忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[167]  [166]  [171]  [173]  [172]  [174]  [175]  [176]  [154]  [177]  [178
日テレプラスで放送中の『大都会PARTⅢ』は、現在15話まで進んでおります。今週放送の「報復」は、室田日出男氏がヤクザの組長役でゲスト出演していましたが、往年のヤクザ映画を彷彿とさせるストーリー展開で、面白かった。とくに、クライマックスの葬式場の場面での黒岩軍団とヤクザの乱闘シーンは、凄まじかった。今まで放送された中でアクション的に印象に残ったのは、「高層の狙撃者」。トラが工事現場のクレーンで宙吊りにされ、トラを救出するため、黒岩軍団が池辺組の大門の武装グループと大銃撃戦を展開させる。犯人の名前が「大門」って言うのが、とっても違和感。まるで、団長が団長相手に戦っているような、そんな感覚に…(汗)。ちなみに、大門役は、『西部警察』の犯人役でも御馴染みの中田博久氏が演じられていました。冒頭の、ショベルカーによる護送車と護衛のパトカーの襲撃シーンもとてもインパクトがあった。このシリーズのカーアクションの特徴とでも言いましょうか、家屋に車が激しく突っ込むカーアクション場面をよく見かけます。特に印象に残ったのは、「脱出路」。立てこもり事件が起きたスナックにパトカーが勢い良く突っ込むシーンとその直後、刑事達が勢い良く突入する姿は、とても迫力があった。

ドラマ的には、「白の恐怖」。麻薬が絡んだ事件を調べるため、クラブに潜入したサルが、なりゆきで麻薬中毒になってしまう話だったが、犯人たちがサルを連れて逃亡する際に、海中に潜水するところは、意外性があって面白かった。そう言えば、海に潜った犯人達を探す場面で、弁慶が海に飛び込んでいたが、弁慶は、確か泳げない設定ではなかったのか…。それは、ともかく、ヤク中と言えば、「刑事が消えた」では、坊さんも犯人に拉致され、中毒者になってしまったが、事件解決後に、黒岩が静かに坊さんの看病をする姿が良かった。中毒症状に苦しむ坊さんの姿を見て、思わず涙した…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
黒岩の敵は大門!?
ガースさん・こんばんは。

>≫冒頭の、ショベルカーによる護送車と護衛のパトカーの襲撃シーンもとてもインパクトがあった。大空港では、スクラップの状態に近いくらいに破壊されていましたよね。ローダー2台に前と後ろを挟まれてた車がジャンクされるのは、「大空港」と「大都会PARTⅢ」の「高層の狙撃者」2話くらいでしたよね。

>「高層の狙撃者」はレンタルで拝見しましたが、ファーストシーンの「大内・弁慶の運転する黒パトの先導する中、護送車と白パトが走るシーン」から始まりますが、覆面車・護送車・後続のパトカーとシルバーのスカイラインが国会議事堂を背に走る展開は圧巻ですよね。

ホイールローダー2台の護送車・白パト襲撃も「ローダー2台が胴上げの容量で白パトを持ち上げ、アームを話した途端白パトは転落」と言うシーンや「ローダーの護送車襲撃」も重機のパワーある破壊シーンに圧倒されました。

>≫犯人の名前が「大門」って言うのが、とっても違和感。まるで、団長が団長相手に戦っているような、そんな感覚になった…(汗)。

>本編の随所で「大門」と言う名前が出てくるたびに
違和感を自分も覚えますね。

「黒岩の前に突如、大門と名乗る瓜二つの男が現れた!」なんてストーリーが目に浮かびますが、大門が「見たか黒岩!」と「人質となったトラ」を黒岩たちの前で見せしめにする展開では「若杉射殺」を唱える加川課長に「自分たちは刑事です!」と反論する黒岩とマルさんのシーンはトラを気遣う黒岩の姿勢がうかがえました。

それとは別に病院前に張り付く池辺組の連中を前に「人権ってのは蹂躙されるためにあるんだよ!」とトラが叫ぶシーンは、今放送すれば問題になるシーンではないのか?と思いました。
9人のコリない日本人 2013/12/28(Sat)22:24:58 編集
Re:黒岩の敵は大門!?
>「高層の狙撃者」はレンタルで拝見しましたが、ファーストシーンの「大内・弁慶の運転する黒パトの先導する中、護送車と白パトが走るシーン」から始まりますが、覆面車・護送車・後続のパトカーとシルバーのスカイラインが国会議事堂を背に走る展開は圧巻ですよね。
国会議事堂の真ん前で撮影されていますよね。西部警察の初回もそうですが、当時はわりと自由に撮影できたのではないでしょうかね。

>本編の随所で「大門」と言う名前が出てくるたびに
>違和感を自分も覚えますね。
黒岩が大門って叫んでも、大門が大門って叫んでいるように見えて、変な感覚になりますよね(苦笑)。

>それとは別に病院前に張り付く池辺組の連中を前に「人権ってのは蹂躙されるためにあるんだよ!」とトラが叫ぶシーンは、今放送すれば問題になるシーンではないのか?と思いました。
でも実際、今の現実社会のほうがドラマ以上に人権蹂躙が繰り返されているような気もします…(苦笑)。
【2013/12/30 00:05】
トラ
ここで新年の挨拶は変ですが、あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろとありがとうございました。
今年もいろいろとコメントしますのでよろしくお願いいたします。

さて、この「高層の狙撃者」ですが、犯人の名前が「大門」なのは大都会、西部警察ファンのほとんどが知っていると思いますよ。
この回で、トラが大門たちに捕まってクレーンで吊るされますね。
このとき、吊るされたトラは「気が遠くなる」と言ってましたが私でも同じ事を言いますね。
その後に銃撃戦でトラが「バカヤロー、俺は射的屋の標的じゃねえ。」と言ったのは少し笑えました。
あと、トラは手や足を撃たれていましたね。
このときのトラは、かなりひどい目に遭ったと思いました。
あと、大都会Ⅲの刑事で一番ひどい目に遭っているのはトラだと思いますね。
「高層の狙撃者」でクレーンで吊るされて撃たれたり、「爆走!金塊トレーラー」で犯人一味に捕まって拉致されたり「マイナス18度の恐怖」で冷凍車に閉じ込められたりしています。
他の刑事もひどい目に遭っていますがトラが一番だと私は思いますね。
あと「高層の狙撃者」で大門が狙っている若杉をかくまっていた男がスーパーで買い物してて、池辺組の連中が連れ去ろうとして逃げて、その後にマルさんたちが助けて、若杉の居所を聞こうとして言わなかったんですがマルさんが「池辺組には通用しないぞ」と言った後に男の元に去ろうとしたら、男が「待ってくれよ」と言ったのは少し笑えました。
池辺組にリンチされるんだったら、警察に言った方がまだマシだと思ったんでしょうね。(笑)

あと、「大門」ですが私の従姉妹が小学生のときに美少女戦士セーラームーンRで妖魔の名前が「ダイモーン」と言うのがありました。
これは西部警察の大門と関係あるんでしょうか?
(たぶん、ないと思います)
あと、西部警察と美少女戦士セーラームーンRは同じテレビ朝日の番組です。
(新年早々、変なコメントしてすいませんでした)
だめおやじ 2014/01/02(Thu)11:04:50 編集
Re:トラ
>ここで新年の挨拶は変ですが、あけましておめでとうございます。
>昨年はいろいろとありがとうございました。
>今年もいろいろとコメントしますのでよろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

>この回で、トラが大門たちに捕まってクレーンで吊るされますね。
>このとき、吊るされたトラは「気が遠くなる」と言ってましたが私でも同じ事を言いますね。
当時の撮影状況の詳しいことはわかりませんが、おそらく画面を見る限りでは、トラ役の星正人さんが本当に現場で吊るされている風な映像になっていますよね。もし本当に吊るされていたなら、そのセリフは、星さんの本音を吐露したようなセリフにも聞こえますね。

>その後に銃撃戦でトラが「バカヤロー、俺は射的屋の標的じゃねえ。」と言ったのは少し笑えました。
本当にあの状況じゃ逃げようがないですもんね(笑)。見ているほうは面白いですけどね(苦笑)。

>あと、大都会Ⅲの刑事で一番ひどい目に遭っているのはトラだと思いますね。
「マイナス18度の恐怖」で冷凍車の中で氷付けになっていたのは、かわいそうでしたね。後に「西部警察」でもトラと同様な目にあっていた刑事達が複数いましたね。
>池辺組にリンチされるんだったら、警察に言った方がまだマシだと思ったんでしょうね。(笑)
あの状況だったら、確かに相手に殺されるより、警察にかくまってもらうほうが命も保証されるし、飯も食わせてもらえますもんね(笑)。ちなみに若杉の居所を知る木村役は、西部警察でもよく見かけた草薙良一さんが演じられていましたね。

>これは西部警察の大門と関係あるんでしょうか?
同じテレ朝の番組ですから、もしかしたら…。大門と言う名前は、最近の番組でもよく聞きますね。同じテレ朝の某ライダー系の番組にも大門と言う女刑事が出ていたし、未見ですが、木9で放送されていたドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の主人公の名前も大門らしいです。
【2014/01/03 23:50】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]