忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911
TBSチャンネル2で放送中の「夜明けの刑事」は、現在70話台に突入。43話から登場した水谷豊演じる山本宏刑事が日の出署を去り、三代目の若手刑事の中村真吾刑事の初登場回が放送されたところ。時間の関係で残念ながらまだ全てのエピソードは見ることができていないのですが、今まで見た中で特に印象に残ったエピソードは、




13 サンタの乗っ取ったバス
16 ふるさとの学校の先生
40 恐怖の連続ピストル魔を追え!
59 恋人は殺人犯ではないわ!!
67 君は妻娘を殺されたらどうする!!


などなど。


「サンタの乗っ取ったバス」は、ジローさん刑事(鈴木刑事)が酔っ払いの労働者に変装し、ジャックされたバスに潜入して人質を救い出す話。昔の刑事ドラマの定番とも言うべきバスジャック回ですが、ジローさんの酔っ払いの演技が実に愉快で、ざっくばらんな楽しい雰囲気を醸し出しつつ、シリアスに事件を解決していくところが面白かった。

「恐怖の連続ピストル魔を追え!」は、ジローさん刑事がある射殺事件に使用された拳銃を地下鉄の車内ですられてしまい、その犯人探しに奔走する話。今では不可能であろう地下鉄でのロケが大胆に行われており、ラストも駅のプラットホームで事件を解決させるなど、終始路線を舞台にストーリーが展開していたのが印象的だった。この当時の刑事ドラマは、本物の電車内や駅を使って撮影している話が結構ありましたよね。「大都会PARTⅡ」の「トラック大爆走」の冒頭のシーンや、「特捜最前線」の「ナーンチャッテおじさんがいた!」も強く印象に残っています。





他にも色々ありますが、ここからは、簡単なストーリーつきで感想を述べます。




夢の新幹線殺人事件

南組組長の次男、圭一郎の妻・由子がマンションの浴室で殺される。変質者か痴情のもつれによる殺人と見て、日の出署は捜査を始める。本庁からやってきた船越警部(小池朝雄)は、高価な宝石が洗面台に置かれていたことや、玄関の鍵が開いていたことに疑問を抱く。トランペッターの野崎圭介(原田大二郎)という男を重要参考人として取り調べるが、野崎は、犯行時刻にアリバイがあると主張。鈴木と池原は、野崎の尾行を開始する。


豪華なゲスト陣に加えて、地方ロケ(山口県の秋吉台でロケ)もあるビッグなストーリー。注目は、ゲストの小池朝雄氏が「刑事コロンボ」を意識した船越警部役で登場しているところ。コロンボの声を担当していたことでも有名な小池氏が、よれよれのレインコートを着て頭を掻いたり、「うちのカミさんが・・・」のセリフなど、セルフパロディとも言えるコロンボそっくりのキャラを演じていたのが面白かったですね。その船越警部の言葉をヒントに事件が展開していくところや、物語の後半に登場する夏子役の山口百恵さんが秋吉台の山焼きの中を駆けずり回るなど、見所がたっぷりな内容でかなり楽しめました。






愛の終りに殺された女

新人の山本宏刑事は、殺人を目撃したという女・あゆみ(坂口良子)の言葉を信じて殺人現場の公園を調べ、砂場に埋められた全裸の女の死体を発見する。山本は、明日から働くことになっている勤務先の日の出署に向かい、死体のことを報告した後そのまま帰ろうとするが、相馬に引き止められ、一緒に捜査に立ち会うことになった。


水谷豊氏が演じる山本宏刑事の初登場回。のっけからジローさん刑事を食ってしまうほどの活躍ぶりを見せる山本刑事。山本が坂口良子演じるあゆみに惚れて、やや青春ドラマっぽい展開を見せたり、「好きな女のカタキを取るんだ!」と相馬に説得された後、若手刑事ならではの熱い暴走っぷりを見せるところなど、印象に残るシーンが数多くあった。アクションシーンでは、後の「刑事貴族2・3」の本城を思わせるような動きも見られたり、色々と興味深いエピソードでした。


石橋正次氏が演じた池原刑事は、熱血漢で時に反発しつつも、内心ではジローさん刑事を尊敬している面が見られたが、山本刑事は、池原よりも気性が荒く、真っ向からジローさん刑事のやり方に批判的で、ちょっと小生意気な感じにも見えましたね。オープニングのタイトルバックでは、朝陽をバッグに鈴木刑事と山本刑事が仲良く一緒に走っていますが、本編では、二人が活躍する場面よりも、相馬課長(石立鉄男)と山本のツーショットの場面のほうが多いような気がしました。


このエピソードでは、自分のミスで愛する女を失い、刑事を辞めようとしていた山本を相馬が激しく突き飛ばしたり、殴りつけるシーンが印象的でしたね。山本刑事退場回の「君は妻娘を殺されたらどうする!!」も、相馬が山本の身代わりになって犯人に撃たれてしまい、山本が孤独にその犯人を追う展開になっていて、ジローさん刑事とのコンビネーションはあまり見ることができなかったのが残念でしたね。





いずれまた全部のエピソードを見てから感想を述べようと思います。かなりのエピソードを見逃しているので、早くリピート放送をして欲しいですね。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[12/07 oityan]
[12/05 コインチョコ]
[12/03  9人のコリない日本人]
[12/02 コインチョコ]
[11/28  9人のコリない日本人]
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]