忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[85]  [406]  [407]  [408]  [409]  [410]  [109]  [411]  [412]  [413]  [414
blue.jpg

夏真っ盛り皆さんいかがお過ごしでしょうか。DVD化が待ち遠しい『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』ですが、エアーウルフの放送が開始された1984年には、忘れてはならないもう一つの戦闘ヘリ・テレビムービーが放送されていました。そう、『ブルーサンダー』です。しかも、この2作品、放送時間まで同じで、<エアーウルフ=CBSテレビ、ブルーサンダー=ABCテレビ>激しく視聴率を競った結果、『エアーウルフ』に軍配が上がり、『ブルーサンダー』は、わすが11本のエピソードが製作されただけで終了してしまいました。同時刻なんかにぶつけず、互いに別の時間帯に放送していたら、ブルーサンダーも制作が続いていたかもしれませんね。

エアーウルフは、マッハ1の超音速で飛ぶ事ができ、敵の包囲網を潜り抜けながら世界中を飛び回り、戦闘シーンも大きな魅力でした。対するブルーサンダーは、なんと言ってもロサンゼルス上空での派手な戦闘シーンが凄かった。最高速度は320km、6砲身ガトリング型20mmエレクトリックキャノン砲を装備し、他にも様々なシステムが搭載されていましたが、中でも頻繁に使われていたのは、エンジン音をかき消すウイスパーモード。これは、『エアーウルフ』でも第4シーズンに当たる日本タイトル『新エアーウルフ復讐編』で同じくウイスパーモードの名称で装備されていました。この作品の影響だったのでしょうかねぇ…。

そのブルーサンダーですが、先月、特典としてテレビシリーズの第1話、2話のエピソードを収録した2枚組のDVD『ブルーサンダー・アルティメットコレクション』が発売されました。映画、テレビシリーズ共に日本語吹替えが収録され、テレビシリーズのほうは、テレビ放送時の日本語吹替えが収録されています。できれば、映画のほうも日曜洋画劇場バージョンのほうを収録してもらいたかったなぁ(汗)・・・。そして、当方の『ブルーサンダー』ページでは、ギャラリーページを設置し、タイガー・キャブさんから提供して頂いた1/32プラモ・ブルーサンダーの画像を公開しました。ぜひご覧ください。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]