忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[359]  [361]  [358]  [357]  [360]  [118]  [153]  [362]  [363]  [364]  [392
「サイナラ、サイナラ、サイナラ」でお馴染み、30年以上に渡り『日曜洋画劇場』の解説を務めた淀川長治さんの解説映像を収録した『淀川長治の名画解説』と言うDVDを見ました。子供の頃、気づいたら毎週日曜の夜になると自然にチャンネルを合わせ、あの名調子を聞き、気づいたら映画の虜になっていた。今思うと、自分を映画好きにしてくれたのは、この人の影響もあるかもしれない。DVDに封入されている小冊子には、日曜洋画劇場で放送された40年間分の映画のタイトルがズラッと書き記されている。その中から、今回は、特典映像を含めて52タイトルがピックアップされています。

主なタイトルは、『ベン・ハー』ヒッチコックの『めまい』『ダーティハリー』『燃えよドラゴン』『スティング』『タワーリング・インフェルノ』『スーパーマン』『プロジェクトA』『007/ネバーセイ・ネバーアゲイン』『ターミネーター』『ダイハード』『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』など、往年の名作から7、80年代の人気映画まで幅広い。1998年11月、淀川さんが最後に解説したブールス・ウィリス主演の『ラストマン・スタンディング』は、リアルタイムで見ていました。これが放送された時は、すでに淀川さんは、お亡くなりになっていました。最後の「サイナラ」を聞いた時は、さすがに涙が出そうになった…。DVDには、その最後の解説の映像も収録されています。最近テレビの映画放送は、すっかり解説者が姿を消してしまい、寂しい限り。このDVDを見ると懐かしさと共に改めて映画解説の大切さを感じます。

今回の52タイトルの解説は、全て映画でしたが、もし第2弾があるならば、同じく日曜洋画劇場で放送された『ナイトライダー』や『特攻野郎Aチーム』などのテレビシリーズやマイナー作品の解説もぜひ聞いてみたい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]