忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[360]  [118]  [153]  [362]  [363]  [364]  [392]  [393]  [147]  [394]  [141
かなり遅ればせながら、皆様、明けましておめでとうございます!今年もHP並び「ミニぼやき」をよろしくお願い致します。昨年末、ついにエアーウルフの国内版シーズン1DVDが発売になり、発売日当日から毎晩エアーウルフづけの毎日。何とか暮れまでに全てのエピソードを堪能する事ができました。その感動も束の間、今年に入ってさっそく米国版シーズン2のDVDが到着。箱は、シーズン1のものと変わらないが、DVDが入っているケースは、スリムになり、DVD自体も今回は、片面二層のカッコ良いエアーウルフの絵が描かれたレーベル面付仕様になっていて、グッと唸らされた。肝心の内容のほうは、これからチェックして行きます。エアーウルフコーナーの『DVD/VIDEO』ページに米国版シーズン2DVDの詳細を書き込みましたので、ご興味のある方は、チェックしてみてください。

ずっと気になっていた6代目007=ダニエル・クレイグ・新ボンドの姿を大スクリーンで見てきました。やはり、この人がボンドに決まった時の第一印象は、イギリスMI6の諜報部員と言うよりは、KGBのスパイと言うイメージにしか見えず、少々不安な感じもあったが、映画が始まってものの1分ぐらいでそんな迷いは、すぐに掻き消された。冒頭のボンドと爆弾魔のスリリングかつ豪快な追跡劇が強烈。あの爆弾魔は、スパイダーマンか(笑)。ボンドも負けじと超人的に建設中のビルの鉄骨やクレーンの上を飛び回り、白熱した肉体アクションを見せつける。トランプをあしらったタイトルイメージとテーマ曲も良かった。特にテーマ曲は、ここ最近の作品の中では、一番カッコ良かった。話の内容的には、『女王陛下の007』を彷彿させられる。そして今回もボンドカー=アストン・マーティンが登場したが何ともまぁ出番の短い事…。でもたまには、こう言う使い方もアリかな…。結構複雑では、ありましたが、総合的には、まずまずの面白さだった。ダニエル=ボンド第二作にも期待したい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]