忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724]  [723]  [722
先月から始まった「烈車戦隊トッキュウジャー 」は、ゴーカイジャー以来の男3人女2人のメンバーで、21世紀の戦隊の中で一番シンプルなデザイン。一気にファイブマン辺りのデザインに戻った雰囲気があり、懐かしい感じがする戦隊。メンバーの呼び名がカラーではなく、番号なところが新鮮。他の戦士に乗り換えができるフォームチェンジは色が変わるだけなので、見た目のインパクトは薄いが面白い。アナウンスつきの変身シーンや名乗りのポーズもユニークですが、トッキュウジャーの一番の特徴と言えば、マスクのゴーグルの前についているレール。レールつきのゴーグルって今までにないタイプですが、あれは取り外し可能な仕様みたいですね(2話でトッキュウ2号のレールがズレる場面が見られた)。男のメガネキャラ(トカッチ=トッキュウ2号)がいるも新鮮。戦隊で男のメガネキャラと言えば、古くは、ジェットマンのイエローまで遡ることになるのか・・・。戦隊じゃないけど、ビジュアルは、マシンマンの高瀬健を彷彿させます。


列車がモチーフと言うことで、トッキュウジャーの移動基地的な存在になる「烈車」が登場しますが、やはり烈車内のシーンを見ると、仮面ライダー電王のデンライナーを思い出します。そして、五つの烈車が合体して巨大ロボットにトッキュウオーになるわけですが、そのトッキュウオーの合体プロセスがこれまた異様・・・と言うかシンプルで驚いた。昔、トランスフォーマーに6体合体するトレインボットなるものがいましたが、電車のロボットは、構造上どうしても角張った感じのデザインになってしまうようですね。トッキュウオーも胸や肩の出っ張りが少々目立ちます。


どうやら五人のメンバーは、記憶を失っているらしく、それぞれの過去の秘密がストーリーが進むにつれ明らかになっていくようです。5話までの中で一番印象に残った場面は、2話の烈車の屋根の上で トッキュウ1号と敵怪人が戦った場面。つい最近、「ウルヴァリンSAMURAI」を見たところなので目についた。この作品にも新幹線の屋根の上で、主人公のローガンが日本のヤクザと戦うシーンがあり、時速300kmで走る新幹線の風圧に耐えながら、必死にヤクザと戦うローガンの姿が面白かった。トッキュウジャーのほうは、レールの上ではなく、空中を走る烈車の屋根で、トッキュウ1号とサーベルシャドーが激しい戦闘を繰り広げた。戦隊でこういうアクションシーンが見られるのは初であり、非常にレアな感じがします。シャドーラインの烈車クライナーのデザインがカッコいいですね。それに乗るシュバルツ将軍も敵の中では、群を抜いて良いですね。ふとエバポリスを思い出してしまったけど(笑)全然違うな・・・。



戦隊もトッキュウジャーで38作品目。歴代戦隊が勢ぞろいしたゴーカイジャーがもう3つ前の作品になっていることにびっくりしますが、トッキュウジャーのように印象に残るアクションシーンは、歴代戦隊の中にも色々ありましたね・・・。



バトルフィーバーJ
「美女と野獣の結婚式」・・・うるう年(2月29日)生まれの女性と結婚してエゴス新人類を生み出そうとするギンガ怪人。紋付袴姿のギンガ怪人がお寺の結婚式場で女性と結婚式を挙げている最中に、突如バトルフィーバーがあらわれて女性を救出する。埼玉県の「吉見観音」と呼ばれる由緒あるお寺で展開されるアクションが面白かった。お寺の階段で名乗りをあげる五人や、お寺の外側の通路で派手にキックや前転飛びを決めるコサック、大仏の前で戦うミスアメリカなどなど、古風な場所での豪快なアクションが印象に残った。


  



電撃戦隊チェンジマン
「長崎の謎の幽霊船」・・・長崎のオランダ村を舞台にした地方ロケ編第1弾。アハメス初登場回でもあります。幽霊船が現れるという噂を聞いた疾風は、それを調査するため、単身長崎へ向かう。しかし、そこで疾風は、オランダ衣装を身につけた謎の美女と強化されたヒドラー兵に突如襲われ、姿を消す。消息を絶った疾風を探すため、他の4人のメンバーも長崎に向かう。1983年に開園したオランダ村の施設を利用したアクションがなんだか楽しそうだった。風車の前で名乗り上げ、華麗に飛び降りるチェンジマン(チェンジグリフォンを除く)や、マーメイドとフェニックスに倒されて「パイプスライダー」を滑り落ちるヒドラー兵など、情緒溢れる街並みをバックに激しい戦闘が繰り広げられた。オランダ村は、その後、ハウステンボスと言う名前で営業が続けられましたが、2001年に閉園。しかし、なんと2015年に再オープンされるそうですよ。


  



光戦隊マスクマン
「タケルが消される時間」・・・山の洞窟の調査に向かったマスクマンは、そこでタイムドグラーと遭遇。タイムドグラーが開いた「時穴」に吸い込まれてしまったマスクマン達は、13年前の時代にタイムスリップし、そこで11歳のタケルと出会う。イガムとフーミンに命を狙われる子供時代のタケルを救うべく、マスクマンが悪戦苦闘するエピソードで、クライマックスは、船上バトルが展開されます。船上バトルと言えば、ゴーグルファイブの劇場版や、前述のチェンジマンの長崎ロケでも見られたが、マスクマンでは、イガムとフーミンの二人の幹部がかなり激しい戦闘を繰り広げ、マスクマンを追いつめていたのが印象的だった。アクションとは無関係だが、子供時代のタケルがジージャンとジーパンを着てジローの姿になり、キカイダーの変身ごっこをしていた場面が面白かった。


  




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]