忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928
FOXクラシックで2月からスタートした「白バイ野郎ジョン&パンチ シーズン2」。ディスコ調にリニューアルされたオープニングテーマはリズム感が良く、アクションはさらに派手になり、ますますパワーアップして面白くなっています。もちろん、ジョンとパンチのコンビネーションも絶好調。初回の「パトカー直撃銃弾の嵐」では、当時ヒットした映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタのごとく、パンチが華やかなダンスを披露していたのが印象的でした。6話まで拝見しましたが、他にも面白いエピソードがたくさんありましたね。






塩素ガス輸送作戦

The Volunteers


ジョンとパンチたちが追っていた強盗犯の車が化学薬品倉庫に逃げ込み、そこで激しく衝突し炎上した。近くには、危険な塩素ガスを満載したタンカートラックが複数台止まっており、爆発する恐れがあるため、ジョンとパンチ、そしてジェーンの3人がタンカー輸送の警護にあたることになった。200km先にある工場に向かって、タンカーの車列は走り始めるが、まもなく、その進路で大事故が発生し、タンカーの車列は、足止めを食らう。


まさにジョン&パンチ版「恐怖の報酬」と言う感じのエピソードで、パニック映画さながらの迫力のあるシーンが数多く見られた。冒頭から強盗犯の車とジョン&パンチの派手なカーチェイスが展開し、化学薬品倉庫で車が横転し、大きな炎をあげて大爆発する。危険な塩素ガスを積んだタンカーの車列が進む先で大事故が起こり、囚人を捕まえたり、檻から逃げ出して、マーケットに入り込んだトラの捕獲にあたるなど、ジョン&パンチが様々なトラブルを解決していくところが面白い。パンチが店の売り出し中の生肉を放り投げてトラを誘い出し、見事トラを檻に戻すことに成功するが、ステーキ用のロースを使ったために、店主に叱られてしまうところは、ちょっと理不尽でかわいそうでしたね(苦笑)。


さらに、他の町の警察と市会議員に進路妨害されたり、落石で道が塞がれ、落ちてきた岩石がロビーのトラックのバルブに当たって塩素ガスが漏れ出すなど、幾度となくトラブルが続出し、ジョン&パンチが忙しなく対応に当たる姿がとても印象に残った。最後は、怪我したロビーの代わりにジョンがタンカーを運転し、まさに白バイならぬ、「トラック野郎ジョン&パンチ」になっていましたね(笑)。






愛の手錠

Family Crisis


渋滞の処理中に、ジョンは偶然にも甥のウェス・ミラーと出会う。ウェスは、友人を車に乗せ高校に向かう途中だったが、ジョンは、ウェスが高級車を運転していることに疑問を持つ。パトロール中に、窃盗犯の男を目撃したジョンとパンチは、バイクで逃走した男を追跡するが、そこへ突然、女が乗るバイクがあらわれる。女は、ハイウェイパトロール・ロサンゼルス本部のパトカー要員、シンディ・ケーヒルだった。シンディは白バイ警官に憧れていて、自分のバイクで窃盗犯を捕まえようとしたのだが・・・。


シーズン2の新レギュラーのシンディ・ケーヒル(ブリアン・リーリィ)が初登場するエピソードでもありますが、なんといっても今回の注目は、スパイアクション映画撮影用に作られた特殊な黒いスーパーカーがダイヤ強盗に利用されてしまうところ。スーパーカーのボディは、特別に頑丈に作られていて、機関銃(音だけ)、火炎放射器、煙幕装置、オイル噴射装置などを装備。ベースは、おそらくコルベットC3で、ボディには黄色と緑のラインが描かれおり、ボディの後部も大胆にカスタムされていました。



  



シンディのパトカーとのカーチェイス時に、スーパーカーがボタンを押して煙幕を出し、さらにオイルをばら撒くシーンが見られますが、黒のスーパーカーであるところや、古いコンテナから発進したり、ラストにはシートイジェクト(座席射出)するなど、カーアクションの部分だけは、ナイトライダーのように見えた(苦笑)。とは言っても、このエピソードが放送されたのは、1978年なので、ナイトライダーよりもずっと前なのですが。街の中を豪快に突っ走り、鮮やかにターンをきめるスーパーカーがカッコ良く、ジョンとパンチ、そしてギトレア部長の白バイが連携してスーパーカーを追いつめるクライマックスのアクションシーンも見応えがありました。ジョンの「犯人は高飛びしました」というセリフには思わず大笑いしましたね。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]