忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[351]  [352]  [354]  [353]  [356]  [96]  [355]  [359]  [361]  [358]  [357
『西部警察』と同じく、1979年の秋からTBS水曜夜8時に放送開始になった『噂の刑事トミーとマツ』。硬派で社会性のあるものや、ハードなアクションものが多かった当時の刑事ドラマにおいて、一際異色な存在感を放ったドラマでした。そう言えば、この作品も大映だったんですね。大映ドラマと言うと『ヤヌスの鏡』『スクールウォーズ』など少女漫画原作やスポ根、青春ものを思い浮かべがちなのですが、確かにこの独特のテンションの高い掛け合いは、大映しか出せない味。臆病者の刑事・岡野富夫(通称トミー)と暴れもの刑事・松山進(通称マツ)対照的な二人が織り成すコミカルな刑事アクションもの。マツがトミーに「トミコ!」と叫んだ途端、トミーは、耳をブルブル震わせて、パワフルな超人に変身。特撮ヒーローもののノリのように、キレのある派手な格闘を繰り広げ、悪党を次々と倒して行く。これが実に爽快。トミーの変身は、当時日本でも人気だった海外ドラマの『刑事スタスキー&ハッチ』や『超人ハルク』を意識して作られたそうです。

脇を固める役者さん達も大変豪華な顔ぶれ。相模管理官役は、大映ドラマシリーズ立役者・石立鉄男氏、御崎捜査課長に林隆三氏、高村部長刑事に井川比佐志氏などなど、今では考えられないくらい渋くて個性的なメンバーだった。この間久しぶりにスカパーで見たら、爆弾犯の要求で、トミーとマツが町の中で阿波踊りや裸踊りをやらされていた。この当時の刑事ドラマは、こう言うぶっ飛んだ設定が多いので好きです。トミーとマツの掛け合いは、言うまでもなく、二人を囲む個性的な刑事達のやりとりも面白かった。

けたたましい銃声から始まるオープニングテーマも然ることながら、真夜中に降りしきる雨の中、トミーとマツが傘の取り合いをしている印象的な映像にマツ役の松崎しげるさんが歌うパワフルでハートフルな「WONDERFUL MOMEN」が鳴り響くエンディングも心に染み渡る。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
好きでした
設定はとんでましたが 結構えげつなかったですよね
再放送してほしいです 今のドラマのように1クルー10話とかでなく 昔のドラマは
長かったですよね
カズ 2010/07/01(Thu)18:15:11 編集
無題
初コメント、どうもありがとうございます。
トミマツは、子供の頃は、夕方に再放送されていてよく見ていました。最近の地上波は、昔の(7、80年代の)刑事ドラマは全く放送しなくなってしまい寂しい限りですね。サンテレビの午前中の刑事ドラマ再放送枠も消滅してしまったし・・・。
ガース 2010/07/02(Fri)02:01:10 編集
無題
サンテレビ そういえばなくなりましたよね
あの再放送枠貴重ですよね
なかなか古い作品はお蔵入りで 見ることは不可能ですからね 画像も汚くて などの問題もあるのでしょうかね??
カズ 2010/07/02(Fri)05:30:54 編集
無題
理由は判然としないのですが、放映権とか地デジ化の関連もあるのかもしれませんね。あぶない刑事、ベイシティ刑事、刑事貴族、爆走!ドーベルマン刑事・・・もっと昔には、太陽にほえろ!なども放送していた老舗の刑ドラ再放送枠だっただけに、なんとも残念・・・。
ガース 2010/07/03(Sat)01:45:04 編集
無題
今テレビショッピングが流れてますね
サンテレビ テレビ大阪などは他局のヒット
作品をチャンネルを越えて放映という英断を
続けてほしかったです
カズ 2010/07/03(Sat)18:49:52 編集
無題
2時間もののサスペンスなどは、今でも古い作品を放送しているテレビ局がありますよね。サンテレビの再放送枠は、今はほとんど韓国ドラマになってしまいましたね。どれほど人気があるのかは定かではありませんが、せめて一つぐらい刑ドラの再放送枠を残してもらいたかったですね・・・。
ガース 2010/07/04(Sun)02:49:32 編集
無題
噂の刑事とミーと松 コメディータッチですが
えげつない描写が印象でしたね
国広富之さんもたまにドラマに出演されて
活躍されていますよね
こういう作品はまず出てこないですよね
カズ 2010/07/05(Mon)22:46:57 編集
無題
阿波おどりのシーン 覚えています
松崎しげる なぜかふんどしなんですよね
トミー ブリーフで脱ぐのためらう・・・・・という設定でしたね
カズ 2010/07/05(Mon)22:49:25 編集
無題
国広さんと松崎さんのコンビ、息がぴったりで絶妙でしたね。国広さんは、当時大映ドラマの方でもご活躍されていましたね。「ポニーテールはふり向かない」と言うドラマで、松崎さんがステージハウスのオーナー役、国広さんが落ちぶれたサックス奏者の役で、お二人が再び共演されていました。
ガース 2010/07/07(Wed)03:29:04 編集
無題
国広さんもいろんな作品に登場されていますよね
若々しいです
カズ 2010/07/07(Wed)18:31:20 編集
無題
最近はテレビショッピングなどでお見かけしましたね。地上波のドラマには出演されているのでしょうか・・・。
ガース 2010/07/09(Fri)02:25:28 編集
大映ドラマ×日本サンライズ
ガースさん・こんにちは。

>≫トミマツの脇を固める役者さん達も大変豪華な顔ぶれ。相模管理官役は、大映ドラマシリーズ立役者・石立鉄男氏、御崎捜査課長に林隆三氏、高村部長刑事に井川比佐志氏などなど、今では考えられないくらい渋くて個性的なメンバーだった。

>「噂の刑事トミーとマツ」といえば、(関連サイトで知りましたが)片桐警部補役で清水章吾さん・第1期のみ登場するトミーのお姉さん役で志穂美悦子さんが出ていたそうですが、トミーとマツの同僚で「スペクトルマン」の成川哲夫さんと声優の神山卓三さんが出ていたそうですね。

自分は小1の頃だったかに再放送があったのを通じて知りましたが、機会があればファミ劇でトミマツを全話見てみたいです。

トミマツといえば、アクション監督をJACの金田治さんが担当したり、オープニングに流れるアニメーション(トミー・マツの似顔絵か?)を日本サンライズが手がけていたそうですが、当時のサンライズは機動戦士ガンダムを手がけていたのでは?と思いました。
9人のコリない日本人 2012/09/28(Fri)15:24:34 編集
Re:大映ドラマ×日本サンライズ
>声優の神山卓三さんが出ていたそうですね。
神山さんと言えば怪物君の狼男の声でも有名でしたが、同時期に俳優としてトミマツに出演されていましたね。カートラッセルやメル・ギブソンの声などを担当している安原義人さんも同様にジャングルに刑事役で出演していたことをふと思い出しました(笑)。

>トミマツといえば、アクション監督をJACの金田治さんが担当したり、オープニングに流れるアニメーション(トミー・マツの似顔絵か?)を日本サンライズが手がけていたそうですが、当時のサンライズは機動戦士ガンダムを手がけていたのでは?と思いました。
あの絵はサンライズが担当したんですね。金田さんは、今年復活したギャバンの劇場版の監督を担当されていますが、また、刑事ドラマのほうでも手腕を発揮してもらいたいですね。
【2012/10/28 13:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]