忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877
懐かしの海外ドラマを放送中のFOXクラシック。最近レコーダーの容量がだんだん限界値に近づいておりますが(苦笑)、リアタイで見ていたナイトライダーやマクガイバー、Xファイルはもちろんのこと、もう一つ気になっているのが「かわいい魔女ジニー」


かわいい魔女ジニーは、アメリカのNBCで1965年から70年まで5シーズンに渡り放送されたコメディ番組。アラビア風の出で立ちをした魔女のジニーがNASAの宇宙飛行士・トニーによって2000年ぶりに閉じ込められていた壺から解放され、トニーを「殿」と呼び、彼を喜ばせるために魔法を使うが、それにより様々な騒動を巻き起こす。同時期に放送されていた「奥さまは魔女」と人気を二分した作品で、日本では、NET(現・テレビ朝日)の系列局の毎日放送が製作し放送していたそうです。


「奥さまは魔女」は、主人公の魔女・サマンサは最初から人間の世界に溶け込み、人間の男性(ダーリン)と結婚して夫婦生活をしているので、サマンサは見た目普通の主婦の姿をしているのに対し、ジニーは、普段は魔法使いの格好をしていて、独身のトニーをご主人様と崇めて、トニーの家に住み着いてしまう。どちらもホームコメディなので、見比べるとそんなに大差はないのですが、やはり、ジニーのほうがいかにも魔女ドラマの主人公という雰囲気がありますね。奥さまは魔女のほうは、ダーリンにいたずらをするサマンサの母親・エンドラの存在も大きかったが、ジニーのほうには、それに相当するキャラクターはいないので、騒動の原因を作るのはいつもジニーになってしまうのですが、ジニーがキュートなので何をしても許せてしまう(笑)。両腕を前に組んで、首をちょんと縦に振る魔法のポーズも良いですね。ジニーを見ているとなぜだか日本のアニメ「ハクション大魔王」のアクビちゃんを思い出してしまいます。



ジニー役のバーバラ・イーデンは、他の作品では一度も見たことがないのですが、映画のほうでももっと活躍して欲しかったですね。そのイーデンさん、2年前に行われたとあるイベントで再びジニーの衣装を身にまといステージに立ったそうです。当時78歳でありながら、相変わらずのキュートさ。あの魔法のポーズでクリントン元大統領やエルトン・ジョンなど大物達を呼び出すという演出をやったみたいですが、いくつになってもあの格好とポーズが似合うのは、やはりイーデンさんしかいないんでしょうね。吹替版のジニーの声を、「チャーリーズ・エンジェル」でジル・マンロー(ファラ・フォーセット)の声を演じた中村晃子さんが担当しているところも興味深いです。


トニー役のラリー・ハグマンは、残念ながら3年前に81歳で亡くなりましたが、ちょうど半世紀のドラマだからこのドラマ出演時は30代半ば。この時は、いかにもナイスガイって感じでカッコいいですね。後に「ダラス」というドラマに主演し、強烈な悪役を演じたことでも有名な俳優さんでした。トニーの声は、「大都会PARTⅡ」で二代目課長の武井役を演じていた小山田宗徳さんが担当しています。



FOXクラシックでは、早くもシーズン2に突入しています。シーズン2からオープニングテーマと、全編アニメーションのオープニング映像も新しくなっていますが、アラビア風のダンスを踊ってるアニメのジニーが印象的です。テーマ曲もシーズン1、2それぞれ1960年代の大らかかつ和やかな味わいがあって好きですね。




シーズン1









シーズン2






そう言えば、シーズン2の「税金さんこんにちは」と言うエピソードに、ポール・リンドが税務署員のハリー役でゲスト出演していた。ポール・リンドと言えば、「奥さまは魔女」にサマンサの叔父・アーサーおじさん役でレギュラー出演していましたね。その他にもアメリカでは、数多くの番組に出演していた人気者で、自分の名前をタイトルにした「Paul Lynde Show」なる番組も持っていたそうですが、1982年に55歳の若さで他界しています。つまらないジョークを吐いては一人でウケまくっている姿がとても印象的だったアーサーおじさん役はまさに彼のハマリ役。吹替版の声もとてもマッチしていて、アーサーが出てくる回は、とくに面白かったですね。このエピソードでは、ジニーが魔法で余計な贈答品を出してしまい、それを必死に誤魔化そうとするトニーにしつこく迫る税務署員を演じていました。吹替版の声は、穂積隆信さんだったので、アーサーとは随分印象が違っていましたが、持ち前のあの笑顔が実に良い。






拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]