忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448

日テレプラスで放送中の『刑事貴族』は、風間編に突入しています。アイドルから脱皮して大人な雰囲気を醸し出していた郷ひろみが風間役で主演・・・当時、それを知った時は、正直微妙に感じたのですが、見てみるとニューヨーク帰りの元FBIの刑事という役どころは、イメージ的にぴったりであった。郷ひろみが出ている刑事ものは、それまで一度も見たことがなかったので、ある意味新鮮さを感じながら最終回まで見ていました。牧編に続いて宮本課長役の松方弘樹と武田刑事役の地井武男、そして、泉刑事役の布施博と岩田刑事役の布川敏和のレギュラー陣が残留し、高樹沙耶が演じる青木順子刑事と、『あいつがトラブル』でもフレッシュな刑事役を熱演した宍戸開が村木拓役で新しく代官署のメンバーに加わった。今思うと、このシリーズは、元アイドル出身者(郷さんとフッくん)同士の共演も実現していたんですね。初回のスペシャル版には、風間の妹役で渡辺美奈代も登場していたり…(笑)。

牧編を受け継いでシリアス路線を継続。ただ、村木拓=タクの加入で、コミカルな場面も増え、泉と順子が激しく罵り合う場面もあり、牧編にあったワイルドさやハードさは薄れてしまった感じ。風間も一匹狼というほどでもなく、牧ほどのインパクトのある活躍は、あまり見られなかったが、個人的には、初回のスペシャル版「熱い街から来た刑事」と最終2話は、とても印象に残っています。「熱い街から来た刑事」は、風間が代官署に赴任して早々、FBI時代の因縁のある殺し屋に狙われる話。殺し屋モトニシを演じたのは、当時、土曜ワイド劇場などのサスペンスものでよく犯人役を演じていた西田鍵。やくざ組織の大竜会のメンバーとして、往年の刑事ドラマでは、お馴染みの中田博久、粟津號、そして、刑事貴族シリーズでは、牧編の「その時、銃弾がワナを射抜いた」、そして風間編の「殺人ビデオへの招待」、本城編では、脚本なども担当していた遠藤憲一などの錚々たる人達がゲスト出演していた。風間の登場編と言うこともあって、風間の私生活やFBI時代のエピソード、風間が課長や泉と対立する姿なども描かれていたが、それらを全て掻っ攫うかのごとく、話の途中から静かに登場し、タケさん(武田刑事)の名前を無断で借用して大竜会に潜入したタクのほうがものすごく目立っていたような気がしてならない(笑)。

レギュラー陣一新と共に、劇伴も新たなものが加わり、牧編と比べるとかなり陽気なムードの楽曲も増えた。牧編でよく使用された「Sneaking Up」があまりかからなくなってしまったのは残念だったが、予告編では、牧編に引き続いて使用された。オープニングは、ライナセロスの「Jump Back, Jack」に変更された。初見時は、少し違和感をもったが今聞くと、ニューヨーク帰りの風間のイメージにぴったりマッチしている感じがした。Jump Back, Jackは、シングルCD化されているが、そのB面の「Cookie & TEA」という曲も「熱い街から来た刑事」の劇中で使用されていたようです。新たな覆面車として、トヨタの2代目に当たるZ20型の白いソアラが登場していたが、今見てもやはりカッコ良い。劇中でもカッコ良い走りを見せていました。ミニカー未だに置いてあります(笑)。



 


eca11fdb.jpg

「俺が心臓を撃つ時は、刑事(デカ)を辞める時だ!!」
見事に有限実行した風間刑事であった・・・。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
熱い街から来た男
ガースさん、こんばんは。

>≫今思うと、このシリーズは、元アイドル出身者(郷さんとフッくん)同士の共演も実現していたんですね。そうそう初回のスペシャル版には、風間の妹役で渡辺美奈代さんも登場していたり…(笑)。

>「熱い街から来た刑事」は、風間に加えてタク・順子・南の初登場を描いていますよね。

風間が刑事課で「着任のあいさつ」をするシーンが南の初登場でしたが、タケ先輩の台詞で「順子とタクの着任」(個人的には16話で退場した「由美子のその後」も触れてほしかったですが)もさりげなく触れていますが、ファーストシーンで岩田たちが見る「FBIの研修ビデオ」も「世界の決定的瞬間」やアメリカの警察ドキュメンタリー番組のワンシーンを見ているような雰囲気を覚えました。

ゲストでは、風間の妹役で渡辺美奈代さん(美奈代さんというと、自分の中では志村けんさんとコントで共演したり「さすらい刑事旅情編」で高杉幸子役で出演した印象が強いですね)が出ていましたが、風間と妹の会話を見ると「仲のいい兄妹」に見えました。

また、南がシャガールについて泉たちに解説する描写を見ると「南は美術関係に詳しい」印象を覚えますが、「南って風間編では結構活躍するのか?」と思いました。

>≫殺し屋モトニシを演じたのは、当時、土曜ワイド劇場などのサスペンスものでよく犯人役を演じていた西田健さんでした。

>「熱い街から来た刑事」での西田健さんは、ソフト帽をかぶり茶色いマツダ・ルーチェ(「大激闘・マッドポリス80」で村さんが乗ってたマッドポリス専用車やジャパンマフィアの専用車と同じタイプと思いますが)を乗り回す役でしたね。

そういえば、「大激闘」の「シンジケートの女」
では団次郎さんがモトニシと同じタイプのルーチェ(カラーは赤だったかな?)を運転するも白バイ隊員に検挙されるシーンがあったような気がします。
9人のコリない日本人 2012/12/28(Fri)18:44:52 編集
Re:熱い街から来た男
>風間が刑事課で「着任のあいさつ」をするシーンが南の初登場でしたが、タケ先輩の台詞で「順子とタクの着任」(個人的には16話で退場した「由美子のその後」も触れてほしかったですが)もさりげなく触れていますが、ファーストシーンで岩田たちが見る「FBIの研修ビデオ」も「世界の決定的瞬間」やアメリカの警察ドキュメンタリー番組のワンシーンを見ているような雰囲気を覚えました。
確かに由美子のその後はタケさんの口だけでもいいから何かしら語ってもらいたかったですね。研修ビデオと言うより、映画のカーチェイスシーンそのものって感じな映像でしたね(笑)。


>ゲストでは、風間の妹役で渡辺美奈代さん(美奈代さんというと、自分の中では志村けんさんとコントで共演したり「さすらい刑事旅情編」で高杉幸子役で出演した印象が強いですね)が出ていましたが、風間と妹の会話を見ると「仲のいい兄妹」に見えました。
最終回辺りにもう一度出るのかなと思っていましたが、結局初回だけの登場でしたね。


>また、南がシャガールについて泉たちに解説する描写を見ると「南は美術関係に詳しい」印象を覚えますが、「南って風間編では結構活躍するのか?」と思いました。
>それなりにセリフもあるし、目立っている話も所々ありましたね。2ほどではありませんが…。

>>「熱い街から来た刑事」での西田健さんは、ソフト帽をかぶり茶色いマツダ・ルーチェ(「大激闘・マッドポリス80」で村さんが乗ってたマッドポリス専用車やジャパンマフィアの専用車と同じタイプと思いますが)を乗り回す役でしたね。
あの時代だとあの車結構目立ちますね(苦笑)。いかにも80年代と言う感じの角張りで。
【2013/01/20 04:03】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]