忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443

seibu08.jpg


西部署の2代目捜査係長・佐川勘一役を演じた高城淳一さんがお亡くなりになりました。リアルタイムで見ていた時は、初代の二宮係長よりも鼻高々で嫌味のきつい上司と言うイメージで、どちらかと言えば、初代よりも印象が薄かった。と言うのも佐川係長単独のエピソードが少なかったのと、初代と同じく地方ロケで全く顔を見せなかった(二宮係長時代よりも地方ロケのエピソードの数が多かったにも関わらず)のも印象が薄い原因の一つです。唯一の佐川係長単独のエピソードだったPARTⅡの「傷だらけの天使」は、麻薬組織に脅迫されている若い看護婦を救おうと佐川係長が孤軍奮闘する話だったが、当時、人気アイドル真っ只中でありながら、ヘロイン中毒になり禁断症状に陥る看護婦を熱演した松本伊代さんの迫真の演技のほうに目が行き、肝心の佐川係長の見せ場が少なく感じた。しかし、大門軍団を罵りながらも、さりげなく味方をして存在感を見せる佐川係長がとても印象的でした。

西部警察の前身に当たる『大都会PARTⅢ』では、加川課長を演じらていました。この番組は、残念ながらリアルタイムで視聴できなかったのですが、最近ようやくスカパーで全エピソード視聴することができた。渡さん演じる黒岩に嫌味を言いまくる上司で、まさに佐川係長の原型とも言うべきキャラでした。加川課長のほうが少し怒りっぽくて、嫌味がストレートなタイプ。佐川係長は、緩めにぼそっと言うタイプ。

石原プロ作品以外でも刑事役を数多く演じられていた高城さん。『俺たちの勲章』「重い拳銃」では、草津警察の捜査課長・村田役で出演。酒屋で草津節を陽気に歌っている姿が印象的でした。『あぶない刑事』「独断」では、神奈川県警察本部の原熊役。近藤課長のデスクを陣取ってラーメンをすすったり、近藤課長=狸と熊のぎすぎすしたやりとりが印象に残っています。日本の貴重な名バイプレーヤーがまた一人…。高城さんのご冥福をお祈りいたします。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
「君は役者になれ」
ガースさん、おはようございます。

>≫『あぶない刑事』の「独断」では、神奈川県警察本部の原熊役だった高城さん、近藤課長のデスクを陣取ってラーメンをすすったり、近藤課長=狸と熊のぎすぎすしたやりとりが印象に残っていますね。

>高城淳一さんといえば、「あぶない刑事」の「独断」でも刑事役を演じていましたが、原熊さんが近藤課長の席に陣取って「長谷川の自首」を待つ・・・なシーンがありましたよね。

あの話は「チンピラに襲われ、3人揃って手錠で繋がれたタカ・長谷川・勇次」の展開で、「俺たちてんぷくトリオじゃねェぞ!」と叫ぶ勇次のシーンもあったと思いますが、終盤で原熊さんが長谷川と一夜をともにした少女と「事件当夜にいた男」を面通し
させるシーンに「面通しさせる部屋」が港署の署内にあったことにも意外な印象を感じました。

刑事役以外の高城さんでは、「特命刑事」の「逃亡地帯」に登場する小松原(007のプロフェルドよろしく自宅で猫を抱くシーンがあったと思います)
役を演じていたのも印象深かったです。

高城さんと言えば、野沢那智さんがインタビューで“高城さんの劇団に演出家志望で入団したら、高城さんに「君は役者になれ」と言われたエピソード"を語っていますが、野沢さんが声優を続けることができたのは、高城さんの「君は役者になりなさい」と言う一言があったからかな?と思いました。
9人のコリない日本人 2012/08/26(Sun)09:40:27 編集
Re:「君は役者になれ」
>あの話は「チンピラに襲われ、3人揃って手錠で繋がれたタカ・長谷川・勇次」の展開で、「俺たちてんぷくトリオじゃねェぞ!」と叫ぶ勇次のシーンもあったと思いますが、
今となっては貴重なスリーショットですよね。90年代には、竹内力主演のアクション刑事ドラマシリーズがテレビで見られると期待したこともありましたが…(笑)。

>刑事役以外の高城さんでは、「特命刑事」の「逃亡地帯」に登場する小松原(007のプロフェルドよろしく自宅で猫を抱くシーンがあったと思います)役を演じていたのも印象深かったです。
刑事役以外では、金八先生第2シリーズの加藤の就職先になった車工場の社長役でも良い演技をされていて、とても印象に残っています。

>高城さんと言えば、野沢那智さんがインタビューで“高城さんの劇団に演出家志望で入団したら、高城さんに「君は役者になれ」と言われたエピソードを語っていますが、野沢さんが声優を続けることができたのは、高城さんの「君は役者になりなさい」と言う一言があったからかな?と思いました。
良い話ですね。高城さんは、かなり人を見る目があったと言うことなんでしょうね。高城さんの一声がなければ、マシリトもコブラも、アラン・ドロンもダスティン・ホフマンもブルース・ウィリスも別の人が声を担当していたかもしれないですよね。
【2012/08/26 21:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]