忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[966]  [965]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955
ドラゴンクエストのファミコンソフトが発売されてから今年でちょうど30周年だそうですが、1986年と言えば、人生の中で一番ファミコンゲームをやりまくった一年だったような記憶があります。ちなみに、個人的に1986年に発売されたゲームソフトの中で思い出に残っているゲームベスト10を挙げるならこのような感じ。




① 迷宮組曲
② 忍者ハットリくん 忍者は修行でござるの巻
③ スターソルジャー
④ 高橋名人の冒険島
⑤ スーパーゼビウス ガンプの謎
⑥ がんばれゴエモン!からくり道中
⑦ グーニーズ
⑧ ドラえもん
⑨ スーパーチャイニーズ
⑩ 魔界村




当時、シューティングゲーム大好きっ子だったので、「グラディウス」や「ツインビー」「アーガス」なども入れたかったのですがあえて割愛。上に挙げた10本のゲームは、一応、自分で買ったものばかりですが、友達の家でやってハマったゲームもいくつかありました。「東海道五十三次」「バベルの塔」「アトランチスの謎」「ソロモンの鍵」辺りは、友達と遊ぶゲームの定番でしたね。後、友達から借りて全くクリアできなかったゲームもありました。「トランスフォーマー コンボイの謎」「キングスナイト」「たけしの挑戦状」。トランスフォーマーは、最初の敵のミサイルを避けられず撃沈することが多かった。キングスナイトは、最初のボス戦に勝てず、たけしの挑戦状は、世界観が理解できず葬式の画面ばかり見ていたような記憶があります(苦笑)。


10本のうち7本のゲームはクリアしましたが、「スーパーチャイニーズ」「魔界村」「高橋名人の冒険島」は、クリアできなかった。スーパーチャイニーズは、ユニゴンと言う名の巨大なモンスターに必ず殺られた。魔界村は、レッドアリーマーにも梃子摺ったが、ステージ2に出てくる大男の攻撃力と耐久力が凄まじくて、以後前進できず。高橋名人の冒険島は、8-1の山のステージが手強くてそれ以降は進めなかった。あまりに敵と障害物の数が多く、毎回、ナスビの卵を取ってしまいパワーを減らされてゲームオーバーになっていました。


10本のうち5本は、ハドソンのゲーム。当時は、藤子アニメ全盛時代で、ハットリくんやドラえもんのゲームも大ヒットしていましたね。記憶に残るゲームは、必ずBGMも良いですが、とくに当時のハドソンやコナミ、カプコンのゲームのBGMは、良い曲が多かったです。と言うことで、1986年に発売されたゲームソフトの音楽ベスト10も挙げてみますと、



① 迷宮組曲
② スターソルジャー
③ グラディウス
④ グーニーズ
⑤ ツインビー
⑥ キングコング2 怒りのメガトンパンチ
⑦ 忍者ハットリくん 忍者は修行でござるの巻
⑧ 東海道五十三次
⑨ 魔界村
⑩ ソンソン


ザッとこんな感じ。迷宮組曲は、ゲーム内容も当時としては画期的で、音楽も名曲揃いでしたね。グラディウスは、ステージ1の曲も良かったし、触手つきの細胞球が出てくるステージの音楽も好きでした。シンディー・ローパーの「The Goonies 'R' Good Enough」をアレンジしたグーニーズのBGMも良いメロディでしたね。キングコング2 怒りのメガトンパンチのメインBGMは、映画音楽のアレンジではなく、オリジナルのBGMでしたが、勇壮感がみなぎっていてゲームの世界観ととてもマッチしていました。




●ツインビー(コナミ)



パワーアップした時の曲がお気に入りでしたね。





●ソンソン(カプコン)



軽快なBGMに乗せられて、サクサク進みましたね。





●迷宮組曲(ハドソン)



この城内のBGMも良いし、井戸のステージのBGMも良かったですね。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 18 19 20 22
23 24 26 27 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]