忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[287]  [288]  [217]  [289]  [290]  [291]  [292]  [216]  [293]  [294]  [295
taiyo.jpg

7、80年代の日本の刑事ドラマに必ずつきものだったカーアクション。その代表格『西部警察』では、通常回、地方ロケ回含め、激しいカーアクションが展開されていたが、レギュラーで一番に印象に残ったのは、PARTⅠ「友情の捜査線」のクライマックスで展開するカーチェイスシーン。電車の高架下の低いトンネルを何度も抜けながら、迷路の中を彷徨うがごとく町の中を逃げ回る犯人の車と、それを追う大門軍団の覆面車の列。覆面車の車内からの視点で、暴走する逃走車の後ろ姿をスローモーションで映したり、空撮カットを入れたり、入り組んだ都会のジャングルを駆け回る様子を演出した映像が素晴らしく見応えがあった。『大都会PARTⅢ』の「国際密輸ルート」にも同じ場所でロケされたと思われるカーチェイスシーンがあったが、「ONE FLOOR HOUSE」のBGMの高揚感も加わり、こちらも中々迫力があった。初回の「帰ってきた黒岩軍団」では、バズーカを持つ二人組の男が乗り込むトラックが、白昼ののどかな住宅街のド真ん中で次々とバズーカをぶっぱなし、パトカーがクラッシュして行く映像が強烈だった。

『太陽にほえろ!』では、長谷直美氏演じる岩城令子刑事(マミー)がA級ライセンスを持っている(実際に長谷氏は、ライセンスを持っていたそうです)と言う設定から、劇中で豪快なカーアクションを披露することがあった。「マミー激走!」では、逃がし屋のドライバーの車とチューンナップされたマミーの覆面車がドライブテクニックを競いながら、一般道で激しいせめぎ合いを見せる。公道でのカーレーシングシーン満載で、大都会や西部警察とは、一味違った華麗でスピーディーなカーアクションが展開していた。日本の公道を使って、あそこまでやった事に改めて感動すると共に、今ならどのようなカーアクションを展開させる事ができるのか想像が膨らむ。もう一度刑事ドラマにカーアクション復活希望…。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
マミーとチューンナップされた覆面パトカー
ガースさん、こんばんは。

>≫「マミー激走!」では、逃がし屋のドライバーの車とチューンナップされたマミーの覆面車がドライブテクニックを競いながら、一般道で激しいせめぎ合いを見せる。公道でのカーレーシングシーン満載で、大都会や西部警察とは、一味違った華麗でスピーディーなカーアクションが展開していた。

>「マミー激走!」は、凄腕の運転技術を持つ逃がし屋とマミーの対決を描いたストーリーでしたが、終盤の「チューンナップされた覆面パトカーに乗ったマミーがフェアレディZで追いかける」展開は迫力ありましたね。

自分としては、序盤の「強盗犯を載せた車を追いかける白パトが力負けして大破する」と言うシーンが強烈でしたが、「西部警察」への対抗心ではないのか?と思いました。

ファミ劇で放送中の「太陽にほえろ@ボン&テキサス編」では、先日放送された「リスと刑事」の序盤で「納谷悟朗さんの運転するグロリアをテキサスと殿下の乗った覆面パトカーが追いかける」と言うシーンがありましたが、縦横無尽に動いたグロリアが横転するシーンも迫力ありました。

これ以外ではボン登場編で「暴走するラリー車を覆面パトカーで追いかけるボン」や「死ぬな!テキサス」の「ひったくりの奪ったバンを白パトのテキサス・覆面パトカーの殿下とゴリさんが追いかける」と言うシーンも印象に残っています。

「死ぬな!テキサス」は「テキサスの乗った白パトが引ったくりの車を追いかける途中で横転するも逃走車を追う」描写がありましたが、横転してまでも走れるパトカーに圧倒されました。
9人のコリない日本人 2012/06/11(Mon)17:58:28 編集
Re:マミーとチューンナップされた覆面パトカー
>自分としては、序盤の「強盗犯を載せた車を追いかける白パトが力負けして大破する」と言うシーンが強烈でしたが、「西部警察」への対抗心ではないのか?と思いました。
太陽にほえろ!も西部警察ほどではないですが、たまにカーチェイスがありますよね。とくにこの回は、まさに公道レースをしているような感じで、とても激しいカーアクションが展開されていましたね。

>先日放送された「リスと刑事」の序盤で「納谷悟朗さんの運転するグロリアをテキサスと殿下の乗った覆面パトカーが追いかける」と言うシーンがありましたが、縦横無尽に動いたグロリアが横転するシーンも迫力ありました。
うわっ、見逃した(苦笑)。再放送ないかな…。

>「死ぬな!テキサス」は「テキサスの乗った白パトが引ったくりの車を追いかける途中で横転するも逃走車を追う」描写がありましたが、横転してまでも走れるパトカーに圧倒されました。
昔の車は頑丈にできていたんですね(苦笑)。今の車は、横転したらエアバックが開いて視界が遮られるかもしれないから、万が一車が動いたとしても追いかけるのは難しそうですね(笑)。
【2012/06/18 04:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]