忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1020
FOXチャンネルで昨年末に第8話(シーズン7前半)まで放送された「ウォーキング・デッド シーズン7」。しばらくの休止期間を経て、いよいよ来週の月曜(2/13)夜9時から第9話(シーズン7後半)がスタートします。極めて衝撃的な展開で幕を明けたシーズン7。その初回に、シーズン1からリック達と共に過酷な生存競争を勝ち抜いてきたグレンがついにリタイアとなり、また、シーズン4からリック達の仲間に加わったエイブラハムもウオーカー・・・ではなく一人のおっさんによって亡き者にされてしまいました。


ゾンビに追いつめられて死ぬならまだしも、変なおっさんに針金つきのバットで殴り殺されるのはなんとも後味が悪いですよね。ウォーカーなんてもはやおまけ。人間同士の血で血を洗う醜いバトルがまだまだ続きそうです。夫の死を目の当たりにしてしまったマギー。シーズン4では父のハーシェル、シーズン5で妹のベス、そして夫のグレンまでも失ったマギーですが、しかしお腹の中には、希望の光となるグレンの子供がいます。ニーガンの支配下の中で、無事に子供を生むことができるのかがシーズン7後半の一つの見所です。


同じくグレン達の死を目撃したリック達の動向も気がかりです。リックはすっかりニーガンの子分となり、食料深しに躍起になっております。抵抗すれば自分の子供達や仲間達がグレンらと同じ目に遭うかもしれないし、ここは我慢のしどころと仕方なく受け入れた道だとは思いますが、しかしながら今シーズンのリックは全くリックらしさがなくて物足りないですね。リックの息子のカールは、前シーズンで右目を失い、目に包帯を巻いている姿がトレードマークのようになってきましたが、その痛々しいカールの右目を見たいと言って包帯を取ることを強制したり、食卓でリックの帰宅を待っている変なおっさんがいるのです(笑)。そのおっさんとは、今シーズンのもう一人の主役と言ってもいい程圧倒的な存在感を見せているニーガン。


このシーズン7はニーガンのドラマと言っても過言ではないくらい、ニーガンの存在が鼻につきますね。わざとルーシルをリックに持たせて、忠誠心を推し計ってみたり、長々とリーダーは誰であるかを問いてみたり、いやらしくリック逹の心を支配しようとするわけですが、正直うっとうしい(笑) 。しかし、最初はただの狂人に見えたニーガンが少しずつ人間的な一面を見せ始めてきました。髭を剃ったら男前だし、エプロンをつけてカールと一緒に料理を作っている姿を見ていたらなぜだか憎めない(苦笑)。一体何を考えているのかこの男。最後までリック達の強敵として立ち振る舞うのか、はたまた、リック達の仲間入り?をするというまさかの超展開が見られるのか?これもシーズン後半の大きな見どころになりそうです。



初回にニ一ガン率いる「救済者」の集団に拉致され、気の毒にも彼の奴隷と化してしまったかわいそうな男が一人います。このドラマでナンバー1の人気を誇るあのダリルです。今シーズンもっともおいしくない役どころ・・・と言ってしまえばそうなのかもしれませんが、しかし、これまで数ある窮地を乗り越えてきた男だけに、やはり静かなる抵抗を続けていました。ニーガンに罵られたり、屈辱の日々を耐え抜いたダリル。ようやくニーガンのアジトから抜け出し、再びリック達と合流しました。



一人の凶人に翻弄され続け、絶望のどん底に追い込まれたリック達が、そろそろ反撃ののろしを上げそうな、そんな雰囲気の中でシーズン7の前半は終了しました。トランプ大統領に絶望する今のアメリカとどこか重なる感じがしますね。絶大なるニーガンの包囲網をいかにして突破し、ニーガンとどのような決着をつけるのか? あ、そう言えば、リック達と別行動と取っているキャロルとモーガンのことも気になりますね。トラを飼っているエゼキエル王が支配する「王国」に迷い込み、幸せそうな生活を送っていましたが、リック達の状況と比べるとまさに天と地の差ですね。エゼキエル王とニーガンの関係や、キャロル達がどのような形でリック達と再会を果たすのかも気になります。エゼキエルの部下にリチャードと言う名の男がいますが、最初見た時、ラッセル・クロウかと思ったのですが(笑)、どうやら別の俳優が演じているようですね。



ニーガンとの戦いでまた新たな犠牲者が出そうな感じがしますが、撲殺だけはもう勘弁してもらいたいですね・・・。ウォーカーさんがあまりに存在感なさ過ぎで気の毒にさえ思えてきましたが(苦笑)、後半はもうちょっと頑張って欲しいところですね。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]