忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[546]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535

思い出すと80年代って、子役をメインにした冒険ものやアクション映画がたくさんありましたよね。『グーニーズ』に『スタンド・バイ・ミー』に、日本でも80年代に大ブームになったキョンシー映画。代表的なものと言えば、やはり『霊幻道士』を思い浮かべますが、これを筆頭に様々な亜流作品が生み出され、その中でも絶大な人気を誇ったのが台湾製作の『幽幻道士』シリーズ。子供ながらにしてキョンシー退治の法術に長けるテンテン(恬恬)とキョンシーに愛する親方を殺された4人組の孤児達が繰り広げる痛快活劇。テンテンの可愛さやキョンシー達のコミカルなキャラクターによって大ヒットし、映画が4本作られた後に、テンテンを主人公にしたテレビシリーズ『来来!キョンシーズ』も制作され、TBSがゴールデンタイムに放送していた。


テンテンを演じたリュウ・ツーイーは、8~10歳にかけて、このテンテンと言うキャラクターを演じ、シリーズが終わった後、しばらくの間日本で活躍していました。テンテン本当に可愛かったね…。ていうかあの年齢にしてあの大人びた美貌は、驚異的でしたよ。後から知ったことですが、4人組の孤児達の一人でスイカ頭と呼ばれていた男の子、実は、リュウ・ツーイーのお兄さんだったんですね。当時は、兄妹共演をしていたなんて全く知る由もなかったわ…。

 


『幽幻道士2』でキョンシー化してしまうスイカ頭(左から3人目)



その幽幻道士シリーズがTBSチャンネルで放送されていたので、久々にチェック。他に素材が存在しないのか、詳しいことはよくわからないが字幕つきの日本語吹替え版と言う極めて珍しい形式での放送だった。いやはや懐かしい。やはり、大ヒットした作品だけあって、今見てもアクションのテンポが良く、親方キョンシーと戦う子役達の動きも素晴らしい。そして、日本語吹替え版の出来も上々。当時、アニメでも子供の吹替えをたくさんやっていた坂本千夏さんがチビクロを担当している。当時は、田中真弓さんと区別がつかなかったですよ(笑)。デブ署長は、内海賢二さん。当時、エアーウルフでデビッド・ヘミングスが演じるモフェットの声も演じられていましたが、モフェットとデブ署長とのあまりのギャップにぶったまげた。


熱狂的なキョンシーブームとテンテンの人気に目をつけたのが、やはり、当時の日本のテレビ業界。80年代、最強かつ怖いもの知らずだった日本のテレビ業界がこの人気をほっとくわけがない。と言うことで、TBSが出資して台湾で製作されたのが『来来!キョンシーズ』と言うテレビシリーズ。当時、地上波では、海外ドラマの放送が多く、人気のあるものは半年から1年ぐらいかけて放送されるのが普通だったが、キョンシーズは、全10回と物凄く少なかった。でも、なんてたってゴールデンタイムで放送されていたし、それなりの成功はおさめていたのではないだろうか。きっとアイリスよりは、成功したに違いない(笑)。その来来!キョンシーズもこのお盆に(8/14・15深夜)TBSチャンネルで一挙放送されます。


 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]