忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[173]  [172]  [174]  [175]  [176]  [154]  [177]  [178]  [179]  [180]  [182
change.jpg

『電撃戦隊チェンジマン』が放送された1985年と言えば、日航機墜落事故、阪神タイガースの優勝、スーパーマリオブラザーズの発売などいろんな出来事を思い出します。個人的にファミコンを買ってもらった思い出の年でもありますが、この年は、色々と激動の一年だったような気がする。戦隊シリーズもゴレンジャーから数えて10年目に入り、また劇的な変化を遂げた年だったかもしれません。地球を防衛する組織と言う設定こそ、ゴレンジャーを踏襲しているが、定番だったイエローの戦士がいなくなり、代わりに白色の女戦士が登場した事や、5人全員がバイクに乗る事、巨大バズーカによる怪物粉砕、そして、主題歌が激しいロックンロール調になり、戦闘シーンもよりスピーディにアップテンポになった。

スーツのデザインは、バイオマンを見た直後だっただけに、当時は、ランニングシャツを着ているみたいに見えて、あまり好みではなかった。どちらかと言うと、敵陣のゴズマのほうに凄い魅力を感じた。最近の戦隊は、敵陣に怖さがなくて、いまいち物足りなく見えるが、チェンジマンに登場する大星団ゴズマほど、見た目の恐ろしい敵は、いないのではないだろうか。機械の体に顔がついただけの星王バズーは、やはり戦隊一の不気味さ。全身金色のギルーク司令官は、迫力あるが、スーパーギルークになってからさらに怖さが増していた。女幹部シーマは、男声だし、副官ブーバは、後にプレデターに流用されただけあって、画期的なデザインだった。そして、雑魚兵のヒドラー兵の気持ち悪さは格別。粘ついた青色の体と不気味な顔が寒気がするほど怖かった。

初回は、地球守備隊の指揮官・伊吹長官が筆頭になっての激しい軍事訓練シーンが展開するが、本物のヘリが登場して、ヘリに乗った長官が電撃戦隊に向かって激しい銃撃をするハードなアクションシーンが見られる。そのチェンジマンのDVDがいよいよ今月からリリース開始。敵陣の圧倒的な不気味さを今一度体感してみましょう。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 13 14 15
17 18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]