忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [663]  [662

日テレプラスで放送中の『太陽にほえろ!』は、ブルース編に突入。ファミリー劇場ですでに放送済みですが、初登場回を見逃していたので今回ようやく見ることができた。ブルース刑事がなぜ「ブルース」と呼ばれるようになったのか。ブルース・リーに似ているからそう呼ばれるようになったのだとずっと思っていたのですが、実は、音楽のブルースが由来だったようです。ブルース刑事こと澤村誠の父親はピアニストで、その父親の影響を受けて、彼もブルースが好きになり、自らブルースと名乗るようになったんですね。愛用銃は、マグナム44。ダーティハリーのハリー・キャラハンと同じ銃を使います。マグナム44と言えば、西部警察では、リキが愛用していた銃でした。


バレルの長さが半端なく、見た目も迫力があるマグナム44ですが、一発撃てば、狂暴な熊でも簡単に仕留めることができるハイパワーガンとして有名です。相当な殺傷能力があるので、実際に人に撃ったら致命傷を与えてしまって、もう逮捕どころの話ではありません。西部警察では、犯人を逮捕するのではなく、始末するのが前提の世界観だったので(笑)、スコープ付きのショットガンを撃とうが、マグナム44を撃とうが何でも成立してしまうのですが、太陽にほえろ!もやはり同じように銃に関しては、現実の警察のようなリアルな制限はなく、刑事達が個々の性格にあった銃を自由に使っていました。でも歴代の刑事達は、コルト系の小さい銃を使ってきたのに対して、ブルースは、いきなり大きな目立つ銃を持っていたので、最初は、とても違和感があった。でもブルースがコルト・ローマンの2インチとか、ましてや普通のリボルバーを握っても似合わないし、やはりマグナム44が一番合っていたような気がします。こう言うのは、リアルになり過ぎてもつまらないんですよね…(苦笑)。


さて、ブルースが七曲署に入った辺りから太陽にほえろ!のアクションもかなり西部警察のように派手なカーアクションが多くなったような気がしますが、あの当時の刑事ドラマの恒例のアクションと言えば、『車の屋根にしがみつき』の追跡シーン。ボギーも見せたことがありましたが、ブルースもかなり派手なのを披露していました。


 


 

「正義に拳銃を向けた男」

冒頭では、アパートの2階から犯人と一緒に川落ちするアクションを見せたブルース。クライマックスでは、暴走するタクシーの屋根にしがみつき、草の生えた地面にかなり派手に転がり落ちる。石に頭をぶつけてダメージを食らいつつも、その後すぐ、タクシーを追って全力疾走するブルースの豪快な姿に目を奪われた。



 


「殉職刑事たちよ、安らかに」

殉職した刑事達を映像で振り返りながら、七曲署の刑事達を狙う謎の狙撃犯を追うスペシャルエピソード。この話でも長時間屋根にしがみついていたブルース。犯人の車が高速道路の上にかかる橋を渡り、住宅街の長い坂道を駆け下りている間もかなり揺さぶられていた。ブルースを振り落とした後、犯人の車は、ドックが運転するソアラとカーチェイスを繰り広げますが、住宅街の狭い路地でわりと派手な走りを見せていましたね。ブルースは、七曲署よりも西部署の刑事になったほうが良かったんじゃ…(苦笑)。そう言えば、犯人役は、西部署のあの人でしたね…。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]