忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [838]  [837]  [836]  [835
東映チャンネルで放送中の「はみだし刑事情熱系」は、去年の夏頃からスタートして、現在PART4が放送中。最近BS朝日のほうでも再放送が始まったみたいですね。PART4の初回で、ついに高見兵吾が娘のみゆきに自分が父親であることを告白したのですが、それを知ったみゆきはなぜか複雑な反応を示す・・・という流れになっております。



リアルタイムの放送以来改めて見直すと、思ってた以上に実車を使ったカーアクションや本物の爆破シーンが数多くあったことに驚いた。90年代以降、アクションものの刑事ドラマは衰退し、「はぐれ刑事純情派」のような人情系の作品が刑事ものの主流になり、90年代後半には、「踊る大捜査線」のような警察内部の諍いを描いたコミカルな刑事ものがヒットして、当時アクションもので唯一残っていたのがはみだし刑事。はみ刑事は、それまでのハードボイルドなアクションものを継承しつつも、どこかアットホームな雰囲気が漂っていましたね。高見と玲子とその娘のみゆきの複雑な親子関係を主軸にして、様々な事件を描いていたからでしょうか、ハードなアクション回も結構あったのにあまり印象に残っていなかった。でもPART5辺りからCGを使い出すんだよなあ・・・。



もう一つ気になったのは、PART3で放送された「広域VS本庁!涙の捜査・撃たれた婚約者」というエピソード。このストーリーの流れ、どこかで見覚えがあるなあと思っていたら、刑事貴族の「その時、哀しみの時が過ぎた」とそっくり。脚本も同じ人(岡芳郎)が書かれているので、言うなれば、「その時、哀しみの時が過ぎた」のリメイクと言っても過言ではないですね。




まず刑事貴族のほうは、こんなストーリーでした。


銀行強盗事件が発生し、犯人の男が女子行員を人質に立てこもる。泉が男を取り押さえようとした時、揉み合いになって男の銃が暴発し、女子行員が撃たれて死んでしまう。自分の過失に責任を感じる泉。そんな中、麻薬取締事務所と代官署が合同で、暴力団戸川組の大掛かりな麻薬取引の捜査を始めることになる。泉は、麻薬取締官の安田とコンビを組み、戸川組の麻薬捜査に乗り出すが、安田は、なぜか泉に敵意を剥き出しにする・・・。




一方、はみだし刑事のほうは・・・


貴金属強盗犯の男がコンビニにたてこもり、若い女性を人質にとる。西崎が男を取り押さえようとした時、犯人の銃が暴発して人質の女性に当たり、女性は瀕死の重傷を負う。自分の過失を責める西崎。そんな時、本庁捜査一課の伊達刑事が広域捜査隊にやってくる。伊達と西崎は特殊班時代の同期で、伊達は、この事件の捜査のため本庁から派遣されてきた。兵吾と西崎と伊達の三人は、福田と言う男を捜し始めるが・・・。


あらすじを見ても流れはほぼ同じ。中盤の流れも

■刑事貴族→泉と麻薬取締官の安田がコンビを組むも反発し合い、泉が原因で婚約者を失った安田が泉の命を狙う。

■はみだし刑事→西崎と本庁の刑事の伊達がコンビで捜査をするが二人は反発し合う。西崎のミスで重傷を負った女性は、実は伊達刑事の婚約者。


安田と伊達、共に婚約者がいるところや二人が暴走する動機も同じ。









刑事貴族で麻薬取締官の安田を演じたのは藤堂新二氏。当時の刑事ドラマでもよく見かけましたが、やはり、個人的にはデンジマンのヘドラー将軍ですね(苦笑)。最近は、「宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATION」に長官役で出演されていました。









はみだし刑事で本庁捜査一課の伊達刑事を演じていたのは、小沢仁志氏。東映Vシネマなどでは、眼光鋭い強面のヤクザ役が多いですが、このエピソードでは、暴走しつつも、涙を見せたり、婚約者の前で優しさを見せる刑事を演じていた。





クライマックスの展開も・・・

■刑事貴族→泉と安田が戸川組の男達を追いつめるが、戸川組に潜入していた麻薬取締官の岡村が人質に取られる(階段で女子行員が撃たれた時と同じ状況)。安田が背後から戸川組の連中を取り押さえようとするが、その時、戸川組の男が持っていた銃が暴発し、泉は左肩を撃たれる。撃たれた泉の姿を見て安田は改心する。


■はみだし刑事→連続強盗団が潜伏するライブハウスに西崎と伊達が突入し、伊達が主犯格の男を取り押さえようとした時、男が持っていた銃が暴発。西崎が腹を撃たれてしまう。兵吾の応援により、犯人達は捕まり、伊達と西崎は単独行動を取ったことを理由に、兵吾に殴られ説教される。



と、ここもほぼよく似た展開でした。主だった違いと言えば、安田の婚約者は死に、伊達の婚約者は生きていた点ですね。刑事貴族は、極めてハードボイルドに。はみだし刑事は、ハートフルに事件を解決させていたように見えました。





最後に、はみだし刑事PART1・2で広域特別捜査隊本部長の徳丸謙二郎役を演じた愛川欽也さんが一昨日亡くなられたそうです。愛川さんと言えば、1980年代は、「なるほど・ザ・ワールド」などバラエティ番組の司会や、俳優、声優、映画製作等々マルチに活躍されていましたね。土曜ワイド劇場の「西村京太郎トラベルミステリー」シリーズの刑事役も有名でした。愛川さんのご冥福をお祈り致します。






拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
愛川欽也さん
私も愛川欽也さんの訃報に驚いています。
この人は映画「トラック野郎」シリーズでヤモメのジョナさん役で出ていましたね。
昨年、菅原文太さんが亡くなりましたが、その後を追うように亡くなりました。
声優では「いなかっぺ大将」のニャンコ先生、「ハクション大魔王」のそれからおじさんの声が印象に残っています。
ご冥福をお祈りいたします。
だめおやじ 2015/04/18(Sat)10:13:00 編集
Re:愛川欽也さん
>私も愛川欽也さんの訃報に驚いています。
>この人は映画「トラック野郎」シリーズでヤモメのジョナさん役で出ていましたね。
お返事かなり大変遅れて申し訳ございませんでしたが、亡くなられてもう一ヵ月経つんですね・・・。80年代テレビで大活躍され、毎日のように見かけたのに、気づけばもう30年前の出来事だし、トラック野郎で共演した菅原文太さんももういないし・・・。この訃報を聞いた時、随分ぼくらは未来にきてしまったんだなあと感慨深く思いました。
【2015/05/22 22:54】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]