忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [648
TBSチャンネルで放送中の「新七人の刑事」は、まもなく60話台に突入し最終回が近づいております。初回こそ西部警察を彷彿とさせるカーアクションが展開しておりましたが、それ以降は、目立ったアクションは見られず、前のシリーズと同様に各々の刑事達の葛藤や、加害者側の人間模様を重点に置いたストーリーが続いております。リアルタイム時は、「太陽にほえろ!」などが放送されていた金曜夜8時のゴールデンタイム枠で放送され、視聴率戦争であえなく撃沈されてしまったわけですが、それでも一年以上続いたわけですから、当時は、それなりに人気があった刑事ドラマだったんですね。



第43話「一粒の麦死なずば」では、太陽と同じく殉職ストーリーが展開していました。佐々木刑事(樋浦勉)が逮捕した木崎組のチンピラ・旗野(大地康雄・クレジットは大地常雄名義)を連行中に逃がしてしまい、逃走中の旗野が何者かに殺されてしまう。失態をしでかした佐々木刑事は、単独で旗野を殺した犯人を探し続け、やがて、旗野の逃走に城南署の瀬島刑事が関わっていることをつきとめる…。仲間の刑事に拳銃で撃たれると言うかなりショッキングな殉職を遂げた佐々木刑事。佐々木刑事を演じた樋浦勉氏は、「七人の刑事」にもゲスト出演していたそうですが、個人的には、日曜洋画劇場などの洋画の吹替えでよく声を聞いた方と言う印象のほうが強いです。そう言えば、この間ザ・シネマで放送されたトム・セレック主演の「未来警察」の吹替え版では、KISSのボーカルのジーン・シモンズの声を演じられていました。



このエピソードで佐藤英夫氏が演じた南刑事も栄転し、44話「新刑事二人走る」からは、宅間伸氏が演じる中野刑事と、元プロボクサーの輪島功一氏が演じる立岡刑事が新たに加入した。宅間氏は、「愛しの刑事」など他のドラマでも刑事役を見かけたことがあるが、輪島氏の刑事役は、今まで見たことなかったし、そもそも役者をやっていたこともこのドラマで初めて知りました。思っていたより自然な感じで演技されていて、とくに、53話の「チャンピオン殺人事件」では、リングに上がって新人ボクサーとスパーリングをしたり、まさに輪島氏のボクシング経験を活かしたストーリーが展開していて、とても印象に残った。



今週放送された57話「幸せの小さな旅」は、酔っ払いのサラリーマン同士が電車内で喧嘩になり、駅のホームに降りてから傘を使ってチャンバラをやり始めた挙句、若い会社員の広川が老齢の男を傘で殴って殺してしまう。広川は、妻と二人の子供を連れて逃亡し、一家心中を図ろうとするも躊躇し、見知らぬ旅館に立ち寄って家族の絆を見つめ直すと言うお話だった。広川が自首を決意するまで、逃亡中の広川の家族を見守り続ける姫田刑事の姿がとても印象的でした。このドラマは、当時TBSのアナウンサーだった久米宏が登場したり、個性豊かなゲスト陣も見所の一つですが、このエピソードには、殺人犯の広川役に当時、「あばれはっちゃく」のお父さん役で有名だった東野英心、妻のトシコ役は、このドラマの後番組「3年B組金八先生」で理科の教師役をやっていた茅島成美、広川の娘役は、「北の国から」の蛍役で当時名子役と言われていた中嶋朋子が出演していました。



さらに、エンディングのクレジットを見ると、現在、声優で活躍されている方々のお名前を発見。キョウリュウジャーのナレーション兼キョウリュウバイオレットにも変身していた千葉繁氏が若い駅員役、バーン・ノーティスのサム・アックスの声などを担当されている江原正士氏が被害者の息子役で葬式のシーンに少しだけ出演されていました。



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
ササヤンの瞳にダイヤが光る
こんばんは・ガースさん。

>≫佐々木刑事を演じた樋浦勉氏は、「七人の刑事」にもゲスト出演していたそうですが、個人的には、洋画の吹替えでよく声を聞いた方と言う印象のほうが強いです。そう言えば、この間ザ・シネマで放送されたトム・セレック主演の「未来警察」の吹替え版では、KISSのボーカルのジーン・シモンズの声を演じられていました。

>ササヤンこと佐々木刑事を演じた樋浦勉さんと言えば、ブルース・ウィリスやリチャード・ドレイファスの声優でもおなじみですよね。

ブルース・ウィリスの声優と言えば、野沢那智さんの
イメージが強いですが、「そういえば樋浦さんもブルース・ウィリス声優の一人だったな」と思いました。

樋浦さんと言えば、「新七人の刑事」と同時期に日本テレビで放送された「ルパン三世2」の「ロボットの瞳にダイヤが光る」でダイヤモンド製造機のロボットを横取りしようとするニューヨークのギャング・ガボットを演じた印象が強いですが、樋浦さん演じるガボットが情婦・ベイビーと子分に罵られたり、ロボットを作った科学者を尋問すべくボクサー時代の腕を見せようとするわベイビーに罵倒されて「もっといい子分に恵まれていたらなぁ…」と嘆くシーンが妙に面白かったです。
9人のコリない日本人 2013/08/12(Mon)21:14:06 編集
Re:ササヤンの瞳にダイヤが光る
>ブルース・ウィリスの声優と言えば、野沢那智さんのイメージが強いですが、「そういえば樋浦さんもブルース・ウィリス声優の一人だったな」と思いました。
ブルース・ウィリスの声は、日曜洋画劇場でダイハードが放送されてからは、野沢さんがフィックスになることが多かったと思いますが、フジテレビでダイハードが放送された時は、村野武範でしたよね。樋浦勉さんは、個人的には、ゲイリー・ビジーの声の人と言う印象が強いですね未だに(苦笑)。
【2013/08/26 01:55】
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]