忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[850]  [849]  [848]  [847]  [846]  [845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840
『ニキータ』『レオン』『ルーシー』などを手掛けたリュック・ベッソンが製作した「トランスポーター」シリーズは、3作公開された後しばらく続編が滞っていましたが、ようやく今年「The Transporter Refueled」という新作が公開されるそうです。主人公のフランク・マーティン役は、ジェイソン・ステイサムではなく、イギリス出身の俳優エド・スクラインにバトンタッチするらしいですが、キャスト一新でどのように変化したのか、内容も含めて気になるところです。



全12話で完結してしまったテレビドラマ版「トランスポーター ザ・シリーズ」は、映画版とは違って007のような雰囲気があり、クリス・ヴァンスが演じるフランク・マーティンは、ユーモアたっぷりな英国紳士と言う印象でした。格闘場面もユニークなアイデアがてんこもりで面白かったが、やはり、トランスポーターと言えば、肝心要のカーアクション。テレビ版では、AUDI A8が華麗な走りを見せておりましたが、カーアクションドラマの先駆けとも言えるナイトライダーテイストな演出がちらほらと垣間見えるところもあって、ニヤニヤさせられっぱなし(笑)。例えば、フランクとメカニックのディーターのやりとりの場面は、マイケルとボニー(もしくはエイプリル、RC3)を見ているような気分になるし、他にもナイトライダー的なストーリーやアクションを色々と見かけましたね。






①「父の秘密」

デリアという女をアメリカの元軍人の父親ウィガートが滞在するベルリンの屋敷まで送り届けることになったフランク。だが、デリアは、何者かに狙われていた。ウィガートは、軍事関連のコンサルタント会社を経営しているが、社内の人間達が麻薬の密売など違法なビジネスに手を染めていることを知り、それをインターポールに告発しようとしていた。犯罪組織からデリアの命を守るため、フランクは、彼女をパリの飛行場まで連れて行くことになるが・・・。





クライマックスの飛行場の場面。フランクが運転するAUDI A8が滑走路に進入し、犯罪組織に捕らわれたデリアが乗る小型ジェット機を追跡するシーンがあるが、ナイトライダーのパイロット(電子頭脳スーパーカー誕生)のクライマックスを彷彿とさせる。このエピソードは、本国では、第3話として放送されたものだが、日本では、DVDの収録順や、スカパーの放送でも第1話として扱われており、どことなくナイトライダーを意識したように見える。また、フランクが車のサンルーフを開けて、ジェット機の翼に飛び移るシーンがあるが、「殺しの暗号トパーズの謎!大追跡!ジェット機に飛び乗れ!!」でマイケルがジェット機の翼に飛び移る場面を思い出した。





④「盗まれた心臓」

ある二つの家族が息子の心臓移植のため、ドナーの臓器の提供を待ち続けていた。その一方の少年フィリップの父親は、南フランスの犯罪組織のボス・ドラゴだった。もう一方の少年に適合するドナーが見つかり手術の準備が進められるが、病院へ送り届けられるはずだった心臓が移送中に行方不明になってしまう。同じ頃、フランクは、とある病院で依頼品のトランクを受け取るが、その中身は少年に移植されるはずの心臓だった。ドラゴがフランクを利用して病院から心臓を盗み出そうとしていたのだ。






冒頭のカーチェイスでAUDI A8が走行する電車の上を飛び越えるジャンプシーンが見られるが、「スペシャルカーを取り戻せ!ナイト2000車ドロ壊滅作戦!!」でのナイト2000の列車越えのターボジャンプシーンを思い起こさせる。またストーリーの内容も、こちらは心臓移植の話だったが、「死線48時間リミット寸前!決死のレールウェイ大走破!!」のエイプリルの姉の養女ベッキーの骨髄移植の話が思い出される。





⑩「すり替えられた名画」

フランクは、ベルリンのギャラリーで依頼品を受け取る。その中身は、カミーユ・ピサロという芸術家の絵画だった。四季をテーマに4枚の絵が描かれており、1枚2000万ユーロ以上、4枚全て揃えばその価値は5倍以上に跳ね上がると言われている。依頼人のカイバーは必死に絵画を探し回っているが、同じ頃、ピサロの子孫を名乗る女がその絵画を狙っていた。





このエピソードでは、メカニックのディーター専用のトレーラーが登場し、AUDI A8が走行中のトレーラーのコンテナに乗り込むシーンがあるが、ディーターのトレーラーがまるでナイト財団移動本部トレーラーのように見える(笑)。メンテナンスルームのようなコンテナの中でのフランクとディーターの会話のやりとりや、会話の後、AUDI A8がトレーラーから勢い良く降りて発進するところなど、ナイトライダーの移動トレーラーシーンの演出を彷彿とさせる。




拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
「フランク、あのジェット機です!中にデリアもいます!」
ガースさん、こんばんは。

>≧クライマックスの飛行場の場面で「フランクが運転するAUDI A8が滑走路に進入し、犯罪組織に捕らわれたデリアが乗る小型ジェット機を追跡するシーン」があるが、ナイトライダーのパイロット版「電子頭脳スーパーカー誕生」のクライマックスを彷彿とさせる。

>テレビシリーズ版「トランスポーター」ですが、レンタルで拝見した「父の秘密」にあった飛行場の場面は「フランクの巧みなハンドル捌き」「サンルーフを開けて、ジェット機の翼に飛び移るシーン」に圧倒されましたね。

それ以外にも、デリアを拉致したフリーダー・トランフと携帯越しに「トランスポーターと呼んでくれ!」と言うフランク→加速するアウディA8に続く「デリアを乗せたジェット機を追うフランクのAUDI A8がジェット機を追うシーン」は「フランク、あのジェット機です!中にデリアとトランフもいます!」とフランクに指示するKITTの声が聞こえてくるような雰囲気が伝わりました。

>≧のっけから繰り広げられる立体駐車場でスピーディーなカーチェイスと銃撃戦が映画さながらの迫力。

>初回にあたる「父の秘密」は「コートダジュールを疾走するフランク・マーティンのアウディA8→カーラと仕事の確認をとるフランク」で幕を開け、立体駐車場を舞台に展開される〝見知らぬ女性を連れたフランクが「環境に悪い車」とカーチェイスを繰り広げるシーン″も見ているだけで「KITT、あの環境に悪い車を追っ払うぞ!」とKITTに話しかけるマイケルの姿が目に浮かんできますが、地下駐車場に路駐していた日産エスカルゴがシガーライターで吹き飛ぶシーンは「なぜそこに日産車が…しかもエスカルゴかよ!」と驚きました。

また、デリアの屋敷で展開される「デリアの父親を襲った犯人とフランクが格闘→デリアの運転するA8で脱出するフランクのシーン」も窓を突き破ってデリアの運転するA8に乗り込むフランクを見ていると〝「KITT,デリアは大丈夫か!?すぐ迎えに来てくれ!」とコムリンクに叫ぶマイケル”の姿をイメージしますが、「トランスポーター ザ・シリーズ」の番組スタッフはナイトライダーを意識してこのドラマを作ったのではないか?と思いました。
9人のコリない日本人 2016/03/01(Tue)22:34:54 編集
Re:「フランク、あのジェット機です!中にデリアもいます!」
>それ以外にも、デリアを拉致したフリーダー・トランフと携帯越しに「トランスポーターと呼んでくれ!」と言うフランク→加速するアウディA8に続く「デリアを乗せたジェット機を追うフランクのAUDI A8がジェット機を追うシーン」は「フランク、あのジェット機です!中にデリアとトランフもいます!」とフランクに指示するKITTの声が聞こえてくるような雰囲気が伝わりました。

もしAUDI A8にキットが装備されていたら、そんな会話のやりとりがあったかもしれませんね(笑)。


>「KITT、あの環境に悪い車を追っ払うぞ!」とKITTに話しかけるマイケルの姿が目に浮かんできますが、地下駐車場に路駐していた日産エスカルゴがシガーライターで吹き飛ぶシーンは「なぜそこに日産車が…しかもエスカルゴかよ!」と驚きました。

エスカルゴは、27年程前に日産が2年間だけ生産していた車らしいてすね。車体が古いから爆発用の車に選ばれたのかもしれませんが、しかし希少な車をいとも簡単に爆破してしまうなんて、ちょっともったいない気もしますね。他に古い車なかったのかな・・・(苦笑)。

>「KITT,デリアは大丈夫か!?すぐ迎えに来てくれ!」とコムリンクに叫ぶマイケル”の姿をイメージしますが、「トランスポーター ザ・シリーズ」の番組スタッフはナイトライダーを意識してこのドラマを作ったのではないか?と思いました。

間違いなくナイトライダーを意識しているでしようね。本当は、キットみたいな人工知能をAUDI A8に乗せたかったんじゃないでしょうかね(笑)。
【2016/03/26 22:11】
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]