忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753
MXテレビで放送中の『ザ・ハングマン』。スカパーのチャンネルNECOでも一年前から放送されていましたが、先月終了しました。リアルタイムで見始めたのが『ザ・ハングマン2』からだったので、今回ようやく最初のシリーズを全部見ることができて感無量です。改めて初期シリーズを振り返ると、やはり、ハングマンのメンバーの入れ替わりが激しかった印象が強いです。


最初は7人で構成されたメンバーだったのが、最終回では4人になってしまって、少々寂しい感じもしたが、後半期のメンバーがドラゴンを除いて「2」のメンバーだったので、後半期のエピソードは、「2」の前章みたいな雰囲気があってとても楽しめました。ブラックがリーダーだった頃の前半期は、ハードで重たい雰囲気が漂っていたが、マイトがリーダーになってからは、かなり軽いタッチになって、ハンギングの手法も多種多様に、時にド派手なものもあって面白かった。


40話台から最終話までの中で一番印象に残ったエピソードをご紹介しておきますと、





「死人の恋 愛の言葉はさよなら」

東京13区の選挙違反事件で逮捕され、釈放された杉村雄作代議士の選挙本部長・河田が愛人のマンションの部屋から飛び降りて自殺した。その自殺に疑問を抱いたゴッドは、ハングマンに杉村派を調査させる。巨額の現金を使ったゲンナマ作戦によって選挙に当選した杉村は、産業省の元エリート官僚で、元副総理で政界の実力者の高野の後継者とされる人物だった。杉村の弟の杉村武も近々政界に打って出る予定になっているが、その妻で河田の娘の杉村典子は、デジコンが学生の頃に結婚を約束した相手だった。ゴッドは、デジコンを任務から外すが、デジコンは独自に事件を追い、かつての恋人・典子と接触する。


かつての恋人が事件に関わっていると言う事で、任務から外されてしまったデジコンがゴッドの命令を無視して単独で事件を調べるエピソード。マイト達の会話を盗聴して情報収集をしたり、典子と直接会って話を聞いたり、一人でも有能に活動してしまうデジコンがカッコいい。タミーだけは、デジコンの動きを知っていたみたいだが、ラストのほうで、デジコンの前に姿をあらわたゴッドを見る限り、やはりゴッドも全てお見通しだったようですね。


そう言えば、かつてマイトも妻子を殺された同僚の刑事を助けるために命令を無視したことがあった(死体を喰うマンション)し、パンも任務中に銀行に勤める娘と出会ってしまって、誤って娘を拳銃で撃ってしまう(強盗を飼う警部)なんて話もありましたね。殉職したブラックのこともあるし、そういう経験を経たゴッドがデジコンを任務から外した理由はよくわかる。逆にデジコンが全くこの任務に関与しなかったら、とのような展開になったのかが気になった。夏木マリ氏が高級クラブの歌手で、典子の友人役を演じていたり、「電子戦隊デンジマン」でデンジイエロー役だった津山栄一氏が典子の弟の信彦役で出演していたりと、ゲストも多彩で面白かった。




最終話「死人たちは二度死なない」は、ハングマンが司法機関に切り込み、国家権力と最後の戦いに挑む壮大なストーリーになっていた。劇中で「一つ間違えれば内閣の命取りになるぜ」というマイトのセリフがあったが、そう言えば、後のリクルート事件を思わせるような内容でしたね。当時の竹下内閣は、その事件によって内閣総辞職に追い込まれたが、ドラマでは、輸入食料品の闇カルテル問題を巡る帝都物産の贈賄事件に絡んだ司法機関の汚職が描かれていた。


その公判で警察側の有力な隠し玉とされていた証人の男が電車にはねられて死亡するが、ゴッドは、男の事故死に偽装殺人の疑いがあると睨んで、ハングマンに調査をさせる。しかし、その犯罪に関与している一味がハングマンの存在に気づき、マイト達は、アジトを暴かれて逃げ回ることに。タミーが警察に見つかった専用車で逃げたために、第2のアジトも警察に見つかってしまい、ハングマンもいよいよジ・エンドか?と思いきや、なんとかスリリングに逃げ切り、最後はいつものように罪人達に罪を自白させ、事件を解決させた。それにしてもタミーのあの行動は解せなかったですね(苦笑)。正体が知れ渡ったため、しばらくの間、ハングマンは解散すると言う流れになったが、最後に秘密部屋でゴッドとマイト達が全員で手を合わせるシーンは感慨深いものがありました。




「ザ・ハングマン2」の放送も期待したいところですが、なんと、この秋にチャンネルNECOでの放送が決定したみたいです。リアルタイム以来30年ぶり。楽しみですね。




拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]