忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672

日本のバディもの刑事ドラマの先駆け『俺たちの勲章』。「太陽にほえろ!」のあの有名な殉職シーンで刑事ドラマの歴史に深く名を刻んだジーパン刑事を熱演した松田優作と、70年代、青春ドラマに立て続けに主演した中村雅俊がコンビを組んだ刑事アクションドラマ。このドラマは、地上派の再放送で何度も見たことがあるし、2年前にチャンネルNECOで放送された時も全話見ました。今月からファミリー劇場で再びスタートしていますが、今回は、HDリマスターでの放送と言うことで、もう一度視聴することにした。


チャンネルNECOの放送素材と比べると、それはもう断然に綺麗な映像になり、とても新鮮な気分で堪能することができました。地上派やチャンネルNECOで見た映像は、なんせ40年近く前の作品ですし、何度も繰り返し再放送用に使われてきたものなので、かなり古ぼけた映像になっていた。まあそれはそれで味があるので、別に嫌ではなかったのですが、縦筋ノイズやゴミのような黒点ノイズが何分にも渡って、結構長い時間映っていたのが前々から物凄く気になっていました。今回のHDリマスター版は、そのノイズも綺麗に消されており、色も補正されてとても見やすくなっていた。2年前までずっとノイズだらけの映像で見てきたので、今回のHDリマスター版は、みずみずしいと言いますか、まるで別のドラマを見ている気分になりますね(笑)。




以前は、赤茶色に色褪せた感じで、画面左に映る電柱の右隣に縦筋ノイズや
画面左端にゴミのようなものが見えていた






色調整されノイズも消され、かなり綺麗。


この刑事ドラマ、一応舞台は、「大追跡」や「あぶない刑事」などと同じく横浜なんですが、初回からいきなり甲府ロケが行われています。西部警察でも甲府ロケがありましたが、俺たちの勲章は、全19話中、12話ほどが全て地方ロケと言う、短い放送回数のわりに地方ロケの密度がとても高いドラマだった。2人の若い刑事が日本全国を走り回るというコンセプトの刑事ドラマだったので、これほど数多くの地方ロケが展開されたのでしょうが、当時は、こう言うコンセプトの作品が易々と作れるほどの潤沢な予算があったのでしょうかね。当時の松田優作人気と言うものがどれほどのものだったのか、体感できなかったのでよくわかりませんが、やはり、優作さんが主演だけに、自然とスケールの大きいドラマになってしまったのでしょうか。タイアップしてくれたホテルの名前を何度もセリフで言ったり、西部警察と同じく宣伝セリフもありました。西部警察ほどの過激なアクションは見られませんが、今の刑事ドラマよりは、過激に銃撃戦を繰り広げたり、犯人とボコスカ殴り合ったりしています。


ゲストも当時の個性的な面々が数多く出演していました。初回には、「太陽にほえろ!」でジーパン刑事の恋人シンコ役を演じていた関根(現:高橋)恵子さんが出ていたし、2話には、当時、悪役で数多くの刑事ドラマに出演されていた石橋蓮司氏や、特撮ヒーローものにも多数出演していた黒人俳優のウイリー・ドーシーが元ボクサー役で出ていた。ウィリー・ドーシーと言えば、デンジマンのOPでデンジレッド=赤城がボクシングするカットで、その対戦相手がウィリーでした。刑事ドラマでは、「ベイシティ刑事」のバーテン役や、西部警察の初回に登場した装甲車TU89型・通称『LADY BIRD』のハッチから身を乗り出して、機関銃を派手にブッ放していたジェイ・ジェイ役が一番印象に残っていますね。特撮や刑事ドラマの劇中でよく殴られていたが、俺勲のこのエピソードでは、逆に松田優作氏演じる中野刑事を殴りまくる犯人役を演じていた。あの当時は、本当にいろんな番組でよく見かけましたが、今、ウィリードーシーはどーしているのでしょうか…。。。他にも、現在「相棒」で活躍中の水谷豊氏は、2度ゲスト出演し、6話には、あの佐々木功氏がダンプカーを運転し暴走する犯人役で出演されていました。



オープニングテーマは、トランザムの「ああ青春」のインストゥルメンタル。トランザムって車だけじゃなくて、そういう名前の歌手グループがいたということをこの番組で初めて知りましたね(苦笑)。音楽担当は吉田拓郎氏。









拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
結婚のきっかけは「俺たちの勲章」
ガースさん、こんばんは。

>≫音楽担当は吉田拓郎氏ですが、オープニングテーマは、トランザムの「ああ青春」のインストゥルメンタル。トランザムって車だけじゃなくて、そういう名前の歌手グループがいたということをこの番組で初めて知りましたね(苦笑)。

>「俺たちの勲章」のテーマ曲は「ああ青春」と言う歌のインストゥルメンタルでしたね。

「刑事もので吉田拓郎さん」と言うと武田鉄矢さんの「刑事物語」の主題歌を思い出しますが、「刑事物語」以前に吉田さんが刑事ものに楽曲を提供していたことがあったことを感じました。

>≫2話には、当時は悪役で数多くの刑事ドラマに出演されていた石橋蓮司氏や、特撮ヒーローものにも多数出演していた黒人俳優のウイリー・ドーシーが元ボクサー役で出ていた。俺勲のこのエピソードでは、逆に松田優作氏演じる中野刑事を殴りまくる犯人役を演じていた。

>第2話といえば、石橋蓮司さんとウィリー・ドーシーさんに加えて後に中村雅俊さんや柳生博さんと「誇りの報酬」で共演する篠ひろ子さんもゲスト出演されていましたね。

「狙撃者を追え!」は、「ウィリー・ドーシー演じるベトナム帰りの黒人に叩きのめされた中野が執念で黒人を追いつめる」と言う展開がありましたが、自分の追っていた黒人が殺された現場で壁に貼ってあった黒人の写真を何度も殴りつける中野の姿が痛々しかったです。

そういえば、第14話「雨に消えた…」には中村さんの夫人である五十嵐淳子さんが出演されていますが、この番組での共演がきっかけで五十嵐さんと中村さんが結婚されたそうで“「俺たちの勲章」が中村さんと五十嵐さんの縁を結んだ”と言うことを感じました。
9人のコリない日本人 2013/11/12(Tue)18:46:21 編集
Re:結婚のきっかけは「俺たちの勲章」
>そういえば、第14話「雨に消えた…」には中村さんの夫人である五十嵐淳子さんが出演されていますが、この番組での共演がきっかけで五十嵐さんと中村さんが結婚されたそうで“「俺たちの勲章」が中村さんと五十嵐さんの縁を結んだ”と言うことを感じました。
確か劇中では、中村さん演じる五十嵐がかおり(五十嵐淳子)に一目惚れするような展開でしたが、リアルの世界で結ばれてしまったんですよね。中村夫婦を見ると、五十嵐とかおりのその後を見ているような感じになりますね。
【2013/11/23 16:16】
無題
この一連のインチキリマスターはリマスターというより疑似ステレオ的なやり方で
表面的な傷を見えなくしてるだけで全体的に色彩が薄くて
フィルム独自の濃淡が全く無くなっているので苦手です
NONAME 2014/05/03(Sat)22:36:24 編集
Re:無題
>この一連のインチキリマスターはリマスターというより疑似ステレオ的なやり方で
>表面的な傷を見えなくしてるだけで全体的に色彩が薄くて
>フィルム独自の濃淡が全く無くなっているので苦手です
はじめまして
管理人のガースです。
ブラウン管だと発色はよく見えましたね。コントラストもはっきりしていて、以前の色褪せた素材と比べたらかなり良好なものになっていました。しかし、やはり元のフィルムの劣化が隠せないのか、所々荒さが目立つ部分もありましたね。OPの映像はとくに。
【2014/05/09 23:53】
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]