忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752
スカパーでは、すっかり1970、80年代の懐かしい海外ドラマを見かけなくなってしまいましたが、テレビのHD化によって以前の再放送用の素材が使えなくなってしまったか、あるいは放送権が切れてしまったなどの理由があるのでしょうね。新しい作品もいいけど、最近そればかりになってどこの有料チャンネルもバランスが崩れてしまっているのが残念。スーパードラマTVは、スーパーチャンネル時代の時のほうが夢のような編成でしたね・・・。


現在、『スパイ大作戦』は放映されているが、『新スパイ大作戦』は中々放送されない。5年前のエアーウルフ放送時は、『新エアーウルフ復讐編』も放送してくれていましたが、その時みたいに、スパイ大作戦も新シリーズの放送をお願いしたい。あと、日本でも放送当時人気だった『白バイ野郎ジョン&パンチ』や、『バイオニック・ジェミー』、『空飛ぶ鉄腕美女 ワンダーウーマン』、デビッド・ハッセルホフが主演した『ベイウォッチ』シリーズなどももう一度最初から見てみたい。90年代に放送された『ハイテク武装車バイパー』は、国内では、未だに第3シーズンだけ放送されていないんですよね。もちろん他のシーズンももう一度見てみたいが、3シーズンがやはり一番気になります。




2000年代前半期(2002年頃)に関西のサンテレビで再放送されていた『女刑事ペパー』。この頃のサンテレビは、ゴールデンタイムに『ナイトライダー』を放送したり、11時台に日本のなつかしの刑事ドラマを放送したり、懐かしいドラマをたくさん放送していましたね。『女刑事ペパー』は、この時の再放送で見て、お気に入りになってしまったのですが、主演のペパーを演じるアンジー・ディキソンの大人びた容姿とクールな雰囲気が良く、ビル刑事役のアール・ホリマンとのコンビネーションも抜群に面白かった。第1シリーズは、フジテレビで放送されましたが、その時ペパーの声を演じたのは、現国会議員の山東昭子氏。ビル→羽佐間道夫、ジョー→小林清志、ピート→下条アトムと言う豪華な声優陣でした。第2シリーズ以降は、放送局が変わったためか、声優陣も一新されてしまったが、どちらかと言えば、第1シリーズの吹替えメンバーのほうが好きでしたね。オープニングもとても印象に残りました。











『刑事スタスキー&ハッチ』と言えば、ベン・スティラー主演のリメイク映画が公開されたが、あのリメイクももう10年前の作品なんですよね・・・。そのラストシーンには、オリジナルで主演した二人(ポール・マイケル・グレイザー&デビッド・ソウル)がカメオ出演していました。残念ながら、このシリーズは、リアルタイムで見ることができず、地上波の再放送も全く見ることができなかった。2005年頃に発売された日本語吹替え版付きのDVDでようやく見ることができたのですが、そのDVDも結局シーズン1留まりで、それ以降のシーズンはDVD化されなかったのがとても残念。バディもの刑事ドラマの最古、日本の刑事ドラマ(トミーとマツやあぶない刑事など)にも多大なる影響を与えた作品です。スタスキー&ハッチの二人が乗っていた赤いフォード・グラントリノによるカーアクションは、毎回ド派手で迫力がありましたね。シーズン1のオープニングテーマは、『スパイ大作戦』のラロ・シフリンが担当していました。










90年代のスタスキー&ハッチ、『刑事ナッシュブリッジス』のナッシュ&ジョーも最高のコンビでしたね。80年代に一世風靡した『特捜刑事マイアミバイス』のドン・ジョンソンが再びバディもの刑事ドラマに主演したことでも話題になった作品ですが、当初は、ドン・ジョンソン演じるナッシュと、その家族を中心としたシリアスなドラマ展開だったのが、シーズン2以降からは、チーチ・マリンが演じるジョーとナッシュがコンビを組んで事件を解決するコミカルな作風が定番になり、それが受け入れられたのか、以後シーズン6まで続く人気シリーズとなりました。ナッシュ=野沢那智、ジョー=青野武の二人のハイテンションなやりとりが楽しめる吹替え版がよりドラマを面白く盛り上げていましたね。










拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
黄金のヤングアクションドラマ、刑事スタスキー&ハッチ!
ガースさん、こんばんは。

>≧バディもの刑事ドラマの最古である刑事スタスキー&ハッチも、日本の刑事ドラマ(トミーとマツやあぶない刑事など)にも多大なる影響を与えた作品ですが、。シーズン1のオープニングテーマは、『スパイ大作戦』のラロ・シフリンが担当していました。

>「刑事スタスキー&ハッチ」の第1シーズンのオープニングはラロ・シフリンが手がけていたのですか…スタハチと言うと、第2・第4シーズンのファンキーなオープニングテーマを思い出しますが、「ダーティハリー」や「燃えよドラゴン」で知られるラロ・シフリンが作曲した第1シリーズのオープニングもカッコいいと感じました。

スタハチと言えば、スタスキー役のポール・マイケル・グレイザーが「バトルランナー」の演出を手掛けていたことを知った時は「あれ?ポール・マイケル・グレイザーってスタさんの役者では?」と驚きましたが、下条アトムさんがスタスキー・高岡健二さんがハッチの声を担当されていたことを知った時も意外な印象を覚えました。
9人のコリない日本人 2014/11/30(Sun)22:15:54 編集
Re:黄金のヤングアクションドラマ、刑事スタスキー&ハッチ!
>「刑事スタスキー&ハッチ」の第1シーズンのオープニングはラロ・シフリンが手がけていたのですか…スタハチと言うと、第2・第4シーズンのファンキーなオープニングテーマを思い出しますが、
トム・スコットの軽快感のあるテーマ曲も良かったですね。ラロ・シフリンの重厚な感じもいいですが、作風を考えるとトム・スコットの曲の方がマッチしているような気がします(笑)。

>スタハチと言えば、スタスキー役のポール・マイケル・グレイザーが「バトルランナー」の演出を手掛けていたことを知った時は「あれ?ポール・マイケル・グレイザーってスタさんの役者では?」と驚きましたが、下条アトムさんがスタスキー・高岡健二さんがハッチの声を担当されていたことを知った時も意外な印象を覚えました。
ポール・マイケル・グレイザーは監督業も結構やっていましたよね。下条アトムさんと言えば、エディ・マーフィーの声のイメージが強いですが、ポールの声もとてもハマっていましたよね。
【2014/12/09 23:52】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 26 27 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]