忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[357]  [360]  [118]  [153]  [362]  [363]  [364]  [392]  [393]  [147]  [394
time.jpg


20世紀最後の戦隊となった『未来戦隊タイムレンジャー』。マスクのデザイン、これ最初に見た時は、結構衝撃的だった。何と言ってもあのカラーゴーグルが斬新。一体視界は、どうやって確保しているのだろう?アップの時は、ともかく、引きの画やアクションしている時は、ゴレンジャーやらジャッカーみたいに小さな覗き穴をいくつもあけていたのだろうか。斬新と言えば、主題歌とエンディングもまた然り。戦隊では、初の女性ボーカルだそうで、戦隊の主題歌らしからぬアップテンポで激しい歌である。エンディングも大人びた楽曲。しかし、当時これを見ていた子供達は、この主題歌を歌えたのだろうか…(苦笑)。

逃亡した犯罪組織「ロンダーズファミリー」を追って30世紀の未来から20世紀にやってきた4人の時間保護局員達。強化服を着るための条件を満たすため、無理矢理現代人をメンバーに引き込んでしまうところが面白い。メンバーは、男4人女1人と初期戦隊を想起させる構成。レッドを覗く4人が未来人、レッドだけが現代人。リーダーは、必ずレッドと言う固定観念みたいなものがあるが、この戦隊は、ピンクがリーダー?っぽい。レッドは、現在も活躍中の永井大氏が演じているが、ピンクのユウリのほうが存在感が勝っている。そのピンクを演じた女優さんは、去年仮面ライダーギルスの人とデキ婚されたそうで…。怪人は、倒すのではなく、圧縮冷凍して未来に送り返すと言う設定で、怪人を殺し捲くってきた既存の戦隊と比べると、すっきりしないがユニークである。

戦闘シーンは、そんなに派手派手しくは見えないが、所々に初期戦隊を彷彿させるアクションもあり、楽しめる。敵組織には、顔出しの女性幹部が1人いて、他は、全て気ぐるみなのがちょっと寂しい。そう言えばもうすぐ始まる『獣拳戦隊ゲキレンジャー』には、80年代大映ドラマで活躍した伊藤かずえさんがレギュラー出演されるとか。ネコレンジャー、ハジけるか?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]