忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664

特撮ヒーロー番組に欠かせないオープニング曲とエンディング曲。熱い曲、魂を揺さぶる曲、パワフルな曲、切ない曲、思わず涙してしまいそうな曲…様々な名曲がたくさんありました。OPは、カッコ良くて熱いのに、EDは、哀愁のある曲だったり、ラブソングだったり、おちゃらけた曲もあったりと作品によって様々な趣きがありましたね。そう言えば、平成ライダーは、エンディング曲がカットされていますが、EDがないとどことなく締まりが悪いし、物足りない印象を受けます。と言うことで個人的に印象に残ったしっとり哀愁系のEDをご紹介致します。






「眠れマッハバロン」

<作詞:阿久悠/作曲:井上忠夫/歌:すぎうらよしひろ>
スーパーロボット・マッハバロンは、1974年に放送された巨大ロボット特撮作品。当時大流行していたグラムロックを取り入れた主題歌は、ヒーロー番組としては、かなり挑戦している印象を受けます。「蹂躙されて黙っているか」など、子供番組とは思えない深みのあるフレーズと、パワフルなボーカルにも度肝を抜かされました。それに相反してエンディングは、反戦ソングと思しき哀愁感溢れる名曲。イントロから何やら特撮ヒーローとは思えぬピアノのイントロが流れて、歌い出しからとても切ない。「戦う機械で無くしてあげたい」と言うフレーズがとくに耳に残る。全ての戦闘ロボット達に送る鎮魂歌と言う感じで、とても心に染み渡りました。









「おれの名はマシンマン」

<作詞:八手三郎/作曲・編曲:大野雄二/歌:MoJo>
仮面ライダーバースのモチーフになったと思われる星雲仮面マシンマン。リアルタイムでは、超電子バイオマンと放送時間がかぶっていた(関西では両方とも金曜の夕方5時30分に放送されていた)ので、ビデオで録画してよく見ていました。作曲はルパン三世やコブラなどのアニメや、大追跡、大激闘など刑事ドラマのOPテーマも手掛けた大野雄二氏が担当されています。イントロからサックスの音が入り、アダルトな雰囲気が漂う。甘く切ない大人のメロディが心地良い。合間に入るフルートやシンセサイザーのしなやかな旋律が美しく、一際印象に残ります。バトルフィーバーやゴーグルファイブなどでもお馴染みのMoJo氏の歌声もシブくて美しい。











「LONG LONG AGO, 20TH CENTURY」

<作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童/歌:坂井紀雄>
「仮面ライダーBLACK」は、昭和の終わり頃に放送されたライダーでしたが、そう言えば、まだライダーにもエンディング曲があった時代でしたね。古き良き昭和のあの時代をも回想させるこの名曲。あの頃よりも男達は自由に憧れなくなったのか?女達に優しさは消えたのか?四季は消え、自然は崩れ、海の色は輝きを失ったのか?色々と問われているような気がして、21世紀になった今聴くと考えさせられます。いつまでも人の胸にぬくもりがあり続けて欲しいですね。













拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
男の誇り 胸に抱き命かけるぜ、君の瞳に
ガースさん、こんばんは。

>≫「おれの名はマシンマン」を作曲したのはルパン三世やコブラなどのアニメや「大追跡」「大激闘」など刑事ドラマのOPテーマも手掛けた大野雄二氏が担当されています。イントロからサックスの音が入り、アダルトな雰囲気が漂う。甘く切ない大人のメロディが心地良い。合間に入るフルートやシンセサイザーのしなやかな旋律が美しく、一際印象に残ります。

>「おれの名はマシンマン」は大野雄二さん作曲による大人のメロディが伝わってきそうな歌ですが、「男の誇り 胸に抱き命かけるぜ、君の瞳に」と言う終盤の歌詞は高瀬健の視線から見た葉山真紀のことを歌っているように感じますね。

星雲仮面マシンマンの関連ソングはパワフルな大野メロディが耳に残るオープニングソングや挿入歌の「電光アクションマシンマン」もいいですが、ルパン三世のエンディングソングを思わせるメロディの「おれの名はマシンマン」も忘れがたいです。

>≫「仮面ライダーBLACK」は、昭和の終わり頃に放送されたライダーでしたが、そう言えば、まだライダーにもエンディング曲があった時代でしたね。この「Long Long ago, 20th Century」は古き良き昭和のあの時代をも回想させるこの名曲。あの頃よりも男達は自由に憧れなくなったのか?女達に優しさは消えたのか?四季は消え、自然は崩れ、海の色は輝きを失ったのか?色々と問われているような気がして、21世紀になった今聴くと考えさせられます。

>「Long Long ago, 20th Century」は仮面ライダーBLACKのエンディングテーマでしたが、「ヒーローの名前が入らない歌詞」と言うイメージが強いですね。

歌詞も「人の胸にぬくもりがあって、海の色がコバルトの時代」「男は自由にあこがれ、女たちにとって優しさの時代だった」と20世紀を回顧するような言葉が出てきますが、21世紀になって聞くと「20世紀はこんな時代だったのか?」と感じました。
9人のコリない日本人 2013/12/04(Wed)19:58:51 編集
Re:男の誇り 胸に抱き命かけるぜ、君の瞳に
>「おれの名はマシンマン」は大野雄二さん作曲による大人のメロディが伝わってきそうな歌ですが、「男の誇り 胸に抱き命かけるぜ、君の瞳に」と言う終盤の歌詞は高瀬健の視線から見た葉山真紀のことを歌っているように感じますね。
youtube東映チャンネルでマシンマンの配信が始まってますね。大野さんは、OP、EDだけでなく、劇中のBGMも担当されていますが、やはりパワフルでかっこいいメロディばかりですね。
>
>星雲仮面マシンマンの関連ソングはパワフルな大野メロディが耳に残るオープニングソングや挿入歌の「電光アクションマシンマン」もいいですが、ルパン三世のエンディングソングを思わせるメロディの「おれの名はマシンマン」も忘れがたいです。
大野さんが音楽を担当された特撮作品がマシンマンしかないのが残念ですね。もっといろんな特撮作品で大野さんの曲を聞いてみたかったです。

>「Long Long ago, 20th Century」は仮面ライダーBLACKのエンディングテーマでしたが、「ヒーローの名前が入らない歌詞」と言うイメージが強いですね。
同年に放送された超人機メタルダーのOPとEDも歌詞にヒーローの名前がまったく出てこない歌でしたね。
【2013/12/20 00:28】
孤独なヒーロー曲を歌ったヒデ夕樹
苦悩と哀愁、孤独が漂うヒーローの曲を歌ったヒデ夕樹…。ヒデ夕樹が歌う作品の主題歌のヒーローたち(飛鳥天平、トリトン、滝川剛、山城拓也、新星拳他多数)は孤独や苦悩、哀愁が漂う男たち…。特にスパイダーマンの「誓いのバラード」、スターウルフの「さすらいのスターウルフ」、キャプテン・フューチャーの「おいらは淋しいスペースマン」は哀愁が漂うヒデ夕樹さんの曲のかもしれない…。だが1998年12月8日、ヒデ夕樹は人知れず、心不全のため、58歳でその生涯を終えた…。
マイケル村田 2015/08/29(Sat)14:54:53 編集
Re:孤独なヒーロー曲を歌ったヒデ夕樹
>特にスパイダーマンの「誓いのバラード」、スターウルフの「さすらいのスターウルフ」、キャプテン・フューチャーの「おいらは淋しいスペースマン」は哀愁が漂うヒデ夕樹さんの曲のかもしれない…。だが1998年12月8日、ヒデ夕樹は人知れず、心不全のため、58歳でその生涯を終えた…。

「誓いのバラード」いいですねえ。男の哀愁を感じさせる良い曲です。OPの「駆けろ! スパイダーマン」「フラッシュ! イナズマン」も個人的には凄い好きです。バトルフィーバーJのED「勇者が行く」のヒデタさんバージョンも聴いてみたかったですね。お若くして亡くなられたのは本当に残念です。
【2015/09/13 23:43】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]