忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652
有名俳優がゲスト出演することでも話題の『HAWAII FIVE-0』。AXNで放送中のシーズン3の放送も残り僅かとなってきましたが、15話に、『ロボコップ』『リバイアサン』などで知られるピーター・ウェラーがゲスト出演していた。この話は、オリジナルの名作エピソードを現代風にリメイクしたもので、ピーターは、エピソード監督も務めていました。冒頭のテロップや演出など、全体的にオリジナルの世界観を意識したような作りになっていて、70年代風の懐かしい雰囲気が漂っていました。



ピーター・ウェラーは、両手が義手のスナイパー役で、ターゲットの名前を入れた薬きょうを使い、次々と警官を狙う。スティーブの父の友人だったキオキ巡査が犠牲となり、ファイブオーのメンバーは、捜査を開始。ある通報を受けてファイブオーが容疑者らしき男の自宅に向かっている間に、別の場所でまた警官をターゲットにした狙撃事件が発生、オーカラ巡査が殺されてしまう。狙撃現場に落ちていた薬きょうには、「マクギャレット」の文字が彫られていた…。



ピーター・ウェラー、腹も出て、さすがに歳をとっていましたが、ますますシブ味を増していました。ピーターが演じるストーナーは、かつて銀行強盗事件を起こし、スティーブの父の発砲により、両腕を失った過去を持つ。模範囚として刑期を終え、出所すると同時に、あの時の復讐のため活動を開始。ストーナーがロボットの腕のような義手を器用に動かしている場面は、ロボコップのパロディのようにも見え、カーチェイスシーンもいつにも増して迫力があった。日本の刑事ものでもそうですが、やはり、狙撃をテーマにした話は、緊迫感があって好きですね。いかにもアクション刑事ものって雰囲気に満ち満ちていて、痛快でした。




ところで、ロボコップもまたリメイクされるそうですが、新しいロボコップは、デザインがオリジナルのよりもスマートになっていました。ボディの色が暗めになっていて、ロボットというよりもバットマンのようなダークヒーローに見えてしまいますね…。サミュエル・L・ジャクソンや、ゲイリー・オールドマンなどの有名どころや、オリジナルでロボコップの開発者ロバート・モートンを演じたミゲル・ フェラーも再び出演しているそうです。またあのED209も新デザインで登場するらしい。映画は、2014年公開予定。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]