忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532

今年で生誕50周年を迎える007シリーズ。年末には、新作『007 スカイフォール』が公開されるそうですが、現在『IMAGICA BS』では、シリーズ全22作の字幕版と吹替版が放送中。IMAGICA BSと言えば、以前は、シネフィル・イマジカと言う名前で主に字幕で名作映画を放送していたチャンネルなんですが、名前が変更されて、語尾に「BS」などとついていますが、一応、CSのスカパーでも見ることができます。


今回の放送では、字幕版と共に吹替版も放送されると言うことで、さっそく見てみたのですが、吹替版は、テレビ版のものではなく、DVDに収録された新録バージョンだったので少々がっくり。リビング・デイライツのティモシー・ダルトンの声は、大塚芳忠氏が担当されていたが、4代目ボンドのティモシー・ダルトンの場合は、フィックスの声優は定着していなかったので、新しい人がやってもそれほど違和感を感じない。6代目ボンドのダニエル・クレイグは、DVDでは、今のところ小杉十郎太氏が担当しているが、まだ定着した印象はない。やはり、はずせないのは、初代のショーン・コネリー=若山弦蔵氏と歴代ボンド役の中でもっとも出演作が多かった3代目ボンドのロジャー・ムーア=広川太一郎。このお二方は、最近制作されたDVDの新録版でもボンドを担当されているようで、とくに亡くなられる前の広川太一郎さんの新録ボンドの声は、大変貴重です。


しかし、やはりテレビ版のほうも見てみたい。とくに、たった一本しか出演していない2代目ボンドのジョージ・レイゼンビーが主演する『女王陛下の007』のテレビ版の吹替えは、3代目ボンドの広川太一郎氏が担当されていた。一度だけ地上波の深夜映画枠で見たことがあるが、ムーアほどではないにしろ、ごつくて甘いイメージのレイゼンビー=ボンドの雰囲気に合っていたと思う。IMAGICA BSで見た新録バージョンでは、クレイグと同じく小杉十郎太氏が担当されていたが、印象的には、それほど悪くなかった。スペクターの首領ブロフェルドを演じているテリー・サバラスの声は、麦人氏で雰囲気は良かったが、やはり、『刑事コジャック』でも御馴染みだったテリー・サバラスと言えば、森山周一郎氏のイメージが強い。


現在開催中のロンドン・オリンピックでは、現ボンドのクレイグがエリザベス女王とヘリコプターに乗り込んで、スタジアムの上空からスカイダイビングし闇に消える映像が流された後、エリザベス女王がスタジアムの席に登場すると言う演出がなされていた。つまり『女王陛下と007』って言いたかったのであろうか…。


 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
天声人語と007
ガースさん・こんばんは。

>≫現在開催中のロンドン・オリンピックでは、現ボンドのクレイグがエリザベス女王とヘリコプターに乗り込んで、スタジアムの上空からスカイダイビングし闇に消える映像が流された後、エリザベス女王がスタジアムの席に登場すると言う演出がなされていた。つまり『女王陛下と007』って言いたかったのであろうか…。

>そういえば、「ロンドンオリンピックの開会式に007が登場!?」と一時期話題になりましたね。

自分もTBSの「ひるおび」の「ひるトク」で「ロンドン五輪に007が登場する?」と言うコーナーを見たときは、「あぁ007もイギリス生まれのヒーローなんだな」と言うことを感じました。

ところで、今日の朝日新聞の天声人語は「ドクターノオ」がイギリス本国で公開されてから50年目にちなんだコラムが掲載されており、「007シリーズも公開から半世紀たち、ジェームズ・ボンド役もショーン・コネリーから6人の色男が繋いできた。仕事は違えど、007は『洋画界の寅さん』である」と言う文には「寅さんは48作続いているが、007はその倍も続いている」と言う印象を感じました。

そういえば、ジョージ・レーゼンビーは「女王陛下の007」のみ2代目ジェームズ・ボンドを演じていましたが、もしジョージが2代目ボンドを襲名していたら007の作品は変わったのか?と思いました。
9人のコリない日本人 2012/10/05(Fri)21:44:16 編集
Re:天声人語と007
>ところで、今日の朝日新聞の天声人語は「ドクターノオ」がイギリス本国で公開されてから50年目にちなんだコラムが掲載されており、「007シリーズも公開から半世紀たち、ジェームズ・ボンド役もショーン・コネリーから6人の色男が繋いできた。仕事は違えど、007は『洋画界の寅さん』である」と言う文には「寅さんは48作続いているが、007はその倍も続いている」と言う印象を感じました。
寅さんは、約25年間で48作品作られましたが、007は、半世紀経って今年公開されるスカイフォールを含めてもまだ23作。うーん。まだ寅さんの半分にも満たない。1年に1回は見たいものですね(苦笑)。

>そういえば、ジョージ・レーゼンビーは「女王陛下の007」のみ2代目ジェームズ・ボンドを演じていましたが、もしジョージが2代目ボンドを襲名していたら007の作品は変わったのか?と思いました。
レーゼンビーのボンド役は、確かにもっと見たかったですね。花嫁を失った悲劇のヒーロー・ボンドのその後を見てみたかった。
【2012/10/28 13:40】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]