忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677

この前、バーン・ノーティスのシーズン4を見ていたら、バート・レイノルズが引退したスパイ役で出ていた。テレビで見るのは物凄く久しぶりだったが、すっかり白髪になって御歳を召された感じでした。あの濃かった胸毛は健在なのでしょうかね…。昔は、トム・セレックと見分けがつかなかった(苦笑)バート・レイノルズの出世作と言えば、「トランザム7000」シリーズ。ナイトライダーで使用されたトランザムよりも一世代前の、ボンネットにイーグルのマークをつけたトランザムが活躍するはちゃめちゃなカーアクションムービーだった。


スティーブ・マックイーンの『ブリット』から始まったカーアクションは、1970年代後半辺りになると、さらに過激さを増して、スタントマン達が命がけできわどいスタントを披露していた。スタントマン出身の監督ハル・ニーダムだけあって、カースタントは、見応え十分。ギャグ漫画のような追っかけ合い、予想のつかない展開に圧倒された。


トランザム7000の翌年に公開された『グレートスタントマン』もバート・レイノルズとハル・ニーダムコンビによる強烈なカーアクション映画だった。スタントマンの物語なので、トランザム7000よりもさらに過激にきわどいカーアクションが展開していた。この映画でも二代目の赤いトランザムが活躍します。小さな街の中で盛大に繰り広げられる爆破と破壊とカーアクション。猛烈な爆発の中を駆け抜け豪快な走りを見せるトランザム。西部警察でも煙突倒しがあったが、この映画では、トランザムが倒れる煙突の下をスピーディーに擦り抜けていくと言うカーアクション映画史に残る名シーンがある。もちろんCGではなく実写で撮影されているのでブッたまげた。ラストの渓谷越えの大ジャンプシーンは、後のナイトライダーのナイト2000を彷彿とさせるダイナミックな映像だった。若いスタントマン役でエアーウルフのジャン・マイケル・ビンセントが出演していた事も忘れられない。







ハル・ニーダムのもう一つのヒットシリーズが『キャノンボール』。やはり、この映画にもバート・レイノルズが出ていた。テレビシリーズ『チャーリーズ・エンジェル』で当時超人気だったファラ・フォーセットや、『007』シリーズの3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーア、本格的にハリウッドに進出し始めたジャッキー・チェンなど、当時の大スター達が勢揃いして繰り広げる空前絶後のカーレース映画。バート・レイノルズは、ここでもトランザム乗りかと思いきや、なんと救急車に乗っていた。ロジャー・ムーアは、劇中でも本人役で出ており、007のボンドカーと同じくアストンマーチンを運転していた。ジャッキー・チェンとマイケル・ホイは、なぜか日本人役で登場し、三菱のスバル1600でレースに参加していた。魅力的な車がたくさん登場していたが、一番印象に残ったのは、美女コンビが運転する黒いランボルギーニだった。後ろに乗る男が肥満体のため、画面に出る度ずっとウィリー走行し続けている二人乗りのハーレーダビッドソンには爆笑した。




他にも『メガフォース』や『ストローカーエース』など数多くのカーアクション映画を製作したハル・ニーダム監督が先頃お亡くなりになられたそうです。命をかけて勇気と情熱と笑いを注ぎ込んだ作品の数々、大いに楽しませて頂きました。こう言う大味なカーアクション映画は、最近は中々出てこないですが、ハル・ニーダムのような規格外の監督が再び出てきたら、アクション映画がまた盛り上がるでしょうね。ご冥福をお祈り致します。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
拝啓ブログ管理人様、いつもお疲れ様です。
アナタがブログに注ぎ込む信念と情熱には驚嘆と動揺を隠し切れません。
一緒にアングラワールドのアイデンティティーと礎を築く為に貢献しませんか?
http://jbbs.livedoor.jp/business/19561/
参加や閲覧は自由ですので気軽に覗いて見て下さい。
迷惑だったり鬱陶しかったら遠慮なく消して下さって結構です。
スーパーニャンパス 2013/11/04(Mon)10:06:01 編集
Re:無題
>拝啓ブログ管理人様、いつもお疲れ様です。
ありがとうございます。
今度はぜひ作品についてのご考察などもうかがえればと思います。
またお気軽にお立ち寄りください。
【2013/11/10 09:41】
ナポレオン・ソロのピンチを救ったのはボンドカー
ガースさん、こんばんは。投稿途中で送信したので再度書きます。

>≧ロジャー・ムーアは、劇中でも本人役で出ており、007のボンドカーと同じくアストンマーチンを運転していた。ジャッキー・チェンとマイケル・ホイは、なぜか日本人役で登場し、三菱のスバル1600でレースに参加していた。魅力的な車がたくさん登場していたが、一番印象に残ったのは、美女コンビが運転する黒いランボルギーニだった。

>「キャノンボール」というと、ロジャー・ムーア演じるシーモア・ゴールドファーブJrが母親と会話するシーンやアストンマーチンDB5でキャノンボール会場に出向くシーンで007のテーマによく似たメロディが流れていましたね。

それ以外にも「追っ手のパトカーを撒くために煙幕発射装置を発射したら車内に煙幕が充満しちゃった」やチンピラを前に「俺はロジャー・ムーアだ」と名乗るも「誰?」と返されるシーンを見ると、007のセルフパロディを見ているような気分になりました。

アストンマーチンDB5といえば、「帰ってきたナポレオン・ソロ」と言う0011ナポレオン・ソロの復活特番でジョージ・レーゼンビーがJBのナンバープレートを付けたアストンマーチンに乗ってロバート・ヴォーンのカーチェイスに助太刀するシーンがあり、 これも007のセルフパロディに感じました。

個人的に「キャノンボール」は、ジャッキー・チェン[日本語版では石丸博也さん]とマイケル・ホイ[広川太一郎さん]の丁丁発止やディーン・マーティン(羽佐間道夫さん)とサミー・デイビスJr(内海賢二さん)のコンビや「ダンダンダーン!」の出囃子で登場するキャプテンケイオス[富田耕生さん]のキャラクターが面白かったですが、ファラ・フォーセット演じるパメラを前にビクターが「キャプテンケイオスとの出会い」を語る姿には「ビクターにとってキャプテン・ケイオスが憧れの人」であることを印象付けているように感じました。
9人のコリない日本人 2014/12/14(Sun)22:37:09 編集
Re:ナポレオン・ソロのピンチを救ったのはボンドカー
>それ以外にも「追っ手のパトカーを撒くために煙幕発射装置を発射したら車内に煙幕が充満しちゃった」やチンピラを前に「俺はロジャー・ムーアだ」と名乗るも「誰?」と返されるシーンを見ると、007のセルフパロディを見ているような気分になりました。
当時ロジャー・ムーアは、現役のボンド役でもありましたが、007に出演中にこのようなコメディ映画に出て、しかも自身のセルフパロディまでやってのけたのはある意味凄いですよね。今だとダニエル・クエイグがアストンマーチンに乗ってニードフォースピードに出るような感覚ですよね(苦笑)。実際に出てくれたら面白かったんですけどね。

>アストンマーチンDB5といえば、「帰ってきたナポレオン・ソロ」と言う0011ナポレオン・ソロの復活特番でジョージ・レーゼンビーがJBのナンバープレートを付けたアストンマーチンに乗ってロバート・ヴォーンのカーチェイスに助太刀するシーンがあり、 これも007のセルフパロディに感じました。
テレビシリーズ終了から15年後に製作された作品で、日本でも最近吹替えつきのDVDが発売されましたね。レーゼンビーは007には結局一作しか出演しなかったですが、それだけに中々貴重なゲスト出演作品といえますね。
【2014/12/27 08:31】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 13 14 15
17 18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]