忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[840]  [839]  [838]  [837]  [836]  [835]  [834]  [833]  [832]  [831]  [830
チャンネルNECOでは、先月から「ザ・ハングマン 燃える事件簿」が連日放送されていますが、この放送ではなんと週一放送時にはなかった予告編がついております。初回の放送では、OPの前に初回の予告編も放送されていました。これはまたまた嬉しいサプライズですね。ハングマンは、このシリーズしかまだDVD化されてないし、一部の情報によると、DVDの画質よりもNECOの放送素材のほうが画質が良いそうですから、ファンにとっては尚更貴重な放送になります。私も前回の放送を全話録画しましたが、もう一度録画し直している真っ最中(苦笑)。再放送がないので雨などの影響で電波障害が起きやしないか心配ですが、とにかくスカパーの電波、頑張れと祈るばかり(苦笑)。


そして、先週遂に「ザ・ハングマン2」が最終回を迎えました。約30年ぶりに見ましたが、子供の頃見た時に受けた衝撃が蘇えってきました。




最終回「影との対決 ハングマン散る!」

不動産会社「栄進開発」の経理課長・河村の白骨遺体が発見される。栄進開発は一年前、土地転がしの手入れを受け国税庁に摘発されたが十分な証拠が見つからず、その脱税事件の発覚と同じ時期に河村の消息が途絶えていた。ゴッドの指令を受けてマイト達は、河村の死の真相と栄進開発が土地転がしで得た巨額の資金の在り処を調べ始める。だが、マイト達の動きを知る政財界の大物が闇の組織を使ってハングマンを叩き潰そうとしていた・・・。


アダルトチックな雰囲気とマイトのコミカルなセリフや動きが目立っていた先週までの話とは違って、最終回は、いつにも増して緊迫感の度合いが大きく終始ハードな展開。マイト達が何者かによって執拗に追いつめられますが、サブタイトルの通り、ハングマンvs影の組織の凄まじい対決が描かれていました。最初にターゲットにされたオショウは、バイクに爆弾を仕掛けられて殺されそうになるが、オショウの代わりによね子が犠牲に。次にマイトが敵の罠にハマり、闇の組織に猛追されて負傷する。ハングマンも負けじと闇の組織の素性を探り出し、政財界の怪物と呼ばれている大物・大室寛治郎に辿り着く。


マイトはその大物と直接対決を仕掛けることを決め、大室と政財界の大物達が集まり密談をする白金の料亭にタミーを潜り込ませる。ここからさらに凄まじい展開になっていきますが、ヨガのバイクからの発信が途絶えた後のデジコンの「やばい!なんかあったぞ急げ」のセリフが妙に緊張感があって耳に残りました。その後も只事ではない状況が続き、倉庫の中で拉致されたタミーとヨガが闇の組織の拷問を受けて命を落とします。太股をナイフでえぐられても一言の言葉も出さず、最後は、拳銃で蜂の巣にされ静かに息絶えたヨガ。そして、ハングマンの秘密を守るため自ら毒を含んで自決したタミー。タミーの死に顔がこの上なく美しかった。本放送時は、ひたすら拷問に耐えているヨガの姿を涙ながらに見ていましたが、今回も涙が出そうになりましたね。人知れず闇に葬られていく雰囲気が切なかった。二人の死体を見つめながら、悔しさをにじませているマイト、デジコン、オショウの表情もとても印象に残りました。



その後、倉庫に爆弾が仕掛けられていることに気づいたマイト達がタミーとヨガの死体を残して倉庫から脱出しますが、その爆発の規模がこれまた凄まじい。西部警察も真っ青な超ド派手な爆発に息を飲みました。敵に素性を知られたため、ハングマンは解散となりますが、無残に散っていたタミーとヨガの報復を果たすべく、マイト達が個人で復讐戦を開始し、三人は、大室の一派が乗る車をニトロで吹き飛ばしてしまう。その爆発がまた西部警察級に派手な爆発だった。最終回の爆発量は本当に凄まじかったですね。時代劇の必殺シリーズの最終回にも、仕事人のメンバーが敵に殺られて果かなく散っていくといった場面がよくありましたが、そのスタッフが関わっているだけあってか、必殺の現代版とも言うべきハングマンのメンバーの死の演出も必殺の匂いを感じさせるものがあり、物凄く印象に残るものになっていましたね。




こうして二人の殉職者を出してハングマン2は終了しましたが、この最終回で死んだはずのタミーとヨガ、なんと後のハングマンスペシャルで復活しちゃうんですね(苦笑)。こんなに凄まじい死に方をしたのにあっさり生き返った姿を見た時は、思わずズコーッと叫びたくなった(苦笑)。そう言えばハングマンVは女性のメンバーがリーダー役を務めていましたが、山本陽子さんではなく、夏樹陽子さんがリーダーを演じていたらどんなハングマンになっていたのか気になりますね。




今週からはいよいよ「新ハングマン」がスタート。地上派で再放送を見て以来久しぶりに見ることになりますが、先週のハングマン2最終回の放送では本編終了後になんと新ハングマン初回の予告編がついていました。やはり新ハングマンもこれまでと同様に画質が物凄く綺麗になっています。チャンネルNECOのハングマン放送は気合が入っていますね。もうこの際ですから、このままハングマンGOGOまでノンストップで放送してもらいたいですね(笑)。





拍手[13回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
はじめまして・・・?

私は、「西部警察のバイクアクション」の記事にコメントさせてもらった者ですが・・・コメントはまだ御覧になってませんか?

一応、報告です。失礼いたしました。

「ハングマン」はよく知らないのですが、現代版「仕掛け・仕置き人」的な内容でしたかね。
妄想大好き人間 2015/04/02(Thu)12:23:14 編集
Re:無題
>私は、「西部警察のバイクアクション」の記事にコメントさせてもらった者ですが・・・コメントはまだ御覧になってませんか?
どうも遅れてすいませんでした。
先ほどコメント致しました。


>「ハングマン」はよく知らないのですが、現代版「仕掛け・仕置き人」的な内容でしたかね。
ハングマンはまさに現代版の必殺的な内容のドラマです。アメドラのスパイ大作戦風味な展開もあったり、過激なお色気シーンもありました(笑)。
【2015/04/10 15:19】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]