も、全てなかったことにされ、ターミネーターって歳を取るんだ?とか、T-1000がなぜ韓国人になってしまったのか?とか、色々と製作側のご都合がモロに画面に出てしまっていたのが残念。アクションシーンは、新鮮味は薄いものの、テンポが良く迫力があり、歯をむき出しにしてぎこちなく笑う年老いたT-800の愛嬌ある姿や久々のアイルビーバックなど、シュワちゃんの演技も印象的だったので、それらは良しとしたいが、ジョン・コナーがスカイネットによってターミネーターT-3000に改造されてしまう展開は、やはり、頂けなかった。人類の希望を担っていたジョンがターミネーターに・・・ってこれでは、スターウォーズのアナキンが暗黒面に落ちてダースベイダーになるのとなんら変わらなくて、未来に希望も何もあったもんじゃない感じ(苦笑)で後味が悪い。


この作品、どうやら、3部作の第1作になるらしく、さらに続編が製作されるようですが、またシュワちゃんが出るなら見てしまうだろうなあ・・・。この映画で年老いたT-800もOKになったので、さらに年老いたシュワちゃんを見てみたい気もするが、しかし、これ以上の新展開ってありえるのだろうか。また別の時代にターミネーターを送って歴史を変えるんでしょうかね・・・。タイムマシーンで2、4、6、8時間後のドラえもんを連れてきてみんなで宿題に挑むドラえもんのような展開になりそうなターミネーターですが(苦笑)、次回作も期待しています。








拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]