忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[807]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801]  [800]  [799]  [798]  [797
2014年も残すところ一ヵ月を切りましたが、今年も新旧数多くの映画を見ました。旧作品のほうは主にスカパーの映画チャンネルでしたが、今年公開30周年を迎えたビバリーヒルズ・コップやグレムリン、スタートレックの劇場版/他、昔地上波で放送された日本語吹替版を中心にチェックしました。そう言えば、夏には、80年代の大人気ホラー『13日の金曜日』シリーズがPART8まで一挙放送されたが、その日本語吹替え版が先月放送されていましたね。



日本語吹替え版が存在するという事は、つまりこの13日の金曜日シリーズはほとんど地上波で放送されていたということになるんですよね。やはり、1980年代の地上波は自由だった。なぜかPART7だけは、吹替版が存在していないそうですが、と言うことは、PART7だけは地上波で放送されなかったことになりますが、その理由が気になるところです。リアルタイムでは、ゴールデン洋画劇場で放送されたPART6とPART8ぐらいしか見ることができなかったので、今回の吹替え版の一挙放送はとても注目していました。



PART6と言えば、オープニングタイトルの演出が007のパロディ(↓の動画参照)だったり、ジェイソンの殺人描写もコミカルな要素が加味されてかなりお笑いタッチになっていた。ゴールデン洋画劇場での放送時は、その007のパロディシーンがCM前のアイキャッチとしても使用されていましたが、ザ・シネマでの放送では、途中でCMが入らないためか、そのアイキャッチはカットされていました。








PART6の主人公のトミー青年は、4作目に当たる『13日の金曜日・完結編』で初登場したキャラクターですが、その時はまだ子供で、特殊メイク好きの少年と言う設定だった。自分の髪を剃り落とし、幼き頃のジェイソンになりきって子供ながらにしてジェイソンに立ち向かったトミーの姿が強烈な印象を残しました。トミー少年を演じていたコリー・フェルドマンと言う俳優は、80年代に公開されたグレムリンやグーニーズ、スタンド・バイ・ミーなど数々のヒット作品に出続けた有名な子役でしたが、最近はゾンビ映画にも出ているらしいですね。


1作目にケビン・ベーコンが端役で出演していたのは意外でしたね。ケビンのことは、トレマーズやフラット・ライナーズの頃に始めて知ったのですが、それよりも随分前から俳優活動していたんですね。当たり前だけどめっちゃ若かった。PART1では、ジェイソンはまだ殺人鬼として登場しておらず、ジェイソンの母親がクリスタルレイクのキャンプ場にやってきた若者達を襲うストーリーだったのが新鮮でした。2作目からようやくジェイソンが殺人鬼として登場するのですが、その時はまだ紙袋をかぶっていてホッケーマスクをつけておらず、ホッケーマスクの姿が定番となるのは、3作目からだったんですね。



吹替陣の面々で特に印象に残ったのは、ジェイソンの母親・ボリーズ夫人の声を来宮良子氏が担当されていたこと。来宮良子氏と言えば、大映ドラマのナレーションなどでも有名で、独特のクールな低音ボイスが魅力的でしたが、ボリーズ夫人もまさにハマリ役という感じでとても良かった。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでマーティの声を担当したことでも知られる三ツ矢雄二氏は、PART6のコート青年の他、それ以前の作品にもよく出演していたようですね。PART8には、ナイトライダーなど往年の海外ドラマでよく見かけたピーター・マーク・リッチマンが出演していたが、その声を最近亡くなられた家弓家正氏が演じられていました。やはり、リッチマンみたいなタイプの俳優と家弓さんの声はとてもマッチしますね。船長役の声を富田耕生氏が担当していましたが、エアーウルフで共演したお二人の声がまた聞けてとても面白かった。



あと5作目の『新・13日の金曜日』に出ていた黒人少年レジーの声を堀絢子氏が演じていたのがとても印象に残った。堀さんと言えば、最近新作が製作されたアニメの『忍者ハットリくん』のハットリくんの声でも知られていますが、吹替え版のレジー少年を見た時、以前どこかで見たような既視感をものすごく感じたんですね。そうそう、当時放送されていた海外ドラマ『アーノルド坊やは人気者』で、主人公の黒人少年アーノルドの声を担当されていたのも堀さんだった。レジーがどことなくアーノルド坊やに見えてしまったのは、そのせいだったのだと再認識(苦笑)。ちなみに『チャイルド・プレイ』のグッドガイ人形の声の吹替えも掘さんが担当されていましたね。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]