忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[239]  [240]  [241]  [157]  [139]  [242]  [243]  [244]  [152]  [247]  [248
古き良き海外ドラマの名脇役を紹介している名バイプレーヤー列伝第5弾。今回は、アンソニー・ジェームス<ANTHONY JAMES>氏です。モーテルの殺人鬼ノーマン・ベイツを演じた人でもなければ、ハンニバル・レクターを演じた人でもございません。しかし、人目見れば、思い出すあの独特の容貌…ひょろっとした細身の体に不気味な眼差しと笑顔が印象的でした。1942年7月アメリカ・サウスカロライナ生まれ。映画では、1967年度のアカデミー賞を受賞したシドニー・ポワチエ主演の『夜の大捜査線』に、食堂のウエイター役で出演し、オスカーを獲得。71年カーアクションムービー『バニシング・ポイント』には、ホモのヒッチハイカー役、78年リチャード・ハリス主演『未来元年・破壊都市』では、暴力集団のリーダー役で出演。83年の映画『ブルーサンダー』では、ブルーサンダーを悪用しようとする政府関係者に雇われた殺し屋(ライマングッド隊員を車で無惨に轢き殺した)を演じていた。

テレビドラマでは、70年代から80年代にかけて活躍。『ナイトライダー』「恐怖の高電圧・消えたナイト2000(原題:LOST KNIGHT )」では、高性能爆薬を奪った2人組の犯人の1人ペル役を演じていた。ペルが投げた爆薬が高圧電流の流れる鉄塔を破壊し、その送電線の電流を浴びたキットが記憶をなくしてしまうというエピソードだったが、アンソニーが数多く演じた悪役の中でもペルは、一番印象に残っている。『特攻野郎Aチーム』には、「バギーカー軍団さそりを撃退せよ」「美人姉妹・悪徳商法に泣く」「間違えられた殺し屋モンキー」の3本にゲスト出演。『俺がハマーだ!』「耳の穴に息ふきかけて 勝負を決める女ハスラー」では、ビリヤード場の経営者の役で珍しくコミカルな演技を見せ、ハマーの相棒の女刑事ドローと珍妙な格闘をしていた。なお、俳優業は、92年のクリント・イーストウッド監督・主演の映画『許されざる者』に出演した後、引退されたそうです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]