忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[255]  [138]  [256]  [257]  [258]  [259]  [117]  [112]  [262]  [263]  [264
gala2.jpg

CS/スカパー・スーパードラマTVで放送中の『バトルスター・ギャラクティカ』(2003)は、シーズン1(字幕)の放送が終了し、6月から早くもシーズン2がスタート。同時にミニシリーズとシーズン1の吹替え版も放送されるそうです。シーズン1は、途中まで見ていたのですが、字幕が小さ過ぎたので、途中断念。吹替え版のほうをもう一度見直したい。オリジナルの『宇宙空母ギャラクティカ』(1978)のほうは、現在も放送中ですが、リメイク版とオリジナルの最大の違いと言えば、人型サイロンの登場と、そのサイロン達がスパイとして人類側に潜り込み、様々なドラマを生み出している部分。

オリジナルの方は、『ナイトライダー』のプロデューサー、グレン・A・ラーソンや、『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』を製作したドナルド・P・ベリサリオが製作や脚本に関わり、テーマ曲も『ナイトライダー』のオープニングテーマを生み出したスチュー・フィリップスが作曲。宇宙で繰り広げられる壮大で激しい戦闘シーンは、当時『スター・ウォーズ』シリーズにも携わったジョン・ダイクストラのSFX技術が駆使され、ヴァイパー機の発射シーンもCGとはまた違った味わいがあって、魅力的。スターバック役は、『特攻野郎Aチーム』でフェイス役を演じていたダーク・ベネディクト。この人は、葉巻を吸っている姿がやはり、物凄く似合いますね。リメイク版の吹替え放送がするなら、オリジナルのほうもぜひともスターバック=富山敬さん、アポロ=佐々木功さんコンビによる吹替え版を放送して欲しい。 そうそう、ヴァイパー機と言えば、パイロットが握っている操縦レバー。どこかで見たようなあの形状…!?ああ、『ナイトライダー』「殺人ヘリ攻撃ミサイルの恐怖!決死の空中戦・超パワー全開」のエピソードに登場した攻撃ヘリ「SX‐411」の操縦レバーと瓜二つ…。キットのスキャナー音だけでなく、こんなところにもギャラクティカからの授かり物があったとは…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 11
12 13 15 16 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/20 枝毛]
[11/19  9人のコリない日本人]
[11/08  9人のコリない日本人]
[11/01  9人のコリない日本人]
[10/27  9人のコリない日本人]
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]