忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエボリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2018/02月

≪01月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03月≫
[94]  [83]  [79]  [114]  [98]  [122]  [111]  [80]  [121]  [155]  [104
そう言えば、最近映画の話しは、ご無沙汰でした。今年に入って忙しさが増し、以前より劇場に行く回数も減ってきているのですが、そう言いつつも、月一ペースで何とか見てます。

先月は、『ワイルドスピードX2』を見ました。一作目のアグレッシブで華麗な走行シーンと、スピード感溢れるカメラワークと映像に酔いしれて、二作目も期待して見たのですが・・・。今回もスカイラインR34や、前作同様、オレンジのスープラなどなど、多種の日本車が登場し、OPの街道レースシーンは、一作目を彷彿させる迫力があったのですが、それ以降は、前作ほどの活躍の場が与えられず、あれだけ車を揃えておきながら、車達の扱われ方がいまいち消化不良気味だったと言う印象。また、今回主人公のブライアンが乗っていた三菱ランサーなどの車がどうも迫力不足だった。話の展開も、ブライアンと彼の幼馴染みのピアースとのコンビもの刑事アクションになってしまっていて、まるでキャストを変えた『ビバリーヒルズ・コップ』か『リーサルウェポン』でも見ているような感覚だった(汗)。ラストのジャンプシーンは、ナイト2000にもやってもらいたいなぁ(笑)。

今月は、『SWAT』を見ました。この作品は、28年前に制作されたTVシリーズのリメイク。映画では、なんでもありの痛快アクションと化していた『チャーリーズ・エンジェル』のように、この作品も派手な展開のオンパレードなのかなぁと思いきや、そうでもありません。前半で、SWATメンバーそれぞれの人間像が淡々と描かれ、まるでTVシリーズの第一回でも見せらているような印象。しかし、後半からは、都会の街が戦場になり、まさに映画並みのダイナミックな迫力あるアクションシーンが炸裂しています。ラストの高速のシーンを見た時は、思わず『ナイトライダー』パイロット版のクライマックスシーンを思い出してしまった・・・(苦笑)。と、何かと『ナイトライダー』で結んでしまう雑感でした(笑)。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 10
11 12 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28
ブログ内検索
最新コメント
[02/23 NONAME]
[02/17  9人のコリない日本人]
[02/11  9人のコリない日本人]
[01/23 NONAME]
[01/20  9人のコリない日本人]
[01/18  9人のコリない日本人]
[01/06  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]