忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676

以前ゴリラの欠番についての記事を書きましたところ、多数のコメントを頂きました。どうもありがとうございます。他の作品にも多かれ少なかれ欠番と称して放送されないエピソードが存在しますが、視聴者としては、いつでも完全な形で楽しみたいものですよね。放送当時は、社会的な影響や風潮もあって放送禁止になったものも、今の基準で見直せば、もしかしたら放送できるものもあるのではないか?と思いますが、今は逆に欠番になるエピソードがますます増えてきているのが残念なところです。


ファミ劇で放送中の「ゴリラ警視庁捜査第8班」ですが、本来であれば今週は、欠番エピソードの18話「ゴリラの熱い一日」が放送されるはずだったのですが、予定通りとばされて、今週は、19話「刑事チェンの涙」が放送されます。いつの日か解禁される日が来ることを願っております。


17話まで放送されましたが、あれれ…17話「謎の女」から本編の時間が短くなったことに気づかれた方も多いはず。実は、リアルタイム放送時、17話から冒頭に3分ほどのダイジェストが入るようになり、その分、本編の放送時間が短くなってしまったのです。残念ながらファミ劇では、ダイジェストをカットして放送しているので、以前より短くなってしまっているんですね。太陽にほえろ!にも冒頭に20秒くらいのハイライトがありましたが、カットされずに放送されていますよね。まあでも確かにゴリラの場合は、当時から色々と疑問はありました。ダイジェストにしては、長すぎるんじゃないかとか、見せ過ぎじゃないかとか。太陽にほえろ!みたいにもっとスマートに見せるほうが良かったのでは。あれは、本当にネタばれし過ぎ(苦笑)。


DVDに収録された「博多大追撃」「危険地帯」の二本は、やはり、地方ロケ編ともあって、アクションや爆破もいつも以上に迫力がありました。それ以外で印象に残ったエピソードの一つ「ゲッタウェイ」。リアルタイム時は、このタイトルだったのですが、ファミ劇では、なぜか「逃げて、逃げて」と言うタイトルで放送されていた。視聴率対策の一環なのか、初回から通してきた英語のサブタイトルが10話以降から日本語になったのは、知っていましたが、9話もタイトルが変更されていたとは驚きです。このエピソードの場合は、英語のままでも良かったような。


闇ルートを使って犯罪者を海外へ逃亡させるプロの逃がし屋グループを三日以内に壊滅すべく行動を開始したゴリラ。救急隊員になりすました伊達と風間は、二人組の強盗犯が篭城する宝石店に入り込み、強盗犯達が盗んだ宝石と銃器類を手に入れる。風間は、逃がし屋グループとつながりのある故買屋のヒサマツジョー(成瀬正)と言う男と接触を試みる…。


宝石専門の故買屋ジョーから逃がし屋グループの黒幕の情報を聞き出すため、ゴリラの危険な作戦が展開される。二人組の宝石強盗犯になりすました伊達と風間が地下の駐車場でジョーと取り引きするが、そこに中田刑事(仲村トオル)と谷川があらわれ、三人を捕まえようとする。風間とジョーは、手錠でつながれ、伊達は、中田に撃たれた芝居をして二人から離れる。刑事と犯人が手錠でつながれて、一緒に行動するうちに奇妙な友情が芽生える…みたいな話は、古い映画や西部警察でも「手錠のままの脱走」をはじめ、たくさんありましたが、このエピソードでは、風間とジョーの逃避行が描かれています。


逃がし屋グループに助けを求めるも裏切られて、命を狙われるはめになったジョーと風間。立場の違う二人が運命共同体となり、徐々に追いつめられていく展開がスリリングであり、BGMの使い方もカッコ良かった。風間達を執拗にマシンガンで狙い撃ちしたのが、黒幕ではなかったという意外な展開もあり面白かった。騙された風間がいつにも増して凹んでいる姿がとても印象的でした。




ところで、欠番エピソードで印象的に使われていたカッコ良いあのBGM。サントラやミュージックファイルにも収録されなくて諦めていたのですが、あるところにはあるんもんですね。感謝感激。




https://www.youtube.com/watch?v=bhRs8q_hcBg&feature=player_embedded



拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
逃亡地帯→「ゲッタウェイ 逃げて、逃げて!」
ガースさん、こんばんは。

>≫逃がし屋グループに助けを求めるも裏切られて、命を狙われるはめになったジョーと風間。立場の違う二人が運命共同体となり、徐々に追いつめられていく展開がスリリングであり、BGMの使い方もカッコ良かったと思えば風間達を執拗にマシンガンで狙い撃ちしたのが、黒幕ではなかったという意外な展開もあり面白かった。

>「ゲッタウェイ 逃げて、逃げて」は「手錠のままの脱走」を彷彿とする「手錠のままの道中」を描いた作品ですが、ラストで自分を裏切った風間に銃口を向けようとするジョーに「早く病院で傷を治すんだ!」と説得する風間→風間の説得に折れたジョーは救急車で病院に行く…と言うシーンが印象的でしたね。

自分としては「逃げて、逃げて」は「特命刑事」の「逃亡地帯」をリメイクしているような雰囲気を感じますが、「手錠でつながれた二人組が一般人の車を奪う→だが、その一般人は刑事の仲間だった」と言う展開や「執拗に刑事と犯人を付け狙うのは黒幕ではなかった!」と言う描写を見ると「ゲッタウェイ」の風間とジョーは「逃亡地帯」の片桐竜次さん演じる新田と草薙良一さん扮する一等航海士のコンビを元ネタにしているのではないか?と思いました。

話がそれますが、「逆に欠番になるエピソードがますます増えてきているのが残念なところです。」と言う文を見て危惧することががあります。

清水健太郎さんがゲスト出演された「ゴリラ」の福山ロケ編第2弾「瀬戸内冒険団」がファミ劇での放映がないのでは?と言う杞憂を感じます。

前に「スーパーポリス」の2話連続放送がファミ劇であった際に清水さんがゲスト出演された「悩殺・盗まれた女の日記」と言うエピソードが未放映になったケースがあったと思いますが、もしかすると「瀬戸内冒険団」も「清水健太郎がゲスト出演されていること」で欠番扱いにならないのか不安です。
9人のコリない日本人 2013/11/02(Sat)17:47:20 編集
Re:逃亡地帯→「ゲッタウェイ 逃げて、逃げて!」
>自分としては「逃げて、逃げて」は「特命刑事」の「逃亡地帯」をリメイクしているような雰囲気を感じますが
確かに二つの作品にはいろいろと接点が多くて面白いですね。脚本家も同じなのできっと間違いないのではないかと思います。

>もしかすると「瀬戸内冒険団」も「清水健太郎がゲスト出演されていること」で欠番扱いにならないのか不安です。
今のところそういったアナウンスはないようなので普通に放送されると思うのですが、えっ、また逮捕されたの?っていうのが正直な実感ですね。直前になって中止のアナウンスがされないことを祈ります。
【2013/11/10 09:37】
自分も思いました。
〉9人のコリない日本人様
「ゲッタウエイ」の回、「逃亡地帯」のリメイク
で間違いないと思います。どちらの脚本も峯尾基三さんですので‥
『ゴリラ』はリアルタイムでも見ていた筈ですが、当時は気が付きませんでした。偶然を装って車を奪ったり、襲撃を受けて黒幕を告白するが、それも計画だったりとは全く同じですもんね。
ひんしゅく小僧 2013/11/02(Sat)23:48:15 編集
茨城、博多でゴリラ大暴れ!
ガースさん、こんばんは。

>≫DVDに収録された「博多大追撃」「危険地帯」の二本は地方ロケ編ともあって、アクションや爆破もいつも以上に迫力がありました。

>「博多大追撃」は、ゴリラと同時期に福岡市で開催されたアジア太平洋博覧会「よかトピア」でロケをした回でしたね。中田が宝石強盗犯・唐沢を護送中に共犯の襲撃にあうところから始まり、アジア太平洋博覧会会場を舞台にした中田と唐沢一味の取引では「Don't break my heart,don't break me down」とかかる洋楽の歌が耳に残りますが、谷川のパジェロに搭載された超小型テレビカメラがマリンアドベンチャー館から立ち去る犯人を捉える→伊達もタワーの上から犯人の一人を確認するシーンも見ものでした。

また、「透、お前千葉の生まれだろ?」と伊達に言われ風間に「頼りにしてるぞ、千葉県警の星!」とツッコまれ「僕は横浜育ちです」と返す透の場面も笑いをそそりますが、「伊達と中田が唐沢一味が新車を購入した三菱のディーラーに出向いて聞き込みをする」シーンで浅野温子さんの映ったポスターを見て中田が「センパイ、この人…」→「あら?」となる伊達のシーンが面白かったですが、〝中田が「センパイ、この人…」と指さした先にあったのは「浅野温子の映った三菱自動車のポスター」″を柴田恭兵さんのポスターが貼ってるポッカの自動販売機に置き換えたらどんな展開になったかと気になるところです。

タイアップ描写では、前述した「よかトピア」や花嫁誘拐事件の舞台となった大濠ウェディングホール・伊達と中田が聞き込みに回った三菱自動車のショールームとホテル・誘拐された花嫁の兄の車がたどり着いたオートバックスの店舗が描かれていましたが、山場にあたる〝対戦車用ミサイルで取引現場を襲う唐沢→現場へ向かった福岡県警と伊達・中田・風間・谷川″の場面や〝「RUN FOR YOUR LIFE」をバックに倉本さんの乗ったヘリが対戦車用ミサイルのある大型クルーザーを追い詰め、伊達たちがトヨタ・クラウンで逃げる唐沢たちを叩くシーン″も印象に残りました。

かたや「危険地帯」は、麻生部長が「大学の微生物研究所・関東検疫所の保管庫と筑波学園都市で起きた微生物研究所襲撃事件」と「死の商人に盗まれたスーパーボツリヌス菌の盗難」の話を倉本さんと塩田さんに語るところから始まりますが、終盤の「有田一味のアジトである採石場に茨城県警のパトカー軍団と伊達・谷川が乗ったパジェロが乗り込む…」というシーンが印象に残る回でしたね。

「そのお話を聞いただけで腹の調子が…その微生物でもまた腹の調子が……」と言って仕事を降りようとするも倉本さんや塩田さんにたしなめられる伊達や青年実業家を名乗って「どこにMADE IN 明代って書いてあんだよ!」とブラックマーケットにかかわりのある故買屋に鎌をかけ「…人呼んでマルサの男」と『真っ当な商売を心がけてる』男の事務所へガサ入れして「(手榴弾を)離すなよ~レバーが飛んだら最後だからよ…頑張れや」と男に手りゅう弾を突きつけて吐かせようとする風間の姿も笑いをそそりますが、霞ケ浦で犯人一味の乗った遊覧船を風間と淳子の乗ったモーターボートから回る→ヘリの倉本さんの狙撃で遊覧船の一味を一掃するシーンでかかるリズミカルな洋楽っぽい歌も耳に残りました。

山場を飾る砕石工場に茨城県警のパトカーと伊達・谷川のパジェロが乗り込むシーンにかかる「三菱車のパトカー軍団」を見ると「日本を舞台にしたジャッキー・チェンの映画」を見ているような錯覚を感じますが、伊達と谷川と「土産」を手に駆け付けた風間も加わり戦うシーンでは、「俺についてこい!だまって俺についてこい…」という伊達と「なんで同い年のお前に命令されなきゃいけないんだよ!」と文句を言う風間のやりとりやグレネードランチャーで有田の手下を一掃する伊達の場面も迫力ある爆破シーンが拝めました。
9人のコリない日本人 2017/04/24(Mon)23:07:29 編集
Re:茨城、博多でゴリラ大暴れ!
>「浅野温子の映った三菱自動車のポスター」″を柴田恭兵さんのポスターが貼ってるポッカの自動販売機に置き換えたらどんな展開になったかと気になるところです。

伊達が自販機でコーヒーを買い、「このコーヒー暖かい」とか言ってあぶ刑事のやりとりを再現していたかも(笑)。


>〝対戦車用ミサイルで取引現場を襲う唐沢→現場へ向かった福岡県警と伊達・中田・風間・谷川″の場面や〝「RUN FOR YOUR LIFE」をバックに倉本さんの乗ったヘリが対戦車用ミサイルのある大型クルーザーを追い詰め、伊達たちがトヨタ・クラウンで逃げる唐沢たちを叩くシーン″も印象に残りました。

西部警察にもミサイルが出てくる話が何度かありましたが、またミサイルが登場するようなスケールのでかい刑事ドラマが見てみたいですね。今だとCGになるんでしょうが(苦笑)。


>終盤の「有田一味のアジトである採石場に茨城県警のパトカー軍団と伊達・谷川が乗ったパジェロが乗り込む…」というシーンが印象に残る回でしたね。

巨大なダンプもとてもインパクトありましたね(笑) 。


>遊覧船の一味を一掃するシーンでかかるリズミカルな洋楽っぽい歌も耳に残りました。

Youtubeで公開されていますが、「Loving Me Totally」っていう曲のことですね。当時の刑事ドラマは洋楽をよく使用していましたが、ゴリラもいろんな曲を流していましたね。


>「俺についてこい!だまって俺についてこい…」という伊達と「なんで同い年のお前に命令されなきゃいけないんだよ!」と文句を言う風間のやりとりやグレネードランチャーで有田の手下を一掃する伊達の場面も迫力ある爆破シーンが拝めました。

風間がもしユージだったら「ついていきます、どこまでも!」みたいなことを言いそうですね(笑) 。
【2017/05/08 02:02】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]